情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Kindleでゴールデンウィークセールが開始!オススメ本を選んでみたよ

2020年04月26日
0
2020042600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Kindleでゴールデンウィークに向けた大型セールが開始しました。およそ、最大半額キャンペーンということで、かなりお得な感じになっています。
コロナウィルスの関係で不要不急の外出を控えるよう要請されていることもあって、なかなか思い切ってどこかへ行くということができそうにありません。そういうわけで、今回は、かなり思い切ってたくさんオススメ本をセレクトしてみました。いつもは、説明文が長すぎる感じでしたので、省略&短めにしてなるべくたくさん紹介できるようにしました。およそ5000冊ぐらいチェックした中でのオススメですので、インドアで楽しめる娯楽の一つとしてどうぞ!私も今回は、かなり購入しました。

  
【 Kindleでゴールデンウィークセールが開始!オススメ本を選んでみたよ 】  

 1.文芸系

 2.ビジネス系

 3.マンガ









横浜駅SF【電子特典付き】 (カドカワBOOKS)
柞刈湯葉(著), 田中 達之(イラスト)

5つ星のうち4.1
¥660

自己増殖する横浜駅という非常にぶっ飛んだ設定ながら最後までグイグイと強引に進んでいくすご技SFです。Web小説コンテストからの単行本化です。この世界観と設定ににハマると面白いです。

【併せて読みたい】
横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)
柞刈湯葉(著), 田中 達之(イラスト)

5つ星のうち4.3
¥654






Web記事でもかなり話題になっていました。元SDN48の人が、心を病み、仕事に行き詰まり、人生詰んだ状態で同居を始めたおっさんとの交流で徐々に自分を取り戻していく姿が描かれています。もちろん、ノンフィクション。あ、エッチなことは期待しないように!





バビロン」でかなり注目された野崎まどのまさに原点ともいうべき小説です。野崎まどは、怪物なんですよ。まずは、ここから読もう!
そして、続きが気になったら、この順番で読むのです。少なくとも途中はともかく最後は、絶対に「」で!
「アムリタ」→「舞面真面とお面の女」→「死なない生徒殺人事件」→「小説家の作り方」→「パーフェクトフレンズ」→「




BEATLESS 上 (角川文庫)
長谷 敏司(著)

5つ星のうち4.6
¥480

SFつながりということで、長谷敏司氏の作品から。こちらの作品もかなり面白いのですが、個人的には「あなたのための物語」とか「My Humanity」とかもオススメしたいのですが、残念ながら今回のセール対象ではありませんでした。もしも、読んでハマったらら、ぜひ読んでみてください。

【併せて読みたい】
あなたのための物語
あなたのための物語
posted with AmaQuick at 2020.04.26
長谷敏司(著)

5つ星のうち3.7
¥594

My Humanity
My Humanity
posted with AmaQuick at 2020.04.26
長谷 敏司(著)

5つ星のうち4.2
¥594





天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ(上)
小川 一水(著)

5つ星のうち3.5
¥0

第40回日本SF大賞を受賞した小川一水氏の大人気シリーズの1巻~3巻目にあたる作品が、現在0円になっています。
手に入れるチャンスですよ!

【併せて読みたい】
天冥の標Ⅰ メニー・メニー・シープ(下)
小川 一水(著)

5つ星のうち4.8
¥0

天冥の標Ⅱ 救世群
天冥の標Ⅱ 救世群
posted with AmaQuick at 2020.04.27
小川 一水(著)

5つ星のうち4.2
¥0




数学ガール」の人の作品ではありません。でも、論理思考について垣間見たいならば、これを読むのはありですよ。

【併せて読みたい】
数学ガール
数学ガール
posted with AmaQuick at 2020.04.26
結城 浩(著)

5つ星のうち3.9
¥1,782





熊と踊れ 上 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ ルースルンド(著), ステファン トゥンベリ(著), ヘレンハルメ 美穂(翻訳), 羽根 由(翻訳)

5つ星のうち3.3
¥891

スウェーデンで起こった実際の銀行強盗事件を題材にした家族の物語。上下巻なのですが、読み始めると一気に最後まで読みたくなること請け合いです。




ロボット・イン・ザ・ガーデン ロボット・イン・ザ・シリーズ
デボラ・インストール(著), 松原葉子(翻訳)

5つ星のうち4.1
¥655

「ロボット・イン・ザ~」シリーズの最初の巻です。とにかくこのロボットとロボットよりもポンコツな主人公との珍道中が、ものすごく和みます。主人公の成長物語としても読める素敵な物語です。

