情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Evernoteの2台制限を乗り越える方法(割と簡単)

2020年10月31日
Evernote 0
2020103100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、Evernoteの新しいアップデートについてもの申してきました。
Evernoteは、四の五の言わずに「財務状況厳しいから有料ユーザー増やしたいのよ。本当よ!」と言ってくれた方が、ユーザー的にも色々納得感があるのですけどね。まあ、色々あるのでしょう。

さて今回は、いきなりユーザーに冷や水を浴びせた、

Web版も利用端末に加えるから宣言

を受けて、ベーシックプランユーザーの皆さんに2台制限を乗り越える方法を伝授したいと思います。割と簡単ですので、お困りの方はすぐにどうぞ。


  
【 Evernoteの2台制限を乗り越える方法(割と簡単) 】  

 1.Evernoteによる2台制限問題とは?

 2.2台制限を乗り越える方法

 3.注意点など








Evernoteユーザーの皆さんは、まだアップデートしていませんか?
もしも、まだアップデートしていないなら、それで良いです。そのままアップデートせずに使い続けてください。もしも、アップデートしてしまったならば、以下の方法で旧verに戻せます。

新しいEvernoteを元のバージョンに戻す方法


とはいえ、アップデートするしないにかかわらず、Evernoteのベーシックプランユーザーを襲っているのが、利用端末数2台制限です。

これは、以前は利用端末数2台という文言は同じものの、Web版Evernoteは、利用端末数にはカウントしていませんでした。しかし、今回のアップデートでWeb版Evernoteも利用端末数にカウントするようになってしまったのです。Oh…。

つまり、こういうこと。




このあたりは、Evernote社の欺瞞があると私は強く思っています。

Evernoteの欺瞞~Web版も利用端末にカウントする問題





この利用端末数2台制限を乗り越える方法ですが、割と単純な方法でできます。もしも、途方に暮れているか違いましたら、ぜひ試してみて欲しいと思います。

ステップは、たった2つです。

1.Evernoteのサブアカウントを作成する
2.全てのノートブックをサブアカウントに共有する
3.サブアカで受け入れる



1.Evernoteのサブアカウントを作成する
Evernoteのサブアカウントを作成しましょう。
こちらで、「無料で新規登録」から新しいアカウントを作成してしまいましょう。

最高のメモアプリ - Evernote で大切なノートを整理

これを3台目のアカウントとしてしまいましょう。

2020103101.png



2.全てのノートブックをサブアカウントに共有する
次に全てのノートブックをサブアカウントに共有してしまいましょう。やったことがない人は、以下を参考にしてみてください。

まずは、共有したいノートブックを選択します。
そして、右クリック→「ノートブック共有」

2020103102.png



そうすると、このようなダイアログが出てくるので、共有したいサブアカを入れ、「共有」でできます!

2020103103.png



3.サブアカで受け入れる
では、サブアカの方でアクセスしてみましょう。
そうすると、「ワークチャット」に着信があります。

2020103105b.png




クリックすると、ワークチャット上に先ほど共有したノートブックへのリンクがあるので、クリックします。
そうすると、同期が始まります。あとは、同期完了するのを待つだけです。

2020103105.png





さて、この方法は、今のところベストだとは思いますが、万能ではありません。
注意点としては、2点あります。

1つ目は、inboxは、共有不可なことです。
Evernoteユーザーは、inboxにまずデータを集めておいてから、それぞれのノートブックに整理するというスタイルかと思いますが、その肝心なinboxが共有不可なのは、ちょっとイタイですよね。
そこで、改善策として、「inbox2」というノートブックを作成して、それを共有してしまいましょう。で、基本的にinboxに入ったデータは、全てinbox2に入れてしまえば良いです。あとは、どのアカウントから移動してもちゃんと同期されるはずです。


2つ目は、ショートカットが同期されないことです。
まあ、これはちょっと面倒ですが、それぞれのアカウントで設定してもらうしかありませんね。

これさえクリアすれば、普通に2台制限はクリアされますよ。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これもいつまで続くか…

今のところこの共有ワザは、Evernote側としても防ぎようがない方法だと思われますので、当分の間は大丈夫だと思います。しかし、だからといって、盤石かと言えば、そうでもないのですよね。Evernote社の気まぐれでいつ大変な事になるか分からないです。
引っ越し先考えようかな?本当に。





関連記事

コメント0件

コメントはまだありません