FC2ブログ
TOP > ソフト > title - Windowsで使っている手放せない便利ソフト(2019年版)

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Windowsで使っている手放せない便利ソフト(2019年版)

2019060500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
最近は、もっぱらiOS系の記事しか書いていなかったなと思いましたので、毎日使っているはずなのに、置いてけぼりのWindowsについて書いていこうと思います。
この5年ぐらいで、Windowsの環境は、かなり落ち着いていて、自分の中の定番で固めています。とはいえ、常に便利で使えるものを貪欲に求めたいという気持ちも存在しているので、少しずつ入れ替わってもいるのですけどね。
というわけで、今回は、自分のWindows PCを使うにあたって、「これは、手放せないな」というフリーソフトを挙げていきます。全て挙げていくと、相当数に上るので、「これは!」と思うもののみに厳選しました。





checkmark.png Windowsで使っている手放せない便利ソフト(2019年版)

❏ 紙copi
WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」
WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」




私が使っているのは、紙copiの有料版ですが、無料版でも十分にその便利さは味わってもらえるはずです。およそ20年ぐらい使っています(数えてみて自分でも衝撃を受けた)。紙copiは、文字を打ち込んだ瞬間から保存してくれるというテキストエディタです。私は、保存場所にDropboxを指定しているので、打ち込んだそばからクラウドにバックアップがとられているという安心感があります。フリーズしてせっかく打った文章が消えた!みたいなことも全くなくなりました。

Webページを見たまま保存できたりとか、かなり多くの機能がありますが、今は文字打ちでしか使っていません。とはいえ、情報管理LOGをPCで書くときは、このソフトで書いているので、なくてはならないソフトなんですよ。

使ったことがないという人は、一度ダウンロードして使ってみたら、このソフトのすごさがわかるに違いないです。






❏ Screenpresso
Screenpresso:Windows用の究極のスクリーンキャプチャツール
Screenpresso:Windows用の究極のスクリーンキャプチャツール




情報管理LOGで画像に注釈をする際に欠かせないのが、このScreenpressoです。とにかく美麗な注釈画像を作りたいと思ったら、このソフトを使いましょう。
こちらも、保存先にDropboxを指定しているので、作成した画像は、iPhoneからでもPCからでもどこでも使えるので、モブログする際も便利です。

あと、動画のキャプチャもスクショも全てできてしまうので、基本注釈関係は、これ1本で良いというのも使いやすさが上る点ですね。

こんな画像や



こんな画像が、超簡単にできてしまう。



画像に注釈を加えるならばScreenpressoは、Skichを超えているぞ!



❏ Clibor
千草ウェブ | クリップボード履歴ソフト「Clibor」の公式サイト。技術系の情報発信など。
千草ウェブ | クリップボード履歴ソフト「Clibor」の公式サイト。技術系の情報発信など。




もう、「これのない生活に戻れるか?」と聞かれれば、「戻ることができない」と断言できるソフトが、このCliborです。これは、クリップボード管理アプリというカテゴリに入るアプリだと思います。私は、Ctrlキーの2回押しで起動するように設定しています。

今まで、

コピー→貼り付け→コピー→貼り付け→コピー→以下省略

とやっていた作業が、

コピー→コピー→コピー→貼り付け→貼り付け→貼り付け

というように、動作を一つにまめることができるのです。しかも、コピー履歴もショートカットキーから貼り付けられるので、恐ろしくテキスト周りの作業が早くなりました。

さらに、定型文を貼り付けたり、マクロのように一定の条件で文字列を置換できたりと、使いこなすほどに最高になっていくという。
使っていない人は、今すぐダウンロードしよう!

【関連記事】
Cliborを使ってみたら、異次元の使い心地だった - 情報管理LOG
Clibor設定のキモ - 情報管理LOG




❏ Foltid
Foltid - k本的に無料ソフト・フリーソフト
Foltid - k本的に無料ソフト・フリーソフト




フォルダを監視しておいて、変更があった場合のみ、そのフォルダの中のファイルを移動やコピーをするだけのソフトです。かなりニッチな需要のソフトですよね…。
私は、ScanSnapでスキャンしたものをリネームや加工したのちに、「Archive」というフォルダに移動させるようにしています。その「Archive」フォルダは、Evernoteのインポートフォルダに指定されているので、そこに放り込んだ瞬間にEvernoteに取り込まれるような仕組みになっているのです。

