情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Chromium版Edgeの初期設定でやっておくべきこと

2020年02月06日
Chrome関連 1
2020020600b.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Chromium版Edgeを導入してみましたか?
まだ、日本は正式配信されていないので、まだという人も多いのではないかと思いますが、もうダウンロードして使うことができます。正直、Chromium版といえども、Edgeなので、あまり期待していなかったのですが、期待に反して(!)なかなか良い出来でした。OSデフォルトとかで入れられたら、Chromeの牙城が崩されてしまいそうです。
これに関しては、記事に書きましたので、ぜひ読んでいただけたらと思います。

※追記:「Chromium」が、「Chronium」となっていました…orz。ずっと勘違いしていたよ。そういうわけで、修正いたしました。

Chromium版Edgeは、Microsoftが仕掛けたカッコーの卵だと思う

さて、Chromium版Edgeですが、デフォルトのままで使わない方が良いかな?と思う点があったので、その点について書いていきます。


  
【 Chromium版Edgeの初期設定でやっておくべきこと 】  

 1.Chromium版Edgeは、デフォルトの設定では使わない

 2.検索エンジンの変更

 3.広告関係








海外では、すでにChromium版Edgeは、Windowsアップデートで配信済みだったりするのですが、日本では確定申告のために4月以降に持ち越しとなってしまいました。
まさに「おま国問題」ですが、行政のIE好きもこれで終止符を打たれると思うと、少し嬉しい気持ちになりますね。

新Edgeブラウザ、「確定申告の影響」で日本向け配信は4月以降に。ダウンロードは可能 - Engadget 日本版

そういうわけで、いち早くChromium版Edgeをダウンロードしたい人は、こちらから。

Download New Microsoft Edge Browser | Microsoft


私の環境では、すでに日本語化されたものがダウンロードできたのですが、人によっては、英語版がそのままダウンロードされてしまうということも起こっているようです。そこで、まずは日本語化してしまいましょう。

2020020601.png


「Language」をクリック。

2020020602.png


「Add language」をクリック。

2020020603.png


「Japanese - 日本語」を選択。

2020020604.png


日本語が追加されているので、「Display Microsoft Edge in this language」で通常使う言語に設定しましょう。

2020020605.png


最後に「Restart」でChromium版Edgeを再起動します。そうすると、日本語化された状態で立ち上がります。

2020020606.png



私が、Chromium版Edgeを使ってみて思ったのは、

デフォルトのまま使わない方が良い

です。少々、Microsoftに寄りすぎた設定になっているので、好みはあるかもですが、以下に挙げる設定は変更しておいた方が良いと思いました。





まず初めに、Chromium版Edgeの検索エンジンは、デフォルトでは「Bing」になっています。「Bing」を悪くいうわけではないですが、申し訳ないけど、メインで使いたい感じではないのですよね。たぶん、これからOSのアップデートで以前のEdgeからChromium版Edgeに自動的に切り替わるような人だと、なおさら変更した方が良いのではないか?と思うわけです。

ちなみに、Google検索の世界シェアは、こんな感じ。Bingどこ?という感じですよね。まさに、Google = 検索 ぐらいの勢いはありますよね。

Source: StatCounter Global Stats - Search Engine Market Share




日本国内で見ても、限りなく少ないです。それにしても、今時まだYhaoo!とは…。
日本は、ここでも特殊な感じですね。

Source: StatCounter Global Stats - Search Engine Market Share




では、そのYahoo!で何を検索しているのかというと…。実は、「Google」だったというのが、数年前でした(一時期笑い話にもなっていましたね)。今は、検索ランキングが姿を消してしまったために知りようもないですが、まあ状況は変わっていなさそうな(yahoo!Japanにとって、あまりにも不名誉なので最近は出していないのかな?)。

そういうわけで、デフォルトの検索エンジンの変更をしてしまいましょう。「Bingで良い」という人は、そのままで。

「設定」→「プライバシーとサービス」から

2020020607.png



ずっと下にスクロールします。

2020020608.png


「アドレスバー」をクリック。

2020020609.png


ここで「Google」を指定すればOK!

2020020610.png





次に広告関係です。Chromium版Edgeは、Cookieなどを用いた追跡型の広告を排除するようにデフォルトでなっています。それ自体は、大変けっこうなことなのですが、実はそうも簡単な問題ではなかったりします。
こちらの記事でも書かせてもらいましたが、Chromium版Edgeは、MIcrosoftが仕掛けたカッコーの卵なのではないか?と本気で思っています。Chromiumという軒先を貸してあげたら、いつの間にか母屋が乗っ取られていたみたいなことになりかねない感じなのです。

Chromium版Edgeは、Microsoftが仕掛けたカッコーの卵だと思う

その一つが、この広告なのですよね。
Googleは、ご承知のように広告が収益に占める割合が大きい会社です。そのため、Googleが得意としているターゲッティング広告が無効化されるようなことがあると、割と苦しい状況になってくるのではないかと思うのです。

さらに、この設定を見てもらうとよくわかると思います。
ちょっと閲覧しただけで、Googleの関係がブロックされていますね。まあ、これ自体は別に良いのです。

2020020611.png



しかし、下の方にスクロールすると、「Webエクスペリエンスのカスタマイズ」という項目が出てきます。
そこに「Microsoftプライバシーダッシュボード」をクリックしましょう。

2020020612.png


Microsoftのアカウントにログインします。

2020020613.png


下にスクロール。

2020020614.png


「広告の設定」をクリック。

2020020615.png


そうすると、Microsoftによるが、「ユーザーが関心のある広告を表示する」が、デフォルトでオンになってる!他者の広告には厳しいけど、自社の広告には誘導したい気満々ですね。

2020020616.png


さらに、「ターゲッティング広告」も!Googleは、思いっきり母屋を乗っ取られていますね。こんな設定すぐには、気づけないわ!

2020020617.png

いずれも、オフにしておきましょう。お互いの心の平安のために。



eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 良いのだけど鼻につく

Chromium版Edgeは、今のところ使っていて好感触ではあるのですが、それはエンジンであるChromiumの恩恵が非常に大きいのは間違いないです。むしろ、Chromiumだからこそ、使い勝手が良いと感じる側面を否定できません。だからこそ、検索エンジンや広告などの設定でセコく追い上げを図ろうとするのが、すごく鼻につくのですよね。せっかくMicrosoftなのだから、積極的にOffice365との連携を強化したり、OneDriveとの連携を強化するなどプラスの面でやるべきことが多いはずなのにコレかよと思ってしまうのです。とはいえ、母屋を乗っ取るまで行くとは思えませんが、業界にとって適正な競争は、活性化を促すので、ぜひとも推移を見守りたいなと思っています。






関連記事

コメント1件

コメントはまだありません