【併せて読みたい】
ロボット・イン・ザ・ハウス ロボット・イン・ザ・シリーズ
デボラ・インストール(著), 松原葉子(翻訳)

5つ星のうち4.4
¥631

ロボット・イン・ザ・スクール ロボット・イン・ザ・シリーズ
デボラ・インストール(著), 松原葉子(翻訳)

5つ星のうち4.3
¥631





くちびるに歌を
くちびるに歌を
posted with AmaQuick at 2020.04.26
中田永一(著)

5つ星のうち3.8
¥470

田中永一=乙一と知らない人もいるのではないかと思われますが、同一人物です。乙一といえば、切ない&残酷な物語が持ち味だったりしますが、それを期待すると肩すかしを食います。むしろ爽やかな青春小説です。映画化もされていたはず。




ゴーン・ガール 上
ゴーン・ガール 上
posted with AmaQuick at 2020.04.26
ギリアン・フリン(著), 中谷友紀子(翻訳)

5つ星のうち3.7
¥578

ある日消えた妻を追う夫の話なのですが、妻側の日記視点と合わさることで、この物語に仕組まれた仕掛けが発動します。「ゴーン・ガール」というタイトルの秀逸さよ。




ヒルクライマー
ヒルクライマー
posted with AmaQuick at 2020.04.26
高千穂遙(著)

5つ星のうち3.9
¥501

自転車もの好きなんですよ。近藤史恵氏の「サクリファイス」ももちろん大好きです。外に出られない鬱憤を小説を読んで消化しましょう。

【併せて読みたい】
サクリファイス(新潮文庫)
近藤史恵(著)

5つ星のうち4.1
¥484






山つながりでもう1冊。こちらは、山小屋のバイトを通して様々な人達とのつながりが素敵な物語です。山に行きたくなるわ!




短歌ください (角川文庫)
穂村 弘(著)

5つ星のうち4.5
¥305

ダヴィンチに連載をまとめたものなのですが、一般の人が投稿した短歌の数々がなかなかスゴイのですよね。グッときます。




虫の文学誌
虫の文学誌
posted with AmaQuick at 2020.04.26
奥本大三郎(著)

5つ星のうち5.0
¥2,564

元々4000円ぐらいした本が半額に!
古今東西の虫に関わる逸話を基にしたエッセイなのですが、ものすごい読み応えがあります。




ウォールデン 森の生活 上
ヘンリーD・ソロー(著), 今泉吉晴(翻訳)

5つ星のうち4.2
¥655

山、虫ときたので、古典の名作を併せてオススメしておきます。様々なところで引用されたりする作品ですが、原典にあたってみると良いですよ。ソローって人は、かなりの変わり者だと思うよね。




コーヒーはぼくの杖~発達障害の少年が家族と見つけた大切なもの
岩野 響(著), 岩野 開人(著), 岩野 久美子(著)

5つ星のうち4.8
¥660

これ、すぐに見つけられなくて申し訳ないのですが、記事として取り上げられていましたよね。なぜにコーヒーの焙煎師とか思う人もいるかもしれませんが、ぜひ読んでみて欲しいと思います。障害を抱えた家族と本人の達の悩みと葛藤と、前向きな未来に向ける目。こんな状況だからこそ力が涌きます。







ビジネスマンにとって哲学って何の意味があるの?と思っている人は多いと思いますが、そういう人達の思考を先取りしたように、実際に役立つ、または知っておいた方が世界の理解が深まる事柄が、非常にコンパクトに載せられています。まずは、社会人にとっての入門編と思って読むと良いです。

【併せて読みたい】





バリュー・プロポジション・デザイン  顧客が欲しがる製品やサービスを創る
アレックス・オスターワルダー(著), イヴ・ピニュール(著), グレッグ・バーナーダ(著), アラン・スミス(著), 関 美和(翻訳)

5つ星のうち4.6
¥1,540

バリュープロポーションって何?という方も多いと思われますが、これらの企業の経営に欠かせない考え方の一つです。日本では、「100円のコーラを1000円で売る方法」の永井孝尚師が、その考え方について早くから提唱していましたね。
このシリーズ面白いので、他のもぜひ読んで参考にしてみてください。

【併せて読みたい】


ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書
アレックス・オスターワルダー(著), イヴ・ピニュール(著), 小山龍介(翻訳)

5つ星のうち4.1
¥1,364





EXTREME TEAMS(エクストリーム・チームズ)
ロバート・ブルース・ショー(著), 上原 裕美子(翻訳)

5つ星のうち4.4
¥462

ほとんどの会社員にとってプロジェクトにチームで取り組んでいるはずです。そのチームをどう作り上げるべきなのかについて有名企業の実際の取り組みなどを例に挙げながら紹介しています。




実践版GRIT やり抜く力を手に入れる
キャロライン・アダムス・ミラー(著), 藤原 弘美(翻訳), 宇野 カオリ(監修)

5つ星のうち4.3
¥501

人間の社会での成功は、「やりぬく力」だと良く言われます。確かに幼児から子ども社会に至るまで、我慢強くやり抜く子が伸びている印象がありますよね。この本は、そのやりぬく力をどのように身につけるか?ということについてかなり実践的に書かれています。




VR原論 人とテクノロジーの新しいリアル
服部 桂(著)

5つ星のうち3.8
¥1,210

私が、最近非常に注目しているテクノロジーの一つにVRがあります。まだまだ、色モノやエンターテイメント的に見られることが多いですが、コンピューティングのブレイクスルーになるのではないか?と見ています。さて、この本ですが、なんと30年前の内容なんですよ!しかし、今読んでも全く古さを感じさせません。かなり加筆されていますが、30年前からの系譜が理解できるハズです。

【併せて読みたい】
VRは脳をどう変えるか? 仮想現実の心理学 (文春e-book)
ジェレミー・ベイレンソン(著), 倉田 幸信(翻訳)

5つ星のうち3.7
¥1,935






東日本大震災において壊滅的な打撃を受けた老舗醤油蔵が、再建を目指し奮闘した5年間の記録です。今回のコロナウィルスで多くの企業が打撃を受けていると思いますが、ぜひともこの本に書かれている精神で乗り切りたいですね。





都会というよりも地方自治体において、どのようにITをい生かして情報発信すべきか?ということについてかなり具体的に踏み込んだ内容の本です。




なんで水には色がないの?
五百田達成(著)

5つ星のうち4.7
¥677

長期休みの時期になると子ども何でも相談のラジオ番組が無性に楽しみなのですが、それの本verです。子ども向け?と思いきや、大人が読んでも十分以上に面白いのです。





WorkFlowyというのは、オンラインのアウトラインプロセッサです。今では、ようやくアウトラインプロセッサについて世間での認知が高まってきましたが、そのブームのきっかけとなったサービスの一つです。私もこの本をきっかけにWorkFlowyに興味を持ちました。アウトライナーについては、もっと広がって欲しいなと思うのですよね。

【併せて読みたい】









マンガに関しては、冊数が多すぎなので、いちいち説明入れません。









イムリ 25 (ビームコミックス)
三宅 乱丈(著)

5つ星のうち4.7
¥393


日常(1) (角川コミックス・エース)
あらゐ けいいち(著)

5つ星のうち4.2
¥295


超人ウタダ 1
超人ウタダ 1
posted with AmaQuick at 2020.04.26
山本康人(著)

5つ星のうち3.0
¥0




ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 (1) (角川コミックス・エース)
足立 いまる(著), しめさば(その他), ぶーた(その他)

5つ星のうち4.4
¥338


罠ガール(1) (電撃コミックスNEXT)
緑山 のぶひろ(著)

5つ星のうち3.9
¥311


生理ちゃん
生理ちゃん
posted with AmaQuick at 2020.04.26
小山 健(著)

5つ星のうち4.4
¥654




ネムルバカ (RYU COMICS)
ネムルバカ (RYU COMICS)
posted with AmaQuick at 2020.04.26
石黒正数(著)

5つ星のうち4.3
¥275


スーパーカブ(1) (角川コミックス・エース)
蟹丹(著), トネ・コーケン(その他), 博(その他)

5つ星のうち4.3
¥319




GUNSLINGER GIRL(1) (電撃コミックス)
相田 裕(著)

5つ星のうち4.0
¥303


ぼくらのへんたい(1) (RYU COMICS)
ふみふみこ(著)

5つ星のうち4.8
¥330


繭、纏う 1 (ビームコミックス)
原百合子(著)

5つ星のうち4.6
¥380






BLUE MOMENT ブルーモーメント Vol.1 (BRIDGE COMICS)
小沢 かな(著), 荒木 健太郎(監修)

5つ星のうち5.0
¥355








 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 せっかくのゴールデンウィークですが

せっかくのゴールデンウィークですが、お出かけもままならないようなので、おとなしくインドア三昧しておこうかと思っています。そういうわけで、本や漫画をしこたま買って、籠もろうではないですか!


関連記事

コメント0件

コメントはまだありません