TOP > 文具 > title - ニトリが無印良品化していた件について

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

ニトリが無印良品化していた件について

2015012301.png

先日、久しぶりにニトリに行ったら、ニトリの文具類や収納関係が、無印良品をかなり意識した商品構成になっていました。


  
【ニトリが無印良品化していた件について】  
 1.以前からニトリと無印良品の類似性は気になっていたけど
 2.実際に比較してみる
 3.文具でついニトリ購入してしまったモノ






checkmark.png 1.以前からニトリと無印良品の類似性は気になっていたけど

今年のお正月にがっちりマンデーという番組で毎年「スゴイ社長集合新年会SP」という企画をやっています。この企画は、すごい面白くて、つい見てしまうのですが、国内の有名な企業の社長さんがやってきて、ぶっちゃけトークをしていくという内容なのです。その中で無印の社長さんが、「ニトリさんとはライバルだから」というような発言をしていました。

その時は、「似ているといえば、似てるけど。コンセプト違うし」ぐらいにしか思っていませんでした。

実際、こんなムック本も出ているぐらいなので、そう考えている人も多いのでしょう。




checkmark.png 2.実際に比較してみる

では、どれぐらい似ているか見てみましょう。
自分が、実際に見た文具・収納関係から。

↓こちらが、ニトリ。
2015012302.jpg


↓こちらが、無印。
2015012303.jpg


↓こちらが、ニトリ。
2015012304.jpg


↓こちらが、無印。
2015012305.jpg


↓こちらが、ニトリ。
2015012306.jpg


↓こちらが、無印。
2015012307.jpg


↓こちらが、ニトリ。
2015012308.jpg


↓こちらが、無印。
2015012309.jpg


かなり、似ていることが分かるかと思います。
実際にどちらもシンプルな製品ゆえに、似てしまうという側面もあるかもしれないのですが、木製の収納などは、「それ無印でやったたやつだ!」と思わずにはいられませんでした。
一部しか比較を載せていませんでしたが、実際に店舗に足を運んで見ると、「それ無印で(ry」となってしまうモノが多く見られました。

実際に手にとってみた感触としては、ファイルケースなどのプラ系は、ニトリの方が薄く感じました。
また、木製収納は、逆にあまり大きな差が感じられなかった印象です。
無印の方が、高級感と耐久性がありそうです。逆にニトリの方は、無印よりも値段を抑えていて、気軽に買える設定でした。



checkmark.png 3.文具でつい購入してしまったモノ

さて、ニトリで実際に購入したのは、以下のものです。
上でも書きましたが、高級感と耐久性が若干劣るように感じられたので、消耗品と割り切って購入してみました。

<A4のファイルケース>
机の中でクリアフォルダを入れるのに使っていたケースがへたってきていたので、その代わりに3つ購入。
色が統一されたので、すっきりと綺麗な感じになりました。
2015012304.jpg


<木製引き出し収納>
自宅用にコード類などを入れるために購入。100均のプラ籠でもいいのですが、見た目の良さでつい。
無印だったら、さらに1000円高いから…などと考えてしまった。
2015012310.jpg



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 つい、手に取ってしまう値段設定に「クラッ」

頭の中で何度も「これは、無印良品のパクリなのでは?」という思いが去来しつつも、つい手に取ってしまう値段設定に「クラッ」と来てしまいました。
それでも、作りの良さや耐久性は、やっぱり無印良品の方が上だと思いました。
どちらも、似たようなシンプルで飽きのこないデザインというのを志向しているので、使い処を考えながら利用するというのが良いのかな?と思います。
今のところ、ファイルケースには満足しています。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/182-360508d8
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG