FC2ブログ
TOP > その他 > title - キャッシュレス生活2019 by 情報管理LOG

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

キャッシュレス生活2019 by 情報管理LOG

2019083000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨年の5月に「キャッシュレス生活2018 by 情報管理LOG」という記事を書きました。
それから1年ぐらい経過したのですが、周囲の状況も変わり、さらに一層キャッシュレス化に拍車がかかったように思います。この1年間でどのように変わったのか?何をどのように使ってっているのか?についてレポートします。

キャッシュレス生活2018 by 情報管理LOG


  
【 キャッシュレス生活2019 by 情報管理LOG 】  

 1.この1年間でどう変わったか?

 2.Apple Pay

 3.モバイルSuica

 4.楽天Pay

 5.LINE Pay

 6.クレジットカード

 7.その他







checkmark.png 1.この1年間でどう変わったか?

まず、1年ぶりのこの企画ですが、この1年間でかなりキャッシュレス生活は拍車がかかりました。自分自身の生活を振り返ってみると、財布の中から現金を出すという場面が極端に減り、財布の中の現金が減ることが少なくなってきました(お金を使っていないというワケでは決してない)。そのため、ATMでお金下ろすということも少なくなり、銀行の手数料を無駄に取られるということがなくなりました。

また、周囲のキャッシュレス環境もかなり進みました。私の生活環境圏内にある店舗もこの1年間でかなりキャッシュレス化が進みました。今まで、たぶん手数料の関係でキャッシュレス化に踏み込みきれてなかった店舗も、エアレジの導入やQRコードなどの決済手段の多様化によってキャッシュレス化のほうに舵を切ったのが大きかったように思います。
最近では、お祭り会場であっても、PayPayや中国系キャッシュレスサービスなどが普及し、現金を使わなくても良いみたいな状況も生まれつつあります。

露店でキャッシュレス決済をやってみたら

「現金を使わないチャレンジ」みたいなことをやっても、数年前だったら難しい状況でしたが、今だと割と普通にできてしまいます。 スマホー1つだけを持って外に出ても困るような状況が少なくなってきたのです。
さらに、後で触れますが、お祭り会場もそうでしたが、「こんな所でもキャッシュレス化が進んだのか!」と、驚くような場所でもキャッシュレス化が進んだのが印象的でした。

また、この1年間で印象的だったのは、「〇〇Pay」のようなQRコードによる決済が、かなり進んだことです。個人的には、QRコードによる決済はあまり賛成しがたいです。せっかく日本の独自のNFCが普及しているのに、QRコードによる決済を進めるのはやや時代に逆行しているように思われるからです。さらに、「〇〇Pay」が多くなりすぎて、店舗側にも混乱が生じているように思われます。ぶっちゃけ、使う側もやや混乱気味です。とはいえ、導入店舗に負担を少なくするという観点では有効な手段であると思われるので、キャッシュレス化への過渡期なのだなと認識です。まぁ、「○億円」や「○%」還元などをうまく使って、安く仕上げる分には良いのではないでしょうか。というか、そういう時しか〇〇Payは使っていません。



checkmark.png 2.Apple Pay


Apple Payという括りで良いのかやや迷ってしまいますが、圧倒的使用頻度を誇るのがこれです。私がメインで使っているクレジットカードは、MasterCardなので、QuickPayが実のところApple Payのメインになっています。

このQuick Payに慣れてしまうと、もはやクレジットカードで決済するのがかったるくなってしまいます。

1.クレジットカードを渡す
2.決済機に通す
3.暗証番号を入力する


と、もはやクレジットカードは手順の多い決済手段になってしまいました。店員側の動作も多くなり、速度的にもどうしてもクレジットカードだと遅くなってしまいます。Quick Payに限らずモバイル決済に関しては、その速度感が魅力になります。

1.Quick Payでと言う
2.スマホをかざす


だけで済んでしまうこの気軽さが何とも言えません。
特に、コンビニではQuickPayが必ず使えるので、ほぼ一択と言っていいくらいです。

クレジットカードの明細書もこんな感じ。

2019083001.png



checkmark.png 3.モバイルSuica


地下鉄乗るにしても、エキナカの店舗を使うにしても、ほぼこれで済んでしまうのがとても便利ですよね。まさに日本が誇る決済手段だと思っています。できたら、これ1つでバスも交通機関も全て使えたら便利ですよね。履歴も残るし超便利。

とはいえ、時代に逆行するようにこんなことを検討している人たちもいるようですが…。

駅から切符がなくなる日、カギ握るQRコード決済の強みとは


あと、ドトールよ、なぜに未だにSuica一択なのだと言いたい。




checkmark.png 4.楽天Pay


この1年間の1番の大きな変化としては、楽天Payを使う場面が非常に増えたことです。
「あれ?ここも楽天Payの対応店舗になったの?」と、驚く場面がいく度もありました。特に、飲食店関係で楽天ペイの浸透度が上がっているように思われます。

私が楽天Payを使う理由は、ひとえに楽天ポイントの還元率が良いからです。気づいたら楽天ポイントがザクザク貯まっています。

さらに、期間限定の楽天ポイントだと、無駄なく使うことができるのです。これがとっても便利で、ローソンなのでついつい使ってしまいます。

楽天の期間限定ポイントを一番簡単に使い切る方法



checkmark.png 5.LINE Pay

2019083002.png

〇〇Pay花盛りの中、私が1番の本名だと思っているのはこのLINE Payです。LINEユーザは、現在7千万人ぐらいいると言われています。そう考えると、このLINE Payが軌道に乗れば馬鹿にできないのではないかと思っています。

Quick Payなどの他の決済手段をメインに使っていたため、なかなかLINE Payを使うきっかけがありませんでした。あと、クレジット引き落としができないというのも少し引っかかりを感じていました。銀行口座の登録がちょいめんどくさいし。しかし、20%還元につられてつい使ってみました。実際使ってみるとかなり便利で周囲でウケているのがよくわかりました。

LINE Payの不満は、クレジットカードを登録しても、送金も入金もできないことです。どうやら、今年中にLINEからクレジットカードを発行する予定らしいので、それによって状況が変わるかもしれませんね。

私の中でLINE Payの本名は、送金機能だと思っています。私の周囲では、まだまだ浸透度が浅いので、この送金機能が十全に使えない状況です。しかし、もしも一気に周りの人たちが使い始めれば、飲み会の割り勘などかなり使いところが多そうです。




checkmark.png 6.クレジットカード

モバイル決済が増えるにつれ、クレジットカードのリアルカードを使う場面が減ってきました。上でも書きましたが、財布を開けて~、クレジットカードを出して~、というような手順がもはやめんどくさく感じられるのです。とはいえ、未だクレジットカード一択の場所もかなりあるので、持って歩かないというわけにはいきません。
税金関係、公共料金関係等は全てクレジットカード決済です。 Yahoo!の公金支払いは便利すぎです。

Yahoo!公金支払い - インターネットで税金支払い、ふるさと納税


私が現在所有しているクレジットカードは、3枚あります。内訳としては、

Oricoのゴールドカード
イオンカードゴールド
楽天カード


です。

オリコのゴールドカードは、ちょっと一般に流通していない特別なカードでポイント還元率が普通よりも高いというのが特徴です。Amazonを始めとしたウェブ決済などは全てこのカードでやっています。リアル店舗でもカード決済が必要な場面ではこのカードでやっています。また、空港のラウンジなども使えるためこのカード1枚あれば何とかなるみたいな状況です。

イオンカードは、イオンでのラウンジの利用や、イオン系列でのポイント還元を上げるために無理矢理ゴールドカードにしてみました。

イオンカードをゴールドにしました(改悪前に)


楽天カードは、まぁ持っていて損はないかなということで。
持っているといろいろ便利だしね。




checkmark.png 7.その他

昨年は電子マネーとして、以下のものを使っていると書きました。

・nanaco
・WAON
・PayPal
・ミスタードーナツのカード


しかし、この1年間で、nanacoもWAONもPayPalも使わなくなりました。その中で唯一使っているのが、ミスタードーナツのカードぐらいでしょうか。これらの電子マネーは、ほぼQuick Payが使えるところと同じで、Quick Payに置き換わってしまいました。

新規に使い始めた電子マネーとしては、CokeOn Payです。
これは、CokeOnPay対応の自販機であるならば、クレジットカードで決済できるというものです。自販機でさえ、クレジットカード決済できるというのは夢のようです。

Coke ON Payで自販機でもクレカ決済を追加しよう!

CokeOn対応の自販機に接続すると、自動的にスマホの画面に表示されるので、それをタップすると購入できるという気楽さです。



一番最初に使った時は、小銭も入れずにスマホだけで自販機で購入できたことに感動してしまいました。そういうわけで、CokeOn Payは、超オススメです。

Coke ON コカ・コーラ自販機がおトクに楽しくなるアプリ

Coke ON コカ・コーラ自販機がおトクに楽しくなるアプリ

Coca-Cola無料posted withアプリーチ






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 スマホさえ持っていけば何とかなる

近所の散歩くらいならば、スマホ1つさえ持っていけば、コンビニでも自販機でも使えるので何とかなるという安心感があります。とは言え、全く現金を使わずに済むかといえばそうでもないので、まだまだ財布から現金が消える事はなさそうです。
個人的に不満なことといえば、○○Payのような決済手段が増えすぎているという状況です。特にコンビニの店員さんの負担感は半端ないだろうなと思ってしまいます。また、ポイントカードは未だ健在で、これが財布を圧迫する元となっています。これらも、すべてアプリ上で集約できれば最高なんですが、どなたか開発してくれると嬉しいです。





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/1476-a476d79b
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG