FC2ブログ
TOP > 手帳 > title - iPad mini5を手帳にしてから起こった自分の中の変化について

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iPad mini5を手帳にしてから起こった自分の中の変化について

2019081400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、iPad mini5(2019)とApple PencilとGoodNote5を紙の手帳から置き換え、3ヶ月経過して、実際にどうだったのかについて書いていきました。今回は、iPad mini5をメインの手帳にして起こった自分の中の変化について書いていきたいと思います。

  
【 iPad mini5を手帳にしてから起こった自分の中の変化について 】  

 1.書く量が増えた

 2.手帳に集約されるようになってきた

 3.手帳をアーカイブするのに躊躇している

 4.ちょっとだけ字が綺麗になった







checkmark.png 1.書く量が増えた

とにかく手帳に書く量が増えました。
今、確認したら180ページありました。そうすると、およそ1日あたり3ページずつ書いていることになります。もちろん、日によって多い少ないはあるものの、枚数制限が全くないという心理的制限が外れたというのは大きいですね。もちろん、紙の手帳を使っていた時も、どんどんリフィルを継ぎ足して使っていたので、実質無制限のようなものだったのですが、それでも物理的制約が外れることによる心理的負担感がゼロになったというのは、大きいですね。 この先、何100ページ書いても良いのだというのは、こんなにも気持ちを軽くするのかと驚いています。

現在、180ページぐらい。

2019081401.png



checkmark.png 2.手帳に集約されるようになってきた

以前は、図や写真は、その場で手帳に残し ておくことができなかったため、Evernoteに入れていました。しかし、そういう制約もなくなり、その場でどんどん貼り付けることが可能になったため、情報が手帳に集約されるようになってきました。
しかも、前述のように手書き文字さえも検索できるので、一種のEvernoteっぽい使い心地なんですよね。そうなると、「これも貼り付けておくか」みたいになってきて、さらに集約化が進んでいます。

ちょっとした表やグラフを貼り付けたり、写真を貼り付けたり

2019081404.png



その場でもらった名刺や様子の写真を貼り付けたりするようにしています。

2019081405.png



今までは、テキスト+簡単な図やイラストだけだったのが、何でもスクラップしていくような感じになってきています。
そうすると、Evernoteの活躍の場面が、どんどん低下してきているのですよね。

そして、気持ち的には、この本に近づいて来ているような気がします。

情報は1冊のノートにまとめなさい[完全版]
ダイヤモンド社 (2013-12-09)
紙の本の価格: ¥ 1,512
割引: ¥ 423 (28%)
Kindle 価格: ¥ 1,089



そして、自分の中では、いよいよ完全デジタルでの「ゼロ秒思考」が、現実味を帯びてきました。

ゼロ秒思考
ゼロ秒思考
posted with amazlet at 19.08.13
ダイヤモンド社 (2014-01-14)
紙の本の価格: ¥ 1,512
割引: ¥ 312 (21%)
Kindle 価格: ¥ 1,200





checkmark.png 3.手帳をアーカイブするのに躊躇している

今までは、ScanSnapで手帳をPDF化し、Documentsでいつでも数年分を閲覧できる状態にしていました。

ScanSnap+Dropbox+Documentsで手帳が未来志向のツールになった

GoodNote5でもPDF化できますが、果たしてそれが正しい方向性なのか悩んでいます。PDF化してしまえば汎用性は高まりますが、手書き文字検索ができなくなってしまいます。この手書き文字検索というのは、圧倒的便利さで、自分が「いつ」「何を」書いたか、いちいち覚えていなくても、キーワードだけでちゃんと検索できるのです。
これだけでも、紙の手帳から移行する価値ありですよ!

2019081402.png



ちなみに、「スタッフ」で検索すると「スタック」も併せて表示してくれるのですよね。手書き文字の曖昧さをきちんと補ってくれている!
※「スタッフ」と書いたつもりなのに、ほとんど「スタック」で認識されてる…orz

2019081403.png



GoodNote5は、独自の形式で保存しており、手書き文字のテキスト化情報は、PDF化によって失われてしまうのです。むしろ、このまま年度単位でGoodNote5上で手帳を作っていって、GoodNote5上で管理した方が良いのでは?と思い始めています。
少なくとも毎月の月初めにやっていた手帳のアーカイブ化を5月以降辞めています。GoodNote5に集約化し、アーカイブも全てGoodNote5にしたとき、どうなるのか?ということが、全く予想がつかないので、迷いが深いのですよね。Evernoteみたいにノート数が増えると、どんどんモッサリしてくるという状況になれば、他の手段を考えなくてはならなくなるしね。

むしろ、GoodNote5で手書き文字のテキスト化情報を盛り込んだPDFでの吐き出しに対応してくれたら最高なんですけどね。



checkmark.png 4.ちょっとだけ字が綺麗になった

いや、これは本当に「ちょっとだけ」ですよ?
でも、自分でも驚くぐらいに、意識して書くようになってきたのは事実です。前は、自分さえ判読できればいいやぐらいな勢いで書いていた上に、自分でも判読できないみたいなことがありました。しかし、今は「検索可能な状態にしたい」という思いが強く、GoodNote5が判別できる程度には、書いていこうとしています。
そうすることで、「読めないこともない」レベルには、汚文字が改善されてきています。
今までは、「自分さえ読めればいいや」という考えで、人様に読んでもらうモノは、全てタイピングでと考えていました。だからこそ、汚文字のままだったわけですが、ここに来てまさか自分自身のために文字が改善されるとは…と正直驚いています。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 デバイスがもたらす心理的な変化

手帳にとにかく書くという行為は、かれこれ20年以上続けている習慣なので、物理的な紙の手帳から、iPad miniとApple Pencilによる仮想的な手帳に移行したところで、それほど大きな変化はないだろうと思っていました。しかし、想像以上に自分自身に変化をもたらしつつあります。まだ、移行してから3ヶ月という短い期間ですが、これほど急速に変化するというのは、自分自身もかなり驚いています。

「手書き文字検索便利過ぎ!」→
「もっと手書き文字が検索されるようにしよう」→
汚文字が改善される


みたいな嘘のような展開が訪れようとは夢にも思いませんでした。
これも、もう少し経過を観察して、皆様にお伝えしようと思います。

ゼロ秒思考[行動編]
ダイヤモンド社 (2016-01-18)
紙の本の価格: ¥ 1,512
割引: ¥ 287 (19%)
Kindle 価格: ¥ 1,225

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1465-dfcaf20e
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG