情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

PCでポッドキャストを聴くためにしていること

2021年02月27日
デジタル機器 0
2021022700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんポッドキャスト聴いていますか?
聴きたい番組が、スゴイ勢いで増えてきて、可処分時間との闘いになりつつあります。
さて、そんな状況なので、PCでもポッドキャストを聴きたいと思うようになってきました。簡単だろ?と思ったら、そうでもなかったので、ちょっと工夫したらiPhoneのポッドキャストをPCで聴く方法を思いつきましたので、皆さんにシェアしたいと思います。
他に良い方法があったら、教えてください!


  
【 PCでポッドキャストを聴くためにしていること 】  

 1.PCでもポッドキャストを聴きたいぞ?

 2.iPhoneのPocket CastsをPCで聴く方法








一番最初にも書きましたが、どんどん番組を追加していくと、常に10番組が次に聴くリストに入っているみたいな状況になりつつあります。こうなると、PCでの作業中にも聞きたくなるのも人情ってもんです。

さて、どうやって聴こうか?
と考え始めると、これがかなり面倒である事にすぐ気づきました。
以下が、PCでポッドキャストを聴くときの問題点2つです。

・「次に聴く」を自分で組めるサービスがない?
・提供されるポッドキャストが1箇所にできない



「次に聴く」を自分で組めるサービスがない?
私が知らないだけの可能性も否定できないのですが(もしそうならば、教えてください)、PCでアクセスできるポッドキャストサービスって、「次に聴く」が組めないのですよ。
基本的に1つの番組を聞き続けるとか、切り替えて聴くとかしないといけないのですよ。
Pocket Castsのように自在に「次に聴く」を組めたら良いのに。

2021022701.png



提供されるポッドキャストが1箇所にできない
これ、Appleポッドキャストでしか聴けないとか、Spotifyでしか聴けないとか、Googleしかないみたいなのが割とあって、いちいちサービスを切り替えるの面倒なんですよ。PCでは作業をしたいので、YouTubeで提供されていますとか言われても、映像見ながらだったら作業できないのですよ。





さて、そこでiPhoneのPocket CastsをPCで聴けたら最高では?
と発想の転換を図ることにしました。

iPhoneの音をPCに飛ばす方法を考えてみます。

その前に普通にiPhoneの音をBluetoothイヤフォンで聴けば?

というツッコミが入るかもしれません。
これは、私がPCで使用しているBluetoothヘッドフォンで聴きたいという気持ちがあるからです。私が使用しているのは、これですね。なんと言っても70時間も連続使用できるスゴイヤツなのです。昨年の10月に購入してから、まだ数えるほどしか充電していません。




そういうわけで、お気に入りのヘッドフォンで聴きたいというのもあります。イヤフォンは、外で使うなら良いけど、疲れちゃうしね。

iPhoneで音を飛ばす方法としては、すぐに思いつくのがAirPlayです。Macなら難なくできると思いますが、これがPCだとないのですよね。

そこで思いついたのが、iPhoneの画面をPCにミラーリングするのに使っていた、ApowerMirrorというソフトです。

ApowerMirror-スマホをリアルタイムにミラーリング/制御する


私は、ブログでiPhoneの画面をスクショすることが多かったりするので、このソフトは必須なんですよね。そこで、これを利用しましょう。

2021022702.png



iPhoneのPocketCasts上の再生画面のここをタップ。

2021022703.png



同じWi-Fiネットワーク上にあれば、PC上のApowerMirrorがAirPlay上に現れます。それをタップ。

2021022704.png



iPhone上で鳴らすと…できた!!!

しかも、PC上のApowerMirrorでは、画面はミラーリングされずに音声だけが飛ばされます。そうすると、無駄にCPUを消費しないしとても良いですね。

2021022705.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 部屋中どこでも聴けるようになったよ

PC経由でBluetoothヘッドフォンで聴けるようになったら、部屋中で聴けるようになりました。このおかげでエアロバイクを漕ぎながら聴いたりとか、PCで作業中に聴けたりとか、自由度が上がりましたよ。iPhoneで別のアプリを操作しながら、他の部屋で聴くみたいな意味が分からない感じの運用もしています。それでも、耳の負担が少ないのが良いのです。




このFirst Takeなかなか良かったですよ。


群青

関連記事

コメント0件

コメントはまだありません