情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Gmailに最近追加された機能

2020年04月25日
Google 0
2020042500.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ここ半年ぐらいでGmailが何気にパワーアップし続けているので、何ができるようになったのかまとめてみました。ますます使い勝手がアップして、手放せなくなっています。非常に地味なアップデートもあるので、気づかれてない方も多いかもしれませんね。
そういうわけで、今回はGmailに最近追加された機能をまとめてみました。


  
【 Gmailに最近追加された機能 】  

 1.Gmailからビデオ会議ができるように

 2.複数のメールを添付できるように

 3.メールのタスク化が一発でできるように

 4.メールの検索が楽に








新型コロナウイルスの対応の関係で在宅勤務にシフトした人も多いのではないかと思います。その関係でビデオ会議などを実施しているところも多いかと思います。メールのやりとりから直接会話が始められると、シームレスで良いですよね。
それが、つい最近実現しました。

Googleには、Google Meets(旧Google ハングアウト)というビデオ通話サービスがあります。これは、これで非常に使い勝手の良いサービスなので、イチオシなのですが、サービス間の統合という意味では、Googleの良さを生かし切れていないなと思っていました。

それが、Gmailから直接、Google Meetsを始められるようになったのです。




ちなみに、G Suiteか、G Suite for Educationでないと、Google Meetsは使えません。Googleハングアウトでも似たようなこともできますが、もし可能なら企業で使用するなら、きちんとG Suiteに登録をした方が良いですね。





そもそもメールにメールを添付できると言うこと自体を知らない人も多いのではないかと思うのですが、実はできるのですよー。これができるので、他の人から来たメールをそのまま送って、概要を理解してもらったりするのに便利なんです。

で、色々メールとやりとりしていると、メールのスレッドが複数にわたったりするので、それを一気に他の人にお知らせするとき、メールを添付できるとラクですよね。

では、やってみましょう。

Image from Gyazo


ハイ!できました。
ちなみに、送られた側はどのように見えるか見てみましょう。
添付ファイルとして扱われるのです。

2020042501.png




で、クリックすると、このように新規ウィンドウが開かれて、元のメールを読むことができるのです。このメールは、Zapierに新しいサービスを接続したときのメールですね。

2020042502.png





前回の記事で書いた先日解禁されたばかりのアイコンの機能です。
届いたメールをワンクリックで、Google ToDoリストに登録できるというスグレモノです。




このようにタスクにスグ追加される。




情報管理LOGでは、タスクリストとして使うのも良いけど、メールへのショートカットとして使うと良いよ!と提案してみました。

メールのタスク化が一発でできるようになったよ→斜め上の使い方について





最後は、非常に地味すぎて、全く気づいていない人が大半なのではないか?と思える機能改善です。
一昔前のGmailは、「from:●●」みたいな検索子を入れないと複雑な検索ができませんでした。それが、やっと、ここ1,2年の間(いつだったか忘れた)で、非常に検索しやすくなりました。

こんな感じで複数の条件指定でメールの検索がラクになっています。

2020042503.png



まあ、これでもかなり便利になったわけですが、さらに快適になったのですよ!
例えば、●●さんから来たメールにpdfが添付されていたメールは、どれだったっけ?みたいなことを検索するために、Google検索だったら、何も考えずに「●● pdf」みたいに検索語句を半角スペースで連ねて検索しますよね?

それでGmailも検索してみると…

なんと!検索子が自動的に補完されるではありませんか!

2020042504.png



こいつは、便利すぎるぜ!
いちいち検索子を覚える必要も無いし、それっぽい検索語句を連ねるだけで良くなるなんて素敵な!
もう少し知られても良いなと思いました。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Gmailは、気づいたら便利になっている

もはやGmail以前のメールのやりとりとか思い出せないのですが、それぐらい日常のツールとして手に馴染んでいるということですよね。だからこそ、大きなUIやUXの変更をせずに、「あれ?こうだったっけ?」ぐらいな感じで使い勝手が上がっていくというのは、とても合理的なやり方だなと思います。


2020042505.png






関連記事

コメント0件

コメントはまだありません