情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

印刷された文字のテキスト化(OCR)は、もっぱらLINEとGoogle検索使ってるよ

2020年05月17日
アプリ 0
2020051700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
情報管理LOGのお得意記事の一つにOCR関係の記事があるのですが、ここ最近はどのアプリもかなり精度が高くなってきて、困ることが少なくなってきました。そのため、今までと違い、一番ラクにできるものを求めている自分がいます。
今回は、そんな私が、最近OCRアプリとしてLINEとGoogle検索をメインで使っているよというお話です。


  
【 印刷された文字のテキスト化(OCR)は、もっぱらLINEとGoogle検索使ってるよ 】  

 1.OCRって何?

 2.LINEのOCRめちゃラク

 3.Google検索も負けてないよ








そもそもOCRって何?という方もいらっしゃると思われますので、超簡単に説明すると

印刷されている文字を読み取り、テキスト化する技術

です。
日本語で書くと「光学文字認識」ってなります。
OCRは、Optical character recognitionの略ですね。

詳しくは、このあたりを読んでみてください。

光学文字認識



情報管理LOGでは、たびたびOCRがらみの記事を書いており、1大コンテンツになっています。以下にOCR関係の一部(!)を挙げておきますね。良かったらつまみ食いで読んでみてください。

【関連記事】
LINEのOCRがさらに使いやすくなったよね - アプリ
GoogleフォトでOCRができるようになってテキストを抽出できるようになりました - Google
「文字起こし ばりぐっどくん」vs LINE OCRの性能対決をしてみた - アプリ
LINEでOCRできるって知ってた? - アプリ
Microsoft PixでOCRができるようになったよ! - アプリ
OneNoteでも超簡単にOCRできるのです - ソフト
OneDriveでもOCRできるって知ってた? - Webサービス
Office Lens VS Google KeepのOCRガチンコ対決! - アプリ
Google Keepでいつの間にか日本語のOCRもできるようになってた! - Google
アナログ読書でのデジタル読書メモ術 - iPhone
リアルタイムにOCRをしてくれる「もじかめ」を紹介するよ - iPhone
Office LensとSccanerProのOCRの性能を比較してみた - iPhone
ScannerProが、とうとう日本語OCRにも対応したぞ! - iPhone


と、かなりOCR系に関して記事を書いてきたのですが、今までは文字認識の精度云々が割とメインのテーマでした。しかし、ここ最近は、どこもなかなかの精度なので使い勝手が良いもの、ラクに使えるものをメインで愛用しています。

最近愛用しているのが、今回紹介するLINEとGoogle検索アプリです。
めちゃくちゃメジャー級ですよね。でもね、それが非常に良いのですよ。





1つ目は、LINEです。ええ、あの日常的にみなさんがお使いになっているあのLINEです。
これですね。

LINE
LINE
開発元:LINE Corporation
無料




すでにお気づきの人も多いかも知れませんが、LINEでは画像からOCRかけることができます。
LINEのトーク画面で画像をタップすると、このように表示されますよね。
この時に右上の「A」の部分をタップすると…




このように文字が認識されるのです。




認識された文字を指でなぞると、このように画像の文字がテキスト化されます。

2020051701.png



しかも、翻訳までできちゃう。

2020051702.png



実は、トーク画面に投稿された画像以外でもできます。
1つ目は、LINEのカメラでやる方法です。




「OCR」という部分をタップすると…





ハイ!できてる!!





もう1つは、トークとニュースのメイン画面の上の方にあるこの部分からもOCRできます。




このテキスト変換をタップすれば、先ほどと同じくOCRできます。
LINEは、1日に何度も立ち上げるアプリなので、OCRのためだけに立ち上げる必要が無くて、気が楽なんですよね。何気に精度高いし。





先週書いた記事ですが、ここで書いた「Googleレンズ」が滅茶苦茶使い勝手が良いのですよ。ここ最近では、神アップデートと言って差し支えないのではないか?と思います。

Googleレンズが、OCRした文字をPCに送る機能が便利すぎる

Googleレンズというのは、以下のアプリに含まれています。

 ・Googleレンズ(Androidのみ)
 ・Googleアシスタント(Androidのみ)
 ・Googleフォト(Android、iOS)
 ・Google検索(iOSのみ)

iOSだと使う場面が多いのは、圧倒的にGoogle検索ですね。

Google アプリ
Google アプリ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ


Google レンズ
Google レンズ
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ



Google検索アプリを開くとすぐに表れる検索窓の右側にあります。これですね。




タップすると、カメラが起動します。それを読み取りたいものにかざすだけで…瞬間的にOCRされる!!




OCRされた部分をなぞると、テキストが下に出てきます。




それだけだったら、神アップデートなんて言いません。
本題は、ここからです。
OCRされた文字列をなぞると、テキストが下に出てくるのですが、「パソコンにコピー」という項目が出てくるのが分かるかと思います。




これをタップすると、Chromeが立ち上がっていて、同じGoogleアカウントでログインされている一覧が出てきます。そのPC名をタップすると





すると、瞬間的にPCのクリップボードのコピーされるのです。
実際にPCのメモ帳で貼り付けてみると、ハイできた!




印刷された文字を打ち込むのが、馬鹿らしくなる速度感です。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ラクに早く

また、近いうちに記事にしようかと思いますが、本を読んでいるときの読書メモや引用を残す派、本当に楽すぎて、かつてが信じられないぐらいです。また、出先で配付された資料の必要部分のみをサクッとテキスト化して、メールで送るなんて、秒レベルの速度感になりました。そういうわけで、最近は、LINEとGoogleのOCR最高だよという話でした。







関連記事

コメント0件

コメントはまだありません