情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

自宅の仕事用机の環境をDIYで見直してみた

2020年01月07日
その他 0
2020010700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
正月に自宅の仕事場環境を見なしてみることにしました。こんなにまとまった時間をとれることがないので、自宅の仕事場環境の快適化をDIYで図ってみました。カッコイイDIYではありませんが、多少良くなったような気がします。そういうわけで、お金をそれほどかけないけど、それなりな感じのDIYについてです。



  
【 自宅の仕事用机の環境をDIYで見直してみた 】  

 1.キーボード&マウスを無線化に併せてDIYすることに

 2.電源タップを机の下に設置

 3.木製コードカバーを設置








自宅の仕事用机として使っているのは、奥行き80cm、長さ370cmというめちゃくちゃデカイのを使っています。家を建てたときに造作してもらったのです。とは言いつつ、子どもがある程度の年齢になった時に二人で使えるようにと考えて作成しました。
これは、建てたばかりの頃の机の様子。ごちゃっとしている…。

2020010701.jpg



このぐらいの奥行きの机が、左の方に3mぐらい横に続いていると思えば、おおよその大きさが分かりますね。

現在は、PCも変わり、2画面になって、さらにキーボードも外付けで使用しています。
で、コード類が、このごちゃっとした酷い状況に…。

2020010702.jpg



そういうわけで、こういうコード地獄を改めるべくDIYを決心しました。
私は、こういうDIY系の記事を読むのが好きで、今回はこういう偉大な方々の智恵を若干拝借しながら、できる範囲でやってみようというお手軽企画です。

僕の理想のデスク環境ができたので自慢させてください。|宇野 雄(saladdays)|note

ケーブル嫌いのためのデスク周りをスッキリさせるテクニック|Go Ando / THE GUILD|note

ケーブル1本だけの生産性最高なデスク環境をDIYなしで作った話 - 2019版|柿元 崇利 / U-NEXT|note


まあ、デスクからDIYとかそういう大それたことをするつもりもないしする必要も無いので、今回はこれらの記事に共通するケーブルをなくす(=見えづらくする)というのをやろうかと思います(できる範囲でね)。

まずは、外付けキーボード&マウスをBluetoothマウスに切り替えます。今回、購入したのは、ロジクールのMK235というワイヤレス対応のキーボードとマウスがセットになったヤツです。

ロジクール ワイヤレス マウス 無線 耐水設計キーボード セット MK235
Logicool(ロジクール)
Logicool(ロジクール) (2016-06-09)
5つ星のうち3.5
¥ 1,800


えっ、Amazonだと1800円しかしないのか…家電量販店で買ってしまったよ。まあ、安いです。とはいえ、すでに他で使っているのを何度も試していて、問題ない使い心地であるのは確認済みだったので、これに決定しました。キートップの高さが高いのはちょっと苦手なんですよね。このキーボードは、フルサイズでありながらキートップがとても低く作られているので、自分好みなんですよね。

2020010703.jpg




では、物品が揃ったので、次に一番の元凶である電源タップを机の下に隠そうと思います。とにかくものすごくつなぐものが多く、それがごちゃつかさせている原因なのは間違いないのですよね。
電源タップに接続されているものは、以下の通りです。

・PC
・HDD×1
・セカンドディスプレイ
・USBハブ

 →これにさらにポータブルHDDが、2台接続されている
・USB充電器×2
・Amazon Echo Dot


さらに、セカンドディスプレイを接続するためのHDMIやらLANコードが伸びているという感じです。そりゃあ、ケーブル地獄になるわけです。

HDDが多すぎではないか?と思われる方もいるかもしれませんが、自分なりに過去の経験を生かし、万が一に備えてバックアップを常に二重三重になるようにしているのです。「NAS買えば良いじゃん」という言葉には、返す言葉もないです。
こういうの本気で買おうかと思い始めました。



さて、まずは電源タップですが、本当は机の奥の方に穴でも開けてしまい、そこから下に通してしまえば、もっとスッキリするはずなのです。しかし、家族の理解が得られないので、仕方なくケーブルカバーでごまかす!という作戦で行きます。その代わり、無節操についていたケーブルのうち据え置き型のHDD、USB充電器はテーブルの下に隠すことにしました。

そういうわけで、電源タップをさらに「エレコム電源タップ」をもう1つ追加することに。

2020010704.jpg



養生テープを2面に貼ります。
※養生テープってこれです。貼った部分にノリが残らないという便利グッズ。

2020010705.jpg
2020010706.jpg



さらに付ける側の方にも養生テープを貼り、強力なクッションタイプの両面テープをその上に貼ります。

2020010707.jpg



で、付けました。

2020010708.jpg



なかなか良い感じですよね。

と・こ・ろ・が、ある程度時間が経ったら外れてしまいました。
どうやら、暖房が近くにあるため、その熱で剥がれやすくなったようです。熱が大敵とは…。

そこで、方針を変更して、100均のセリアにあった、家具固定用金具をで固定することに。
なんと図ったようにピッタリでした。

2020010709.png



これで、机の下にUSB充電器やらHDDを隠すことができました。





さらに、木製コードカバーをDIYしてしまいます。
木材は、私は家具製造のところで格安にウォールナット材を手に入れました。今やAmazonでもウォールナット材売っているのですね。しかも、そんなに変な値段じゃないし、良いかも。

木っ端クラブ
木っ端クラブ
木っ端クラブ ()

¥ 500



で、作ったのが、これですね。

2020010710.jpg



まあ、端材みたいなので製作したのです、こんなもんでしょう。

2020010711.jpg



ケーブルを入れるところには、Rがきつい材を使用しました。

2020010712.jpg



これをごちゃったした電源タップの上にかぶせてしまいます。
ハイ!完成!

2020010713.jpg

2020010716.jpg



それっぽい仕上がりになりました。ケーブルカバーは、木材でできているいので、その上にEcho Dotとかも載せてしまいます。
iPhoneに表示させているのは、LCD Clockという時計アプリです。



さらに、これまた100均で購入したケーブルクリップを机のサイドに貼り付けます。貼り付ける際は、先ほどと同じように養生テープを事前に貼っておくのを忘れないようにします。

2020010714.jpg



かなりケーブル関係がスッキリしました!

2020010715.jpg




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ノートPCも無くす方向で

なんでノートPC使っているのに、外付けキーボードを使っているのだ?と疑問に思われた方もいるのではないかと思います。滅茶苦茶こだわって、外付けキーボードを使っているわけではなく、ただ単にノートPCのキーボードの調子が悪いからそうしているだけです。最初は、そのつもりだったのですが、フルサイズキーボードを使うと、元には戻れない気がしますね。
もし可能ならば、ノートPCも下に隠してしまい。デュアルディスプレイにしてしまおうかとも考えています。今年中にやってみようかなと画策中。あと、Bluetooth対応のヘッドフォンが、欲しくなってきました。





関連記事

コメント0件

コメントはまだありません