情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Apple Pencilでいつでもメモを実現する便利な100均グッズ

2019年09月12日
仕事ハック 0
2019091100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
仕事でもiPad mini5で、GoodNote5とApple Pencilを用いて、紙の手帳がわりにしています。もはや、紙の手帳を開かなくなってから4ヶ月目に突入です。
そこで、毎日いつでも欠かさずに使うために、100均のあるものを導入したら、非常に良かったということについて書いていきます。


  
【 Apple Pencilでいつでもメモを実現する便利な100均グッズ 】  

 1.メモを取りたい時にApple pencilがない問題

 2.そこで100均のあるグッズを使ってみた

 3.メモはシステムなので








かれこれ、紙の手帳からiPad mini5+Apple pencil+GoodNote5に切り替えて、4ヶ月目に突入しました。この間、紙の手帳に戻ってしまうのではないか?と思っていたこともありますが、実際は一切そんなこともありませんでした。保険のためにカバンに手帳を入れっぱなしにしてあるだけで、取り出すこともありません。このままいけば、あともう少しで私の持ち物リストの中から、紙の手帳は無くなる日も近いと思います。それぐらい、iPad mini5とApple Pencilの組み合わせは最高でした。

iPad mini 5(2019)を手帳してから3ヶ月経ちました


とはいえ、問題がないわけではありません。

紙の場合は、別にペンだろうが、鉛筆だろうが、書けるものであれば書くことができます。それにし対して iPad miniで書くには、Apple Pencilは必須で、対でないと使えません。

時々、iPad miniはあるのだけど、Apple Pencilを忘れたという場面があり、困ることがありました。出先というより、職場内でそのようなことが何度かあったので、どうにかならないかな?と考えていました。

通常のiPad+第二世代 Apple PencilだとこのようにiPadにくっついてくれるので、そこまで気にならないのでしょうが、残念ながらiPad mini5は、第一世代しか対応していません。Apple Pencil持ち歩き問題は、喫緊の課題だったのです。







そこで、色んな持ち運び方について探してみました。
こういうApple Pencilと一体になっているカバーを使うというのも手なのでしょうが、せっかくの軽さを犠牲にしたくはありませんでした。




私は、Apple Pencilを購入した時に、この「りんごのへた」とシリコンのカバーも併せて買いました。シリコンカバーは、転がり防止のために、「りんごのへた」は、胸ポケットに挟むためでした。

Pencil Barrier(ブラック)Apple Pencil を保護しグリップ力をアップする シリコン製カバー・充電時のキャップ紛失を防ぐ収納ヘッド搭載・~ ペンシルバリア~

ipad pro アップルペンシル用クリップ りんごのへた® for Apple Pencil キャップ カバー ホルダー等に


シリコンカバーの方は、落とした時も安全で使い勝手も良かったのですが、「りんごのへた」の方は、胸ポケットに入れ忘れることが度々あったのです。これでは、ダメですよね…。

これが、りんごのへた。

2019091101.png



そこである時、ちょうど100均に行った時に「これだー!」というのが、目に入りました。
それが、これです。

2019091102.jpg


そう、首から提げられるストラップです。
これなら、忘れることはありません。

しかも、首に掛けたままで問題なく書くことができます。
つなげると、こんな感じ。

2019091103.jpg

2019091104.jpg


ストラップの首に当たる部分は、ふんわりした素材なので、首がヒリヒリとすることもありません。





かなり前ですが、「メモとは、システムであるに全面的に賛成です」という記事を書きました。本当は、ある記事を読んでそれにインスパイアされて書いた記事だったのですが、元記事がなくなってしまったので紹介できません。

メモとは、システムであるに全面的に賛成です(アナログ編)

メモとは、システムであるに全面的に賛成です(デジタル編)

この2本の記事で書いたように、メモを残すという行為は、システムであるべきなんですよね。そうしないと、散逸しちゃうし、キャプチャできないし。

気づいたときに、思いついたときに、書き留めておきたいときに、いつでもどこでもサッと書ける状況にするというのが、究極のメモ術だと思っています。 そして、それが散逸せずに、きちんと定まった方法で、アーカイブされるようにするということが、大事だと思っています。

メモとは、システムであるに全面的に賛成です(アナログ編) - 情報管理LOG


同じように私がよく読んでいるブログの一つであるゆうびんや(@ashi_tano)氏のアシタノレシピでこんな記事を書かれていました。

モレスキンや測量野帳を日記に活用、すべてを記録するユビキタス・キャプチャー

とにかく気づいたこと、気になったことなどをどんどんメモするためには、そのための仕組みが大事なんです。そういうわけで、iPad mini5でも、徐々にユビキタスキャプチャができるようになりつつあります。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 意外と気にならない

えっ、Apple Pencilを首から提げるの??
と思われた方もいるかもしれませんが、これが意外に気にならないのですよ。
というか、最近では、社員証とかを首から提げる文化が、すっかり定着しているので、首から何かが下がっていることに対する違和感が、昔ほど強くないというか、ほとんどなくなっています。
おかげさまで、特に何も言われることもなく、本日も首から提げていつでもメモできるようにしています。


メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)
幻冬舎 (2018-12-24)
紙の本の価格: ¥ 1,512
割引: ¥ 76 (5%)
Kindle 価格: ¥ 1,436

やりたいことを全部やる!メモ術
日本経済新聞出版社 (2019-09-02)
売り上げランキング: 5,790

すぐメモする人がうまくいく
自由国民社 (2019-04-04)
紙の本の価格: ¥ 1,620
割引: ¥ 120 (7%)
Kindle 価格: ¥ 1,500





関連記事

コメント0件

コメントはまだありません