ところが、時々データ量が溜まりすぎたりすると、そのEvernoteへのインポートが重複登録されたりしてしまうので、Evernoteにインポート済みのファイルは、別のフォルダに移動してやる必要があります。そこで出番なのが、このFoltidなのです。
ふぅ。説明に至るまでが長い。

一見、CPUやメモリに負担をかけそうなソフトに思えるかもしれませんが、極めて軽く、ほとんど負荷がないというのも気に入っている理由の一つです。



❏ MDIE
MDIE(タブ型ファイラー)
MDIE(タブ型ファイラー)




そろそろ使うのやめようかな?と思いつつも、これの代替ソフトが思いつかないため継続使用中のタブ型ファイラーです。ファイルのコピーするときも、タブを2つ並べておいて、サクサクできてしまいます。また、マウスジェスチャも使えるというのも便利ポイントなんですよね。






❏ Evernote
最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理
最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理




あまりにも毎日当たり前のように使いすぎて、逆に紹介するリストから漏れるところでした。私にとっては、あらゆるデータの貯蔵庫的役割を果たしています。とにかく、ここに放り込んでおけば、あとで検索で見つけられるという安心感が得られます。

Evernoteに代わるアプリが見出せない




❏ VIX
ViX 【ダウンロードサイト】
ViX 【ダウンロードサイト】




以前、脆弱性が指摘された画像閲覧フリーソフトです。
しかし、それをもってしても余りある便利さが、そこにはあります。とにかくサムネイルが表示されるのが、(最初は少しかかりますが)爆速なんですよ。特に二度目からアクセスすると、一瞬で画像が表示されるのです。この速度感に慣れると、WIndowsのエクスプローラーのサムネイルが優秀になってきているとはいえ、かなり遅くもたついて見えます。
また、アルバム印刷や一括リネームなど、優れた機能があり、他のソフトで代替することが難しいのですよね。欲を言えば、ソフトの更新が、相当前で止まってしまっているので、そろそろ誰か引き継いででも良いから、アップデートしてほしいというぐらいでしょうか。

【関連記事】
老舗の画像ビューワー「ViX」に脆弱性、“JVN”が利用の中止を呼び掛ける - 窓の杜




❏ VLC
Official download of VLC media player, the best Open Source player - VideoLAN
Official download of VLC media player, the best Open Source player - VideoLAN




DVDだろうが、MP4だろうが、大抵の動画形式に対応しているマルチメディアプレイヤーです。しかも、超軽い。観たいときに即観られるということ以外に、何が重要か?と考えると、あまり思い浮かばないのですよね。




❏ CubePDF Utility
無料 PDF 編集フリーソフト CubePDF Utility - CubeSoft
無料 PDF 編集フリーソフト CubePDF Utility - CubeSoft




PDFを分割、抽出、削除、回転など、サムネイルでサクサクできる素晴らしいソフトがこれです。しかも、軽いのでサクッと起動、PDFを加工→上書き保存という流れが、超高速でできてしまうのですよ。

これも、ScanSnapと組み合わせて使用することが、非常に多いソフトです。



【関連記事】
PDFでページの分割・削除・抽出をするならば、CubePDF Utilityが良いかも - 情報管理LOG




❏ ApowerMirror
ApowerMirror-スマホをリアルタイムにミラーリング/制御する
ApowerMirror-スマホをリアルタイムにミラーリング/制御する




MacだとiPhoneの画面のミラーリングできますよね?
ところが、Windowsだとできないのですよ。でも、iPhoneの画面をそのままWindowsで見たり、キャプチャーしたい時というのがあります。特にブログを書く人にとっては、切実な願いではないでしょうか?今までもiPhoneの画面をミラーリングすることができるソフトを色々試してきましたが、自分の中ではコレが一番スムーズでした。

Image from Gyazo




❏ BunBackup
BunBackup - フリーのバックアップソフト
BunBackup - フリーのバックアップソフト




特定のフォルダを定期的にバックアップするためのソフトです。 私のPCのデータは、これによって守られているといっても過言ではありません。起動しているということは、一切意識することもなく、毎日定期的に動き続けています。
ネットワーク上のデータもバックアップ可能というのも良いですよね。




❏ Picasa
ピカサ - Picasa 2019年 - 最新バージョンを無料ダウンロード ⭐⭐⭐⭐⭐
ピカサ - Picasa 2019年 - 最新バージョンを無料ダウンロード ⭐⭐⭐⭐⭐




「今頃なんで、Picasa??」
と思われた人もいるかもしれません。

そう思われても仕方がないと思っています。しかし、それでも便利なんですよ。
何が便利って、フォトビューアですよ。っていうか、フォトビューア以外使っていません。

エクスプローラで画像をダブルクリックしたときに、フワッと浮き上がるように表示してくれるのですが、Windows標準のフォトビューアなんて使っていられないです。
とはいえ、公式から削除されて、新たにダウンロードできないのがなんとも…。




❏ Fenrir と Everything
B@r09u3 Style Op.2
B@r09u3 Style Op.2



voidtools
voidtools




この2つのフリーソフトは、コマンドランチャーですね。
コマンドランチャーというのは、キーボードだけでファイルやソフトを起動させることができるソフトのことです。
最近は、Windows10になって、検索機能が大幅に改善されたので、かなり出番が少なくなってきていますが、それでも特定のフォルダの特定のファイルをサクッと呼び出したり、キーボードのショートカットっぽく、ソフトを起動させられたりとか、その速度感に慣れると、なかなか戻れません。

こちらが、fenrir




そして、こちらがEvrything

2019060501.png




❏ Dropbox
Dropbox
Dropbox




ファイル同期サービスである超有名どころですよね。安定性、速度感などどれをとっても、他のサービスとは一線を画すほど、安定感のあるサービスです。しかし、一点だけ同期デバイスの3台制限さえなければ…。
情報管理LOGで何度も取り上げているので、すでにご存知の方も多いかと思いますが、今年(2019年)の3月になんの予告もなく、Dropboxの同期デバイスの台数を3台までとなってしまったのです。

Dropboxが、3台までに制限されます!移行先候補を考えてみた

今のところ、情報管理LOGでは、3台制限を超える方法を実践しており、なんの問題もなく使えているので、ホッとしているところではあります。

Dropboxの3台制限を突破する方法

私の現在組んでいるシステムは、割とDropboxに依存する形でやっているので、ここが崩れると非常に厳しいのですよね。




❏ Google Backup&Sync
バックアップと同期のダウンロード - 無料のクラウド ストレージ
バックアップと同期のダウンロード - 無料のクラウド ストレージ




そういうわけで、Dropboxへの依存度を低くしよう計画が、進行中です。
この「Google Backup&Sync」は、Dropboxのように各デバイスへの同期を図ると同時に、Google One(Googleドライブ)へのバックアップもするというソフトです。初期の頃は、同期ミスなどが見られましたが、最近はかなり完璧に同期してくれています。実際、今ではGoogleドライブの容量を有料で買い増ししており、年度フォトのデータなどは、全てのデバイスで同期されるようにしています。
やはり、容量単価が、Dropboxと比較してとんでもなく安いのですよ。

【関連記事】
Googleドライブの容量がなくなったので追加した話 - 情報管理LOG
Googleの新しいバックアップツール「Backup and Sync」を使ってみた - 情報管理LOG




❏ Orchis
「Orchis」さまざまな方法でメニューを呼び出せるランチャー - 窓の杜
「Orchis」さまざまな方法でメニューを呼び出せるランチャー - 窓の杜




これもランチャーです。こちらは、主にマウスからの操作で使用しています。マウスのスクロールボタンをクリックすると立ち上がるようにしているのです。(他にも様々な方法で立ち上げることができるのも特徴)
Windowsの休止状態とかUSBの安全な取り外しなどの特殊な命令もあらかじめプリセットされていますし、フォルダやソフトなども登録できます。コレに慣れると、なかなか手放せない感じになります。
マウスが、フォーカスから外されると自動的に消えてくれるのも邪魔にならないで良いのですよね。

2019060502.png




❏ Remote Mouse
これは、iPhoneなどスマホと併せて使うソフトです。iPhoneからPCのマウス操作とかができてしまうというソフトなのです。私は、コレを使って、Googleドキュメントに音声入力をするために使用しています。
詳しくは、ここに書いてありますので、もし良かったらどうぞ。

iPhoneの音声入力とGoogleドライブを連携する最速ハイブリット文章作成術
RemoteMouseによる音声入力で家中どこからでもPCに入力できるのです





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 結局手に馴染むかどうか

かなり枯れたソフトから、割と新しめのソフトまで色々紹介しましたが、結局、どんなソフトであれ、それが手に馴染むかどうかが重要なんですよね。どんなに高機能で便利そうでも、どうにも合わず常用するには至らなかったというソフトもたくさんありました。そう考えると、ここに紹介したソフトのように常用するに至るというのは、すごいことなのかもしれないですね。


誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論
D. A. ノーマン
新曜社
売り上げランキング: 5,117


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1424-e1488239
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG