TOP > iPhone > title - 図書館日和は本好きにはたまらない

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

図書館日和は本好きにはたまらない

皆さんは、図書館を利用していますか?
私は、住んでいる場所が、ラッキーなことに図書館の近くで、とても利用する機会が多いです。
そこで、図書館をかなり便利に使えるアプリが、「図書館日和」なのです。


  
【図書館日和は、図書館好きにはたまらない】  
 1.図書館日和とは?
 2.図書館にその本があるか検索する
 3.メディアマーカーへの登録も簡単
 4.Evernoteへの登録もラクラク






1.図書館日和とは?

図書館日和とは、最寄りの図書館の蔵書を検索するためのアプリです。
しかし、それだけにとどまらない、魅力的な機能がたくさん入っています。
ネットで見つけた気になる本、話の中で出てきた本などを、サッと検索して図書館で予約が出来たり、Evernoteに登録などもできてしまうそんなアプリです。


図書館日和 1.4.5(無料)App
カテゴリ: ライフスタイル, ブック
販売元: hiKnowledge Software - Hiroto Kusuda(サイズ: 3.9 MB)





2.図書館にその本があるか検索する

検索する方法は、2通りあります。
一つは、キーワード検索。もう一つは、バーコードを読み取って検索する方法です。

特に検索する本がなくても、他の人のオススメやTwitterでのつぶやかれている本を見ているだけでも、面白いです。
2015011001.png


さて、検索してみましょう。
最近気になっているハヤカワSFコンテスト大賞を受賞した「ニルヤの島」を検索してみます。



2015011002.png


あっさり、見つかりました。

2015011003.png



事前に済んでいる地域などを登録しておくと、自分の地域の図書館に蔵書されているか分かります。
もしも、あれば「貸出可」と表示されます。

2015011004.png



さらに、「貸出可」をタップすると、自分の地域のどの図書館にあるのかさえも一覧で出てきます。
もっとすごいことに、そこから予約までできます。
※予約に関しては、各地域の予約システムを使うことになります。

2015011006.png


気になって、「読みたい」と思ったら、すぐに予約できるのは、素敵ですね。



3.メディアマーカーへの登録も簡単

私の使い方としては、いきなり図書館で予約をすることは少なく、一度メディアマーカーに登録してしまいます。
後述しますが、Evernoteと連携を取っているので、後日、その中から本当に読みたい本を図書館に予約したり、購入したりしています。

メディアマーカーへの登録もこの図書館日和からできてしまいます。
というか、メディアマーカーのアプリがダメすぎるので、こちらから登録するのが良いです。
下にスクロールすると、様々なサービスと連携できるのが分かります。
メディアマーカーに限らず、自分のお使いのサービスを使うのが良いかと思います。

2015011005.png


メディアマーカーをタップすると、メディアマーカーのサイトに行くので、そこで登録してしまいましょう。
パスワードなども一度覚えさせておくと、繰り返し使えてラクです。

2015011007.png




4.Evernoteへの登録もラクラク

メディアマーカーは、Evernoteと連携させることが出来ます。
メディアマーカーでEvernoteを登録すると、登録した本がEvernoteの専用のノートブックに次々に登録されていきます。

2015011008.png


メディアマーカーのサイトの右側にEvernote連携などのツールがあります。
そこから、認証申請できます。
2015011010.png


ちなみに、Evernoteに登録されたノートはこんな感じです。

2015011009.png



図書館日和は本好きのための素敵アプリだ

もしも、皆さんが本を読むのが好きならば、これを導入しない手はないですよ。
「これ、近くの図書館にないかな?」
という疑問をすぐに解消してくれますよ。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/165-85beb586
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG