情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

モバイルバッテリーの敷居の高さを低くする方法

2020年01月22日
ライフハック 0
2020012200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、こんなまとめが挙げられていました。

モバイルバッテリーを使うには二段階もの難関が存在するため携帯に成功しないという話が分かりすぎる「むしろ三段階」「複数買ってローテーション」

おお、わかりみが深い。
私もモバイルバッテリーを使いはじめの頃に苦しめられました。
今回は、ここで書かれているように、二段階、三段階もの難関にどう挑むべきか?について私が取り組んでいることを紹介します。みんなが意外に苦しんでいるこの問題について、こうやったら幸せになれるよということについて書いていきます。


  
【 モバイルバッテリーの敷居の高さを低くする方法 】  

 1.モバイルバッテリーの罠

 2.二段階の難関への対処

 3.三段階の難関への対処








2020012201.png

iPhoneやAndroidスマホを持ち歩くと、とにかくモバイルバッテリーがなくては不安になりますよね?もしも、ここで充電が切れたら…と思うと、ヒヤヒヤして過ごすぐらいならば、モバイルバッテリーを持ち歩いて、とにかく安心したいという人は多いはずです。

かくいう私もモバイルバッテリーを忘れたために、非常に苦しい思いをしたことは、一度や二度ではありません。それぐらい、現代人にとってモバイルバッテリーは、必需品になっていると言って過言ではないでしょう。

しかし、ここに大きな罠があります。
それは、先ほど挙げたまとめ記事に書かれているままですが、モバイルバッテリーを持ち運ぶにあたって、二段階いや、三段階の罠が仕掛けられているのです。その罠として挙げられているのが、以下の3つです。

 1.家で充電しておくこと
 2.忘れずに持っていくこと
 3.ケーブルも持っていくこと


元となったのは、このツィートですね。



とても分かりみが深い。
とはいえ、今はほぼモバイルバッテリーがらみで失敗することが少なくなりました。それでは、私がどのようにやっているかについて以下に書いていきます。





まずは、元ツィートにあった、この二段階の難関についてです。

 1.家で充電しておくこと
 2.忘れずに持っていくこと


順番に書いていくと分かりづらくなるので、2→1の順番で書いていきます。


2.忘れずに持っていくこと
モバイルバッテリーを使いはじめの頃は、一つのバッテリーをカバンを入れ替えながら使っていました。しかし、これは全く上手くいかないのですよ。財布の移動をちゃんとしても、モバイルバッテリーの移動を忘れることが多々あったのです(なんだろね…)。
そういうわけで、カバンへの入れ忘れを防ぐために

カバンごとにモバイルバッテリーを入れることにした

のです。
つまり、3つバッグがあれば、3つ準備し、それぞれのバッグに入れておくということです。これは、効果てきめんで、これで忘れることから解放されましいた。モバイルバッテリーなんて今やかなり安くなってますからね。カバンの用途ごとに入れるものを変えています。場合によっては、全て同じものを用意しても良いかもしれません。

私が使っているモバイルバッテリーは、以下の通り。やっぱり、一番安心できるのは、AnkerのPowerCore10000ですね。
あとは、廃盤になったモデルばかり。そろそろ新しいの買おうかと思っています。

2020012202.jpg




1.家で充電しておくこと
これは、私は定型タスクに入れています。
定型タスクというのは、Wunderlistというタスク管理サービス&アプリに入れている「定期的に実行するタスク」に入れています。実は、モバイルバッテリーの充電というタスクは、大きく分けて3つに分解されます。このタスクを分解せずに、ただ単に「モバイルバッテリーを充電する」という単一タスクだと考えることに無理があるのです。
タスクを分解すると以下のようになります。

 ・モバイルバッテリーをカバンから出す
 ・充電する
 ・モバイルバッテリーをカバンに戻す


特に何度も忘れがちな人は、まずはタスクを分割することをお勧めします。
私は、月の始めである1日に必ずモバイルバッテリーを「充電する日」と決めています。とりあえず、一気に充電してしまうのです。これで、相当充電切れを防げるはずです。「あまりモバイルバッテリー使ってないし」という人もとりあえず、例外を設けず一度コンセントに繋いでみると良いですよ。意外に自然放電されていたりするので、月一程度だったらやって損はないはずです。

2020012202.png




最後の難関である「ケーブルを忘れる」ですが、非常にそれよく分かります。

諸悪の根源は、Lightningお前だ!

です。
ほとんどのモバイルバッテリーは、こういう形状のUSB端子で充電しますよね?

2020012204.png


そして、時代はUSB TypeCに移行しつつあるにもかかわらず、Appleが頑にLightningケーブルで殿様商売しているの、本当に納得がいかない点の一つですね。
なので、多い人だったら、複数本を常に携帯しなくてはいけないみたいな人も意外に多いのではないでしょうか?

USBの規格の多さが原因の可能性。

USBコネクタの形状と種類。TypeA/B/C、Mini/Micro 規格の解説と一覧 - uzurea.net

では、どうやって対処しているのかというと、

コンパクトなケーブルをモバイルバッテリーと一緒に一つの袋に入れておく

という方法でやっています。

こんな感じですね。これをAnkerに付属してきた袋に入れています(上のヤツ)。

2020012205.jpg



10cm程度のもっと短いのでも良いのかもしれませんが、意外に使い勝手が悪かったのですよね。あと、充電器も併せて持ち運んでいます。これですね。
このコンセント部分が折りたためるの本当に便利すぎです。これがあれば、モバイルバッテリーでなくても、コンセントから直接充電できたりできるので、非常に便利なんです。重さもほとんどないしね。

2020012207.jpg



とはいえ、先日、ごりゅご氏のサイトで、はるな氏が推していたRAV Powerの窒化ガリウムの充電器が非常に気になる。

iPadの充電を1.5倍早くしてコンセントの出っ張りもなくなる急速充電器




とはいえ、まだちょっと重いかもしれないです。
私の持っているのは、無メーカーの1.5Aというしょぼいのです。でも、33gとめちゃ軽いうえに、コンセントを折りたためるのですよね。

2020012206.jpg


なので、機能的にはアレだけど、モバイル用途では十分かもしれません。
うちの妻に持たせているのは、こちらになります。これだったら、さらに充電器がいらなくなるので、まあ良いといえば良いのですが、モバイルバッテリーにしては、やや重いのが玉に瑕なんですよね…。Anker頑張れ!軽いの頼む!




モバイルバッテリー+コード+充電器

この3つの組み合わせを常に全ての鞄に忍ばせておけば、万事オッケーです。ただし、小まめに入れ替え出来る人は、別に真似しなくても良いです。苦労している人は、絶大な効果がありますよ。




eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 鞄に何個もバッテリーを入れておく必要はないですよ

一番最初に紹介したまとめの中で、「カバンに何個もモバイルバッテリーを入れておく」という人が意外にいたので驚ました。そりゃ安心かもだけど、そこまでしなくても幸せになれるよという方法って案外あるのですよね。そういうわけで、全国でモバイルバッテリーに苦しめられている同士の皆様に少しでも届けばいいなと思っています。


そういうわけで、現在買おうかどうか迷っているモバイルバッテリー。ちょっと小型なものが欲しいのです。





関連記事

コメント0件

コメントはまだありません