情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

情報管理LOGが、WWDC20で気になった4つの新機能まとめ

2020年06月24日
iPhone 0
2020062300.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
WWDC20でついに色々発表されましたよね。直前の予想では、脱Intelぐらいが大きく取り沙汰されていましたが、たくさんワクワクするような発表がなされましたよね。
今回は、情報管理LOG的に「これは!」と思った、あまり注目されていない機能も含めてピックアップしてみました。

  
【 情報管理LOGが、WWDC20で気になった4つの新機能まとめ 】  

 1.標準ブラウザが変更可能に

 2.ホーム画面にウジェットを置けるようになった

 3.車の鍵になるCarKey

 4.Apple Pencil関係








2020062301.png

iOS14は、なかなか素敵な機能が盛りだくさんで何を紹介するか迷いましたが、自分の中では、地味ながらもこれが一番トップに上がります。今までiOSでは、メールやブラウザは、Apple純正が標準アプリとして紐付けられていました。なので、URLをクリックすると、Safariが立ち上がり、メールアドレスをクリックすると、標準のメールアプリが立ち上がるという仕様でした。自分的には、ブラウザはChromeであり、メールはGmailというGoogleっ子なので、この仕様には悩まされていました。そのため、SiriショートカットやOpenerというアプリなどで、無理矢理Chromeを立ち上げていたのです。

Opener
Opener
開発元:tijo, inc.
¥250
posted withアプリーチ


今まで頑なに標準アプリに無理矢理寄せていた姿勢が軟化し、とうとう選択可能になったというではありませんか。これは、かなり喜ばしいですよね。
まあ、昨今のEUの動きなども考えると、さもありなんとは思いますが、嬉しいことこの上ないです。





2020062302.png


今回のWWDC20で一番注目を集めていたような気がするのがこれですね。
今までは、ホーム画面を右にスワイプするか通知センターをスワイプして出すしか方法のなかったウィジェットをホーム画面から直接呼び出せるというのは、便利度は上がりますよね。というか、Androidは、かなり初期の頃からやっていたので、今さら感は相当ありますが…。

それでも、すぐに視認できる位置にウィジェットが来ると、ウィジェットそのものの位置づけも変わるかもしれませんよね。ランチャー的なウィジェットが、再び盛り返してくるかもしれません。あと、最近のiPhoneは、大きく縦長になりすぎて、上の方に指が届かない問題が発生してきているので、ウィジェットが対応することで、そういうのの緩和になると良いかもしれないですね。

あと、App Libraryもホーム画面の整理という面では、すごく気になっています。使ってみないと分からないですけどね!

2020062303.png





2020062304.png


今や世界の新車の80%以上がCarPlayに対応しており、アメリカに至っては97%にも上がっているのですよね。日本の車シーンでは、やや想像しがたい感じではありますが、もはや専用カーナビの時代は終わりつつあるなと考えています。日本車が、またもや世界のガラパゴス状態にならなければよいなと祈るばかりです。

さて、そんなiPhoneと車の関係が、さらにもう一段階上がりそうです。
このCarKeyという機能は、iPhone自体が車の鍵になるというものです。確かに四六時中iPhoneを持ち歩いている状態から考えると、むしろ車の鍵とiPhoneを二重に持っている必要は無いような気がしてきます。

iPhoneのNFCを用いてドアを開け、さらに車のダッシュボード上にiPhoneを置いてエンジン始動とか未来だよ!さらに、このCarKeyのすごいところは、車のキーをメッセージアプリなどを通じて、シェアできるところです。でも、セキュリティ的な部分は気になりますよね。というわけで、滅茶苦茶気になるけど、様子見ですね。そもそも、まずはBMWしか対応しないようだしね。







2020062305.png


最後が、自分の中の大本命ですね。
iPad OS14の新機能です。
この中でApple Pencilに関わる機能が大幅に拡充されました。自分の中では、その中でも2つの機能に注目しています。

まず、1つ目が「Scribble」です。

これは、書いた文字をテキストにしてくれる機能です。GoodNotes5ではお馴染みの機能ですね。これが、公式に対応してくれるというならば、非常に喜ばしいです。もしも、これが可能になれば、iPadの画面をApple Pencilでタップ→メモ帳起動→手書き→あとでテキスト変換みたいに使えるということじゃないですか。素晴らしすぎる。
メモ帳だけではなく、リマインダーやSafariのアドレスバーにも直接書き込めるって素晴らしくないですか?Apple Pencil愛好家として、これ以上のアップデートはないなと思っています。

2つ目は、「Data detectors」です。

これは、書いた文字のうち、電話番号や住所を自動認識して、電話をかけたり地図を開いたりできるというものです。もしかしたら、URLなども認識してくれたら最高ですね。

ほとんど、GoodNotes5じゃないか?と思わないでもないですが、標準アプリレベルで対応してくれると、さらにペンの可能性が広がりますよね。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 未来に向いてる!

今回のWWDC20は、新ハードウェアの発表こそ無かったものの、とても未来を感じさせるものでした。あとは、おま国問題に悩まされなければ良いなと願うばかりです。特にApple Pencil関係のアップデートは、ぜひとも日本語対応を切に願っています。


Apple Pencil(第2世代)
Apple Pencil(第2世代)
posted with AmaQuick at 2020.06.24
Apple(アップル)

5つ星のうち4.7
¥15,286


Apple Pencilケース - (PRODUCT)RED
Apple(アップル)


¥3,878



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません