情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Kindle月替わりセールでオススメをピックアップしてみました【2020年6月版】

2020年06月19日
0
2020061800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
月替わりセールでこれをやるのは、ものすごく久しぶりですね。というのも最近の月替わりセールイマイチだったので、記事を書くに至らなかったのですよね。でも今月は、割と面白いのではないでしょうか。
というわけで、情報管理LOG的オススメ本をピックアップしてみました。






アートディレクターという仕事が、徐々に日本でも認知されつつありますが、世界のトップ企業から遅れをとること半周以上といった感じなんですよね。未だに企業の中で一貫したコンセプトの確立や、デザインナーと協同で作り上げるという感覚が乏しく、見た目だけ最後に整えるために雇うぐらいのイメージしか持ち合わせていないように思われます。しかし、現在のトップ企業がいかにそのあたりのことを大事にしているかが、読み取れるはずです。これ、ビジネスリーダーだけではなくても読んだ方が良いよ。




東方見聞録 1 (平凡社ライブラリー326)
マルコ・ポーロ(著), 愛后 松男(翻訳)

5つ星のうち3.4
¥549

間違いなく書名だけは超有名ですが、どれほどの方が、実際に読んだことがあるでしょうか?黄金の国ジパングとして紹介されたみたいな記憶の方がほとんどでしょうが、実際に紹介されているのは、2巻目のわずか15ページほどしかありません。しかも、超絶適当なほとんど空想で書いたんじゃねーの?と思わず苦笑してしまうレベルの記述のみです。
でも、このおかげで、日本と海外との交易が、加速していったのは間違いないので、結果オーライという感じでしょうかね。今となっては、クライアントからお金を引き出すためのマルコ・ポーロの眉唾旅行記みたいな感じですが、それでもヨーロッパ人から見た、アジア地域の様子が垣間見えます。

東方見聞録 2 (平凡社ライブラリー327)
マルコ・ポーロ(著), 愛后 松男(翻訳)

5つ星のうち4.3
¥549






復刻版 ラフカディオ・ハーンのクレオール料理読本
ラフカディオ・ハーン(著), 鈴木 あかね(翻訳), 河島 弘美(監修)

5つ星のうち4.5
¥660

日本に多いラフカディオ・ハーン(=小泉八雲)による昔のニューオリンズの料理紹介本です。なんとレシピが400近く載せられています。昔のニューオリンズって、様々な文化が混じり合う都市だったので、その文化のごたまぜ感がレシピにも表れているのが、面白いのですよね。アジア系があったと思ったら、ヨーロッパ系もあったり、微妙に混じり合っていたりとかね。





文化つながりでもう1冊。
世界各国を渡り歩き、ビジネスシーンで活躍した著者による異文化理解の入門書です。それぞれの国におけるマナーや考え方などのTipsが、たくさん載せられています。一つ一つの量は、物足りなさを感じるかもしれませんが、通読すると異文化理解をするにあたっての心構えや考え方が理解できるはずです。日本人は、割と日本人同士で固まりたがり、他国への偏見が拭えない人が多かったりしますが、まずはこういう本から入っていくと良いかもしれません。




信念に生きる ― ネルソン・マンデラの行動哲学
リチャード・ステンゲル(著), グロービス経営大学院(翻訳), 田久保善彦(翻訳)

5つ星のうち4.5
¥1,045

以前も紹介したような気がしますが、何度でも紹介します。
南アフリカにおいて、反アパルトヘイト活動、そして人種差別の撤廃による普通選挙の実施など、民主化に向けて強い意志と決意で臨んだ姿からリーダーのあるべき姿について描かれています。彼の近くで記者を務めた方が、彼の行動原理などをつぶさに観察して得られた知見が書かれています。彼の偉業と共に理解するには、最適な1冊です。




ゼロから学ぶプロの技 神技作画
toshi(著)

5つ星のうち4.0
¥499

作画の基本について実例を多用しながら、丁寧に解説しています。自分物描写の考え方について、コラムまで含めて読むと、けっこう力がつくのではないか?と思います。ゼロからとは言えないかもですが、絵が上手くなりたいと思う人が読むと、かなり力が付くような気がしますね。
アンリミ入っている人は、タダで読めます。




THE男前 燻製レシピ77
THE男前 燻製レシピ77
posted with AmaQuick at 2020.06.19
岡野 永佑(著)

5つ星のうち4.0
¥528

最近、燻製ハマっているんですよねぇ。
だって、ずっとステイホームだったじゃないですか。その関係で家でできることの楽しみの一つが、燻製でした。
もうね、燻製オススメですよ!そういうわけで、この本では初級者から上級者までの燻製レシピが丁寧に載せられています。





こういう海外のレポ好きなんですよね。この著者は、NPOで様々な国々などで活躍している方のようです。映画監督などもされているようですが、主に国際支援や防災教育関係で現地に入って、支える活動をしている方です。ウガンダ共和国って「アフリカにある国だよね」ぐらいのイメージしかない人が多数だと思います(私もその一人でした)。一緒に7年間ともに生活する中で見えた、彼らの幸せについての価値観や、支援の必要性など多面的に読めるはずです。中高生にも読んでもらいたいですね。




『山と食欲と私』公式 日々野鮎美の山ごはんレシピ
信濃川日出雄(監修)

5つ星のうち4.4
¥454

これも、何度か紹介していますよね。
マンガ「山と食欲と私」に載せられていた料理のレシピ本です。コロナの関係で、登山やアウトドアができなかった欲求が溜まりまくっていますが、こういう本を読んで、機会に備えましょう。

【併せて読みたい】
山と食欲と私 1巻: バンチコミックス
信濃川日出雄(著)

5つ星のうち4.4
¥465






非認知能力とは、コミュニケーション能力や思いやり・共感性、忍耐力・自制心、意欲・向上心のようなテストなどで数値化できない能力のことを指します。様々な研究で、社会的な成功を収めている人の傾向として、この非認知能力が非常に重要な役割を果たすことが分かってきています。でも、この非認知能力ってどうやって伸ばせば…と悩んでいる人は、ぜひ読むと良いでしょう。

【併せて読みたい】
成功する子 失敗する子 ― 何が「その後の人生」を決めるのか
ポール・タフ(著), 高山真由美(翻訳)

5つ星のうち4.2
¥1,782


マシュマロ・テスト 成功する子、しない子 (早川書房)
ウォルター ミシェル(著), 柴田 裕之(翻訳)

5つ星のうち3.7
¥891





最後は、平凡社ライブラリーから。今月の月替わりセールは、この平凡社ライブラリーからたくさん出ていました。オススメ本を挙げておきますね。

増補 無縁・公界・楽 (平凡社ライブラリー150)
網野 善彦(著)

5つ星のうち4.3
¥549


思考と動き (平凡社ライブラリー784)
アンリ ベルクソン(著), 原 章二(翻訳)

5つ星のうち5.0
¥549


丸山眞男セレクション (平凡社ライブラリー700)
丸山 眞男(著), 杉田 敦(編集)

5つ星のうち5.0
¥549


自分ひとりの部屋 (平凡社ライブラリー831)
ヴァージニア・ウルフ(著), 片山 亜紀(翻訳)

5つ星のうち5.0
¥549






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 今月は比較的良いぞ

月替わりセールは、当たり外れが多いのですが、今月は比較的当たりが多い感じでした。気になった作品だけでもぜひ、ダウンロードしてみてください。

教育・学参関連本キャンペーン」もやっているので、こちらも是非見てみると良いですよ。

2020061801.png


関連記事

コメント0件

コメントはまだありません