情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Chronium版Edgeを使ってみた

2020年01月19日
未分類 0
2020011900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Microsoftが、とうとう独自でブラウザーのエンジン開発を辞めて、Chroniumベースのブラウザに切り替える事にしました。そろそろ、皆さんのところにもアップデートとして更新されているころではないでしょうか?
今回は、そのChronium版Egdeを実際に使ってみて、使い心地などを検証してみました。


  
【 Chronium版Edgeを使ってみた 】  

 1.IE&Edgeの終焉

 2.Chronium版Edgeとは何か?

 3.インストールする

 4.設定項目は

 5.総評








Windows95を出発点にしてMicrosoftの怒涛の快進撃により、OSでのシェアを圧倒的に占め、さらにはブラウザ市場においてもほとんど独占に近い状態までIE(Internet Explore)が占めていた時期がありました。以前、ブラウザシェアの推移について記事にしましたが、初期のIEの快進撃は凄まじいものがあったのです。

2009年〜2020年までの推移。

Source: StatCounter Global Stats - Browser Market Share




これを見たらわかると思いますが、圧倒的なまでの強さを誇っていたIEが、徐々にChromeにシェアを奪われ、ついには完全に屈服するまでの流れになっていますね。2012年を境に立場が逆転して、IEが急降下しているのが分かります。AndroidOSとスマホのシェアの上昇とともに、ブラウザシェアが奪われていく様子が見て取れます。
ブラウザシェアの変遷とその分析に関しては、以前書いた記事を参照していただくとより詳細に理解できるかと思います。

2019年のブラウザシェアを振り返る


IEの古くなった部分を刷新するためにEdgeが投入されましたが、結果としてはシェアは伸びずに、Chromeに奪われ続けていました。私も日本語入力の面など、非常に納得のいかない部分があったので、Edgeを使わずにChromeを常用しています。
MIcrosoftの戦略上のミスとしては、やはりモバイル市場に食い込むことができなかったということに尽きるかな?と思っています。





さて、そこで昨年の後半にMicrosoftが打ち出したのが、Chroniumベースのブラウザをリリースすることでした。このChroniumというのは、要するにChromeで採用しているブラウザエンジンです。レンダリングなどブラウザのコアの部分をChroniumベースに置き換えることによって、MIcrosoftとしてはブラウザ開発から実質的に手を引いたことになります。一時期、良いところまできていたOperaも、今やChroniumベースになっています。そう考えると、主要ブラウザで独自に開発しているのが、FirefoxとSafariぐらいという状況になってきているのです。

さて、そのChronium版Edgeとは、どんな存在なのでしょうか?

2018年12月にChroniumベースに移行することが決定されました。

Microsoft Edge: Making the web better through more open source collaboration

Microsoftとしては、

・よりWeb標準に近づけられることでブラウザ同士の互換性が保たれる
・OSのアップデートと切り離したタイミングでアップデートできる


を大きな目的としています。

とはいえ、Microsoftは営利企業なので、こういう建前以外にも

・Chronium開発に少しでも刺さっていき、業界標準の先導者に返り咲きたい
・独自開発のコストを下げたい


というような本音も見え隠れしているような気がします。





さて、公開されたことだしアップデートで来るかな?と思った矢先にコレですよ…。

新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能 - Engadget 日本版


ふざけんな!!
と怒りたくなる気持ちを抑えて、アップデート待ちではなく、正規ルートでインストールしてみたいと思います。普通に日本語版ダウンロードできますので、安心してやってみましょう。

ダウンロードは、こちらからできます。

Download New Microsoft Edge Browser | Microsoft


このIEと打って変わっておしゃれな感じは。サクッとダウンロードしてしまいましょう。

2020011901.png



「同意してダウンロード」をクリック。

2020011902.png



ダウンロードされたファイルをダブルクリックでインストール開始!

2020011903.png



そうすると、「新しいMicrosoft Edgeの取得中」と出てきます。インストーラーは、本体をダウンロードするためのものなのね。

2020011904.png



さて、ここで注意が一つあります。
Windows10を最新版にしていないと、以下の様なメッセージが出てきて、最新版にすることを促されます。その場合は、おとなしくWindowsアップデートもやっておきましょう(面倒ですが)。

2020011905.png



インストールが完了すると…来た!!

2020011906.png



初期設定を促されるので、「次へ」

2020011907.png



同期設定については、Microsoftアカウントで使っているメルアドで。
基本的に同期で良いと思います。

2020011908.png



私は、この部分は「はい」を消しました。色々利用されるのが嫌なので。
これで、設定完了です。

2020011909.png



私は、元々Edgeを使っていなかったので、お気に入りも、何もなかったので実にまっさらなchrome版Edgeができあがりました。

2020011910.png





さて、上の方を見てみると、「お気に入りのインポート」とあるので、クリックすると…このようなダイアログが出てきました。

2020011911.png

2020011912.png


なるほど、旧IEだけではなく、chromeやFirefoxからもインポートできるのか。すごいな。とりあえず、これは後からでもできるっぽいので、設定項目を見ていきましょう。

2020011913.png



メニューは、「chromeのまんまだー!」と思うぐらいに、そのままです。
まあ、Chroniumであるということは、そういうことですよね。なので、日頃からchromeを使っている人は、迷うことはないはずです。

2020011921.png



設定を見ていきましょう。メニューはこんな感じ。
左が、Edgeで右がchromeです。えっ、右の方が「Edgeっぽい」って?私もそう思ったよ。Edgeの法が設定項目が多めです。

2020011914.png



ここから、めぼしい部分のみ見ていきます。
まず、プロファイルの同期の項目です。

2020011915.png



chromeにもある項目ですが、ここで超重要なのは、Microsoftアカウントで同期されるということです。
なんとなく、ChroniumだからGoogleアカウントで同期されるのかな?と思っていましたが、全くそんなことはありませんでした。あくまでも、MicrosoftのEdgeなのです。

次に、すでに何かと話題になっている「プライバシーとサービス」です。
これは、ネット上の広告などで使われている個人の情報収集目的で使われているトラッカーをブロックするものです。私は、一応「バランス」を選んでおきました。これの実力のほどは、「5.総評」に書いておきます。

2020011922.png



「新しいタブページ」は、このように新規タブに表示される項目の設定ができます。スピードダイヤル的なショートカットは、自分でカスタマイズできます。

2020011917.png



「サイトのアクセス許可」の項目は、非常に細かい部分まで行き届いていて素敵です。できる子じゃないか。

2020011918.png



「システム」は、「Microsoft Edgeが終了してもバックグラウンドアプリの実行を許可する」が、オンになっていたので、オフにしておきました。

2020011919.png





1.速度的にはどうか?
まんま、Chroniumなので、ほとんどchromeと速度は(体感的には)変わらない感じです。正確に計測すれば、拡張機能の多さなどで変わってくると思います。
でも十分速いと思いました。


2.トラッカーのブロックはどうか?
ここは、やはり気になるポイントですよね。全て一度トラッカー情報をクリアしておいてから、情報管理LOGのこのページを閲覧した結果がこちらになります。

Amazon Polly を使えば、恥ずかしくなくポッドキャスト配信できるかもよ?

2020011916.png



たった1回のアクセスだけで、こんなにもブロックされました。すげぇ。にしても、Googleかなりやられていますね。



3.使い勝手は?
ほとんど、chromeと変わりません。これに拡張機能とかブックマークをインポートしたら、ほぼ変わらない使い心地が実現しそうです。拡張機能のインポート&互換性などは、次回ぐらいに記事にしたいと思います。
今言えることは、chromeを日常的に使っている人は、全く迷わないだろうということです。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これは、もしかしてとんでもないかもだよ?

Googleの戦略は、基本技術をオープンにすることで、とにかくシェアを確保し、最終的にGoogleのサービスに流れを持って行くというのが、過去10年ばかり流れでした。
しかし、ここにきて、Microsoftが仕掛けたのは、とんでもない「カッコーの卵」なのではないかということです。オープン化がもしかしたら、裏目に出る可能性もなきにしもあらずかな?と思っています。




Amazonでファッション関係で90%オフセールやっています。アウトドアとかのブランドもものすごく安くなっていますね。

2020011923.png


ラズベリーパイ4 コンピューターモデルB 4GB Raspberry Pi 4 Computer Model B
メイカー専門店
メイカー専門店 ()
5つ星のうち4.1
¥ 7,800



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません