情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

AssistiveTouchを魔改造する!【解決編】

2019年10月19日
iPhone 0
2019101900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、「iOS13のAssistiveTouchには、Siriショートカットも登録できる! - 情報管理LOG」という記事を書いたのですが、その最後に「AssistiveTouchを魔改造する」と大言壮語を吐いたものの、結局上手くいかなかったという惨事がありました…。
※参照:「AssistiveTouchの魔改造が上手くいかなかった件について - 情報管理LOG

今回は、そのAssistiveTouchの魔改造編の解決編になります。様々な方々のアシストで無事解決いたしました。
というわけで、AssistiveTouchが超絶便利になるので、どうぞ!


  
【 AssistiveTouchを魔改造する!(解決編) 】  

 1.やること

 2.上手くいかない→アンサーへ!

 3.魔改造されたAssistiveTouch








まず、このAssistiveTouchの魔改造ですが、何をしたいのかというと

AssistiveTouch上から自由にSiriショートカットを起動する

ことを目標としています。
そうすることによって、AssistiveTouchの上位メニュー8つという制限を超えて、iPhoneを超便利にしてくれると考えていました。

AssistiveTouchって何という人は、この半透明のポインタのことです。




これに、様々な機能を割り当てることができるのです。

2019101901.png


このAssistiveTouch自体は、どんなアプリ上でもオーバーレイしているので、どこからでも発動可能な機能が8つもあると考えることもできます。

そして、今回のiOS13のアップデートによって、AssistiveTouch上でSiriショートカットが設定できるようになりました。Siriショートカットって何?という人は、以下の記事を参照してみてください。

【iOS12】Siriショートカットってなにができるの?使い方解説 入門編


以前は、Workflowというサードパーティーアプリだったのですが、iOS12からOSに統合されました。それが、良い方向に作用したということですね。





AssistiveTouchからSiriショートカットを(1つとか2つだけではなく)自在に起動できるようになったら、相当便利なのではないか?と思い立ちやってみることに。今までやっていた知識を総動員しながら取り組んで、それぽいのを作り上げました。しかし、エラーが発生して止まってしまうのですよ。

こちらが、作ったレシピ。




で、これを実行すると、ショートカット選択までいくのですが、そこから先が進めず、エラーが。

Image from Gyazo" border="0" />


かなり色々試してみたのですが、どうにも上手くいかないので、こういう時はネットに解き放ってみよう!というのが、正しい解決方法かな?と思ったので、自分が上手くいかないことも含めて、記事としてアップしてみました。
それが、この前回の記事です。

AssistiveTouchの魔改造が上手くいかなかった件について


そうすると、すぐさま何人かの方々から、情報が寄せられました。
ネットの力スゴイ!

その中で「Porter for Scrapbox」の作者であるしかさω(@four_or_three)氏から有力な情報が寄せられました。

Porter for Scrapbox

Porter for Scrapbox

shunsuke senoo無料posted withアプリーチ







なんと!いきなりファイナルアンサー出てきた!!!

やや、トンチンカンな私に対して、丁寧に解説までしてくださいました。








というわけで、おかげさまでAssistiveTouchの魔改造を完了することができました。
では、どんな感じになったのか見てもらいましょう。

Image from Gyazo


速すぎて分かりづらいかもしれませんが、AssistiveTouchに登録した「ショートカット起動new」をタップ。

2019101902.png



そして、「実行」をタップ。

2019101903.png



登録してあるSiriショートカットから「写真をDropboxに保存」を起動。

2019101904.png



という流れです。

iPhoneの自動化が、さらに自在になること請け合いです。素晴らしい!

※2019年10月22日追記
この魔改造されたSiriショートカットは、以下のリンクからダウンロードできます。

2019101905.png



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 アドバイスくださった皆様ありがとうございました!

今回のAssistiveTouchからSiriショートカット起動に関わって、コメントやアドバイスをくださった皆様ありがとうございました。こうやって、一つの問題に対して、色々なご意見をいただけるというのは、とてもありがたいことだなと思います。
今回ご紹介できなかった部分もありますが、とても勉強になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
ネット素晴らしいなと改めて思った次第です。



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません