TOP > > title - 年末年始に読んで「おっ!」となった本5選

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

年末年始に読んで「おっ!」となった本5選

この年末年始にかけて、普段読み切れなかった本などを一気に読みました。
そこで、この年末年始に読んだ本で、個人的に勉強になったり、心動かされた本を紹介します。



  
【年末年始に読んで「おっ!」となった本5選】  
 1.「シンプル・プレゼン」:ガー・レイノルズ
 2.「オービダル・クラウド」:藤井太洋
 3.「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」:マイケル・ルイス  
 4.「行動分析学入門」:杉山 尚子
 5.「失踪日記2 アル中病棟」:吾妻ひでお





※注:順番は特に意味はありません。Evernoteに記録されている順番に載せただけです。

1.「シンプル・プレゼン」:ガー・レイノルズ

ガー・レイノルズといえば、「プレゼンテーションZEN」で、ごちゃごちゃしたパワーポイントのプレゼンテーションに渇を入れてくれた方です。
そして、私がこの数年の中で、大いに影響を受けた本でもあります。もしも、みんなが眠くなるようなプレゼンテーションをしているならば、すぐに読んだ方が良いです。
そのより実践に近い本が、本書です。
実際にプレゼンを作る際に気に留めなくてはならない点、準備するものやこと、などについて書かれています。
また、前作の「~Zen」でも示された、ダメなプレゼンと良いプレゼンの違いについて、かなり分かりやすく開設してくれています。なお、こちらには、実際のプレゼンテーションのDVDまで入っているというおまけ付きでした。
お得感は、こちらの方が高いかも。



2.「オービダル・クラウド」:藤井太洋

Kindleで「Gene Mapper」というSFでデビューし、一躍注目された方の作品。
こちらも、ジャンルとしてはSFになりますが、近未来というよりも現在起こってもおかしくないというような設定で書かれています。
軌道上に浮かぶ人工衛星が、アッと驚くような手法でテロに遭うという物語です。
もしも、現在、人工衛星が消滅してしまったら…恐ろしいですね。
テロの手法としても、あり得るかもしれないと思わせるところが、すごかったです。



3.「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」:マイケル・ルイス

昨年末に読んで衝撃を受けた本です。
いや、衝撃は受けていないな。それよりも、やはりそんなことになっていたかという思いが先に立った本です。
ジャンルとしては、ノンフィクションになります。
株式取引が電子化されて、アルゴリズムによる取り引きが支配している中で、利益のさやどりを公然としているフラッシュボーイズ(10億分の1秒の世界で取引をしているコンピュータを操っている人たち?)とそれに立ち向かうために、新たな証券取引所を開設しようとしている人たちの物語です。
ちなみに、著者であるマイケル・ルイスは、「マネー・ボール」で、映画化もされている方ですね。
そちらも、オススメ本です。



4.「行動分析学入門」:杉山 尚子

最近、行動分析学に関する本を続けて読んでいるのですが、その中でも入門書として読み始めるのに、とても良かった本です。
人が行動できない理由やまたは逆にやってしまう理由を行動随伴生という考え方で読み解いていくという学問なのですが、自分自身に当てはめながら読んでいくと、その「あるある」っぷりに目から鱗が落ちました。
最近では、つい「好子出現の強化だな。」などと、解釈してしまう自分がいます。
子育てをしている方も読むと良いかもしれないです。
他の著者の方ですが、「メリットの法則 行動分析学・実践編」という本も良くまとまっていて、分かりやすかったです。


5.「失踪日記2 アル中病棟」:吾妻ひでお

お正月にお酒を飲みながら(!)読んでしまったマンガです(本じゃなかった)。
前作の「失踪日記」は、いろんな意味でぶっ飛んだ内容でしたが、こちらは入院生活に焦点を絞った内容です。
あまり書くとネタバレになってしまうのですが、かなりリアルなアル中患者の皆さんの生活が垣間見られます。
でも、あまり暗くならず、何となく笑いながら読めてしまえるのが、この人の作家性であり、力量なんだろうなと思います。
お酒は好きだけど、アル中はかなり苦しそうだなぁ…と最後はしみじみ。



 今年は色々な本を読もうと思います

上記に上げた以外も、けっこう読んでいたのですが、できれば今年は「誰かが読んでいるから」ではなく、自分にとって必要か?という視点の読書もしていきたいなと思います。
自分のEvernoteには、まだ「これも読まなくては!」という本のリストが、いっぱいあります。
少しでもこのリストを減らせるように読もうと思います。
さて、どうなるやら。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/167-59fbc571
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG