情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

GoogleドキュメントでWebサイトを構築できるNocodeを使ってみた

2020年07月19日
Webサービス 0
2020071800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
ものすごく簡単にWebサイトを構築するというサービスは、世の中にずいぶんたくさん出てきましたが、今回紹介する「Nocode」は、その中でもトップレベルの簡単さでサクッと構築できるサービスです。なんと、GoogleドキュメントをそのままWebサイト化したり、ブログ化できたりできるのです。これは、使わない手はなさそうです。
今回は、この「Nocode」で簡易的なサイトを構築してみたよという記事です。


  
【 GoogleドキュメントでWebサイトを構築できるNocodeを使ってみた 】  

 1.Nocodeというサービス

 2.実際に作ってみた

 3.こんなことに使えるかも








先日、こんな記事が上がっていました。

Googleドキュメントでブログが作り放題になるWebサービス「Nocode」を使ってみた! - paiza開発日誌

へー、ブログの記事作成部分をGoogleドキュメントに任せてしまうやり方か!なるほど、これは面白い。

まさに、このサービス名のようにコードを書かなくてもできてしまうサービスというわけですね。上の記事では、ブログをGoogleドキュメントで作成していました。

Nocodeは、こちらのサービスです。

Nocode Works


これは、試してみるしかありませんね。





というわけで、実際に試してみました。
始めるのは、超簡単です。「GET STARTED」をクリックしましょう。

2020071801.png



「Sign in with Google」をクリックして、自分のアカウントを選択しましょう。

2020071802.png



Nocodeに許可を与えます。

2020071803.png



さて、そうすると、すぐに使えるようになります。おぉ、簡単。
まずは、「ブログ」「ドキュメント」「ポートフォリオ」「イントラネット」から選べます。もちろん、ゼロからもできます。

2020071804.png



今回は、「Documentation」を選んでみました。
これが、編集画面です。3カラムでサイトができるみたいです。

2020071805.png



まずは、左上のロゴをやってみます。
クリックすると、ロゴやファビコンやサイト名の設定ができます。しかも、単にローカルの画像をアップロードするだけではなく、Googleドライブからもファイルを追加できます。このあたり、非常に楽ちんな仕様ですね。

2020071806.png



次に本文の作成をしていきます。「Edit Document」をクリックします。

2020071807.png



そうすると、Googleドキュメントが別タブで立ち上がります。
そこを普通にドキュメントを記述するように、文字を打ったり、リンクを挿入したり、画像を貼ったりしてみます。

2020071808.png



しかも、Googleドキュメントだから保存の概念がないので、気軽にできます。元のNocodeのページを見てみたら、ちゃんと反映されています。この気軽さよ!

2020071809.png



次は、サイドメニューをやっていきます。「ADD CONTENT」をクリックすると、既存のGoogleドライブから挿入したり、Googleドキュメントから新規作成できたりします。新規作成の方でやってみましょう。

2020071810.png



2ページ目は、Twitterの埋め込みコードを貼ってみたり、表を入れてみたりしてみました。Twitterの埋め込みコードは、ダメでしたね。でも、表は簡単ですね。

2020071811.png



こんな感じで更新されていきます。うん、普通にすごいラク。

2020071812.png



それでは、公開してみましょう。
右上のアイコンをクリックして、「Build Website」をすると公開されます。

2020071813.png

2020071814.png



公開されたサイトは、こちらになります。

Nocode Website


ドメインのカスタマイズなどは、有料になるようです。





ペライチサイトなど使い捨てで、サクッと作るには、これ以上ないぐらいに簡単ですね。

情報管理LOG的には、コレで終わってしまっては、やや物足りないので、いくつか提案したいと思います。

1.コラボレーションサイト
Googleドキュメントの特徴としては、共同編集ができるということが挙げられます。一人でサイト構築でも良いのですが、その特徴を最大限に生かすならば、複数人でコラボレーションして、共同構築することも簡単にできそうです。

お互いに修正したり、作成するパートを分業にしたりとか色々できそうです。



2.書き起こしサイトの構築
Googleドキュメントと言えば、音声入力がなかなか強力なので、自分の動画とか、講演の書き起こしを音声入力でできます。通常のWebサイトでは、なかなかサクッとできないけれども、これだったらすぐにできそうですよね。公開までの敷居が低いのも良いですよね。



3.スプレッドシートを使ってリアルタイム更新
Googleドキュメントには、スプレッドシートを埋め込んだり、グラフを入れたりできます。ということは、スプレッドシート側で更新したら、リアルタイム反映ができるということですよね。このあたり、即座にグラフや数値を変更したいというなら、使えるのではないかと思います。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 サイト構築がラクなのは良いね

まあ、ぶっちゃけGoogleサイトというのもあるのですが、3カラムで作成できたり、ちゃんと更新作業を経ないと更新されない仕組みがあったりするので、便利ですね。色々いじりたいならば、有料化しなくてはいけないみたいですが、単に告知サイトや使い捨てサイトを構築する分には、十分な機能があります。一昔前のFTPでやっていたのが、嘘のような気軽さですね。




佐々木さん、記録って何の役に立つんですか? (ごりゅごcast)
佐々木正悟(著), 五藤隆介(著), Tak.(編集)

5つ星のうち5.0
¥550



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません