情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

エクセルで超速で行列を挿入・削除するショートカット

2019年11月11日
仕事ハック 0
2019111000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今やRPAが盛り上がっていて、「エクセルを超速で」みたいなことを鼻で笑う人もいるみたいですが、全ての仕事が全自動化されている職場が多いんですかね?(いや、全く多くない)
そういうわけで、日常的に使うツールであるエクセルを高速に操るには、ショートカットは欠かせません。今回は、日常的に多く使うであろう行列の挿入・削除をするショートカットをご紹介いたします。これを使えば、明日からかなり高速に行列の挿入・削除ができるようになりますよ!

  
【 エクセルで超速に行列を挿入・削除するショートカット 】  

 1.行列の挿入のショートカット

 2.行列の削除のショートカット

 3.行列の選択のショートカット








まずは、行列の挿入からやっていきましょう。
やり方は、2種類あります。

1つ目は、

行の追加: Alt + I + R
列の追加: Alt + I + C


です。
これは、古いエクセルと互換性のあるショートカットで今や通常では出てこないショートカットになります。しかし、私は主にこちらを使っています。なぜ、こちらを多用しているのかというと、2つ目の方は、一手間多いからなんですよね。その代わり、こちらは必ず行列全体が挿入されます。

覚え方は、

I(インサート=挿入)+R(ROW=行)orC(Column=列)

と頭に入れておくと良いですね。

Image from Gyazo



2つ目は、

行の追加: Ctrl + Shift + ;
列の追加


です。
こちらは、行列の全体の挿入というより、特定の部分の行列挿入に向いています。あとで書きますが、行列全体の挿入する場合は、行列の選択が必要になります。(←この部分が、一手間の部分)なので、ただ単に行列の挿入するならば、ダイアログの選択がない分、圧倒的に前者の方が速いです。

覚え方は、
Ctrl + 「+」
※Shift + ;は、「+」と入力される。
と考えると、分かりやすいです。

こちらを見てもらうと、上と何が違うか分かりやすいですね。

Image from Gyazo





実は、削除の方がやや面倒なんですよね。
ショートカットとしては、こちらもやり方が2つあります。

1つ目は、

行の削除: Alt + H + D + R
列の削除: Alt + H + D + C


です。
覚え方としては、

H(ホーム)+D(Delete)+R(Row=行)C
H(ホーム)+D(Delete)+C(Column=列)C


です。

Image from Gyazo


2つ目は、

Ctrl + -(マイナス)

です。

これは、行列の挿入の逆バージョンで挿入の時は、

「Shift + ;」=「+」だったのに対しての「-」なのです。

分かりやすいですね。
ただし、こちらも、ダイアログが出るタイプなので、一手間多いというのが、難点だったりします。

Image from Gyazo




行列を選択するという場面って意外に多いと思います。この行列の挿入・削除も複数行の行列を選択すると、より効率的にできるので、行列の選択を覚えておくと、速度感増しますよ。
複数行を選択するときは、選択したい行や列のあるセルを複数選択すればOKです。

行の選択は、

Shift + スペース

です。

Image from Gyazo



列の選択は、

Ctrl + スペース

です。

Image from Gyazo



これを利用すれば、複数行の挿入や削除ができますね。

Image from Gyazo




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 速度感のある操作ができるようになります

どんどん、自動化がされても、やはり人間が操作しなくてはいけない部分というのは、依然残ると思います。そういうわけで、少しでも早くに作業が終わるためにも、こういうショートカットは、どんどん覚えて使いましょう。

この動画を観て、驚愕しました。神業過ぎる。




そういうわけで、こういう本を無駄だとは思わないのですよ。

神速Excel
神速Excel
posted with amazlet at 19.11.10
中田 元樹
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 407


関連記事

コメント0件

コメントはまだありません