情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

GoodNotes5を手帳にするときのちょっとしたTips

2019年10月22日
手帳 0
2019102100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
実際に5ヶ月ほどGoodNotes5を手帳として運用してみて、手帳として使うためのちょっとしたTipsが溜まってきました。今回は、これからGoodNotes5を手帳として使ってみようかな?と思う人も、今、GoodNotes5で手帳をやっている人にも参考になる部分もあるのいではないかと思います。というわけで、どうぞ。

  
【 GoodNotes5を手帳にするときのちょっとしたTips 】  

 1.日付の管理

 2.タイトルをつける

 3.検索性を意識する

 4.写真はiPhoneとの組み合わせが便利








手帳においては、日付の管理というのがとても重要ですよね。リフィルで最初から日付が入っているタイプのものもありますが、私は基本的に白の方眼をメインで使っています。これは、その日に好きなだけ書きたいからです。今調べてみたら、おおよそ5ヶ月で242ページ書いていました。つまり、1日あたり約1.5ページ書いていることになります。少ないときは、1ページぐらい。多いときは、何ページにもわたって書いているので、こんな感じになるのですね。

2019102102.png



さて、日付の管理ですが、そういうわけで毎日新しいページになった時に必ず日付を入れるようにしています。一応、律儀に毎日標準キーボードで「今日」と入力して出てきたその日の日付を入れていたのですが、面倒になったので、最近はSiriショートカットでやっています。

Image from Gyazo

※AssistiveTouchからSiriショートカットを起動していますが、これに関しては、こちらの記事を参照してください。

AssistiveTouchを魔改造する!【解決編】


「今日の日付」というSiriショートカットは、こちらからダウンロードできますよ。どうぞ、お使いください。

2019102101.png


2ページ以上書くときは、日付の横に①、②とナンバーを振っています。

2019102103.png



さらに、アウトラインに月初めのページを、「201910」などのような名称で入れています。そうすると、月ごとのインデックスになるのですよね。サムネイルを使って、ずっとスクロールしまくるという面倒から解放されます。

2019102104.png





GoodNotes5上での手帳は、基本的に物理的な制約がありません。だから1日に何ページ使ってもいいのですよね。だから多い時は、6ページとかいってしまうことも、まあまああります。

2019102105.png



そこで、必ずやるのは、その書く内容のタイトルをつけることです。そうすることで、あとで、検索しやすくするのです。絶対あとで見つからないと困る!という場合は、テキストで打ってしまうこともあります。でも、基本的に手書き文字で十分検索できています。

2019102113.png



また、ミーティングや会議などの記録は、その始まりの時間も併せて記録しています。

2019102107.png




上でも書きましたが、GoodNotes5が紙の手帳と圧倒的に違う点は、検索できることです。はっきりいって、この一点だけでも、紙の手帳に戻ることはないだろうと思える点です。
だって、考えてみてください。

紙の手帳だったら、「いつ」「どこに」書いたのか、記憶していないと検索できないのですよ。それでも、人間の記憶力は、時系列に対しては意外と働くので、完全な行方不明にはなりづらいのですが、それでも限界はあります。何年前の記録を探すのは、やはり一苦労しそうです。だからこそ、バッレットジャーナルという手法が考え出されたりしたのですよね。

バレットジャーナル 人生を変えるノート術
ライダー・キャロル
ダイヤモンド社
紙の本の価格: ¥1,760
割引: ¥334 (19%)
Kindle 価格: ¥1,426



しかし、今やGoodNotes5は、手書き文字を検索できる上に、ノートを横断しての検索にも対応しているのです。年度毎に1冊ずつ増やしていったとしても、何の問題も無く、数年前の記録から拾ってきてくれるというのは、完全な紙の手帳の上位互換と言えるのではないでしょうか?

2019102108.png



とはいっても、あとで検索することを考えて、色々な手を打っておくことに超したことはありません。

上の2つの「日付」「タイトル」は、後日検索するときのフックとして、非常に重要です。検索性を高める方法として、私は以下の方法を取り入れています。

1.日付をテキストで入れる
2.タイトルを入れる
3.検索のキーになりそうな言葉を入れておく
4.タイトルを揃える


1、2については、上の方で書いたので、3と4について書いていきます。

3.検索のキーになりそうな言葉を入れておく
これは、いわゆるタグみたいなものですね。
こんな感じで入れています。

2019102109.png



これは、あとで見つからなさそうだなと思ったものや、あとで検索するときに困りそうなものだけつけています。全部につけていたら、逆にノイズになるし、疲れますからね。継続することが何よりも大事なので。


4.タイトルを揃える
ミーティングや会議などの記録など定型で行われるものに関しては、全て同じタイトルをつけるように心がけています。そうすることで、ミーティングの過去の記録を簡単に辿ることができるようになるのです。

2019102110.png




GoodNotes5の手帳には、写真などもどんどん貼るようにしています。もちろん、その場でもらった資料の大事な部分なんかも、入れておくとあとで振り返りがすごくラクになるのでいいのですよね。

で、iPad mini5のGoodNotes5で書きながら、写真も撮るというのは、あまり現実的な使い方とは言えません。書く行為と写真を撮るという行為を一つのデバイスでやるのは、意識も中断されるし、時間もかかります。
そこで、私は写真撮影やスキャンは、iPhoneでやるようにしています。HandoffのユニバーサルクリップボードというiOS同士で同期できる機能を使うと、非常に快適に写真のやりとりができるのです。

iPadで手帳をやるならiPhoneとの連携で捗るよ!

Handoffは、

設定→一般の「Handoff」→「Handoff」をオン

2019102111.png

2019102112.png


で、できます。
やってみると、こんな感じ。

Image from Gyazo


GIFで若干速度をアップしていますが、だいたいこんな感じでサクサク貼れるのです。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ちょっとした工夫で使いやすくなる

今回の記事は、こんなTwitter上でのやりとりから、そういえばこういうTipsって人の役に立つのかも知れないなと思い書きました。



たぶん、これからiPad mini5で手帳をやるというのは、ブームとしてきそうな気がするので、様々なTipsが生まれると思います。お互いの良い部分をどんどん取り入れて、紙の手帳ではなしえなかったことを実現していきたいですね。


これ、ものすごく面白かった。

へんなものみっけ! (4) (ビッグコミックス)
早良 朋
小学館 (2019-08-09)
紙の本の価格: ¥650
割引: ¥45 (6%)
Kindle 価格: ¥605



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません