FC2ブログ
TOP > 手帳 > title - デジタルの手帳でもQRコードで振り返りがラクになるよ!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

デジタルの手帳でもQRコードで振り返りがラクになるよ!

2019082200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、読んだ記事でとても感銘を受け、

「これ、デジタルの手帳でも恩恵あるのでは?」

と思い、早速やってみたら、デジタルとアナログが程よくミックスした、振り返りが非常に楽しいデジテル手帳になりました。やりようによっては、かなり応用範囲が広そうなので、皆さんにシェアしたいと思います。


  
【 デジタルの手帳でもQRコードで振り返りがラクになるよ! 】  

 1.紙の手帳にQRコードを貼る?

 2.デジタルでも恩恵がありそう

 3.GoodNote5にQRコードを貼り付ける

 4.何にリンクさせるか?







checkmark.png 1.紙の手帳にQRコードを貼る?

まずは、今回の記事を書くに至ったきっかけの記事をご紹介いたします。

【inspic活用術】GoogleフォトのアルバムとQRコードでデジタルとアナログ写真を連携させるテクニック

イロトリドリさんの記事は、面白い記事がアップされているので、よく読んんでいます。その中で出てきた今回の記事です。

手のひらサイズプリンター『inspic』を使って、GoogleフォトのアルバムのURLをQRコード化して、手帳に貼ってしまおうという、なかなか意欲的な記事です。
こんな感じですね。



人のためにQRコードを作成することは、けっこうありましたが、自分のためにQRコードを使うというのも目から鱗が落ちまくり。確かにこれは、大いにありだよ!




checkmark.png 2.デジタルでも恩恵がありそう

とはいえ、もう私は紙の手帳から足を洗ってしまった人だし…と思いましたが、

これって、デジタルでも全然OKでは?
むしろ、デジタルの方が相性が良いのでは?


という結論に達しました。

実は、GoodNote5の不満点の一つとして、URLがリンクとして扱われないという問題点に遭遇していました(これは、いずれGoodNote5の不満点として別記事として書きたいと思います)。というか、この系のアプリ全般の不満点かも。Noteshelfもダメです。

今のところNotabilityでウェブを貼り付けることができるぐらいかな?

2019082201.png
2019082202.png



そう考えると、せっかくデジタルでメモをしているのに、そのデジタルの良さであるリンクとかが使えないという何とももどかしい状況に陥っていたのです。
※GoodNote5の中の人!できたら改善してください!!

そういうわけで、GoodNote5で手帳をする時に、うまい具合にデジタルの恩恵を受ける方法として、QRコードを使うというのは、ありではないかと思ったのです。



checkmark.png 3.GoodNote5にQRコードを貼り付ける

そういうわけで、GoodNote5とQRコードを組み合わせて生かしてみましょう。

まずは、イロトリドリさんの記事に書いてあったGoogleフォトのアルバムのQRコードを組み合わせてみます。

例えば、講演会やプレゼンなどで、記録を取ることが多いのですが、そこで撮影した写真を無制限にGoodNote5に貼り付けるわけにはいきません。そこで、QRコードの登場です。講演会の写真のアルバムをGoogleフォトで作成します。

2019082203.png



そして、そのアルバムを共有します。自分さえ見られれば良いので、共有範囲は狭めで良いかと。

2019082204.png
2019082205.png



そして、そのURLをICONITというアプリでQRコード作成します。このアプリ自体は、QRコードを読むためのアプリですが、QRコード作成もできるのです。

アイコニットはQRコード・バーコードリーダーの読み取りアプリ

アイコニットはQRコード・バーコードリーダーの読み取りアプリ

MEDIASEEK Inc.無料posted withアプリーチ



QRコード作成をタップして

2019082206.png


「テキスト入力」をさらにタップ

2019082207.png



先ほどのGoogleフォトの共有URLを貼り付けます。そして、「QR表示」という部分をタップ。

2019082208.png



すると、即QRコードが発行されますので、「シェア」から、それをコピーします。

2019082512.png



それを、GoodNote5で貼り付ければ、OK!

2019082211.png



そうすると、iPhoneでQRコードを読み取ると、その時の様子をサッと写真で振り返ることができるのです。

2019082212.png



checkmark.png 4.何にリンクさせるか?

さて、イロトリドリさんのところで紹介されていたのは、Googleフォトのアルバムでしたが、この考え方を応用すれば、かなり活用の幅が広がりそうです。

私は現在、主要なファイルをGoogleドライブに保存しているので、仕事上でまとめたデータのリンクを貼り付けたり、

2019082213.png



議事録をまとめた際には、その関連資料へのリンクを貼り付けたり、地図を貼り付けたり

Evernoteでライフログをまとめているのですが、その時の様子のライフログのノートリンクをQRコード化して貼り付けることもできます。もちろん、アーカイブしている資料のデータを貼り付けることもできます。

2019082214.png



惜しむらくは、QRコードは、そのデバイス自体で開くことができないという致命的な欠点があることを除けば、めちゃくちゃ便利極まりなくなりました。
少なくとも今まで、様々なデジタルデータと手帳というのは、関連付けたくてもできず、別々に管理するというのが、当たり前な状況に風穴を穿ったと言えるのではないでしょうか?

2019082215.png



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 手帳がクラウドと連携した!

今回は、QRコードによって、クラウドのデータと連携させることに成功しました。これで、iPad miniで手帳を書きつつ、iPhoneをかざして、その関連データを参照するみたいなことができるようになったのです。素晴らしい!
まあ、上でも書きましたが、とはいえリンクを直接貼り付けられるようなれば、こんな回りくどいことをせずとも良いのですけどね。まあ、一歩前進ということで。


愛と呪い 1巻: バンチコミックス
新潮社 (2018-06-09)
売り上げランキング: 3,552

ふらいんぐうぃっち(8) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社 (2019-08-09)
紙の本の価格: ¥ 486
割引: ¥ 32 (6%)
Kindle 価格: ¥ 454


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1471-b5c88a59
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG