TOP > 仕事ハック > title - Wunderlistでタスク管理

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Wunderlistでタスク管理

2015013012.png



Wunderlistを使い始めてから、すでに2年以上経ちました。
今回は、Wunderlistを使ったタスク管理についてです。




  
【Wunderlistでタスク管理】  
 1.Wunderlistとは
 2.どうしてWunderlistなの?
 3.タスクは、全て受信箱へ
 4.タスクの分け方はGTD的に







checkmark.png 1.Wunderlistとは

Wunderlistというのは、iOSでもAndroidでもPCでも使える、マルチOS対応のタスク管理アプリです。
アプリも使用料も基本的には、無料です。

Wunderlist | ToDo リスト、リマインダー、タスク - App of the Year!




iPhoneでの画面は、こんな感じです。

2015013001.png

PCは、Webベースのアプリとなります。そのため、本当にどこからでもアクセス可能です。
外見は、こんな感じ。

2015013013.png


上の入力欄にどんどん打ち込んで、次々に入力していきます。

2015013004.png


1つ1つのタスクに細かな設定も出来ます。

2015013005.png


まずは、期限の設定。ちなみに、「今日」というタスクリストに直接入力すると、自動的に期限が今日になります。

2015013006.png


繰り返しの設定もできます。毎日~毎年だけではなく、(画面では切れていますが)カスタムという項目で3日ごとにとか、4ヶ月おきにという細かなオーダーもできてしまいます。

2015013007.png


もちろん、リマインダーもできます。
時間指定も1分単位で出来ます。

2015013008.png


サブタスクもできます。
自分が試した限りでは、10個以上は普通に登録できました。

2015013009.png


タスクのメモも残せます。
飲み会の会費なんかよくココにメモしたりします。

2015013010.png


登録例としては、こんな感じです。
自分としては、十分な機能だと思っています。これが、無料だなんてすごいわ。

2015013011.png





checkmark.png 2.どうしてWunderlistなの?

自分のタスク管理を考えたときに以下の項目ができることというのが、条件でした。

  1.Windowsでも、iPhoneでも、Androidでも継続して使える
  2.どこから入力しても同期する
  3.期限の設定ができる
  4.繰り返しの設定がこまかくできる(3日おきとか)
  5.リマインダーできちんと通知される
  6.サクサク入力できる


これが、意外に合致するのが少なかったのです。
特に1のマルチOS対応というのは、敷居が高いのか意外と少ない…。

逆にあまり重要視していなかったのが、コンテキストとかかな。
そこまで細かく設定する場面が少ないので。




checkmark.png 3.タスクは、全て受信箱へ

とにかく、タスクが発生したときや、ふと気づいたときに、手近なデバイスのWunderlistの受信箱に入力していきます。
まにかく、まずは受信箱へ。Evernoteでいうところの、「inbox」のような存在です。

そこから、それぞれのタスクリストに分類していきます。
しかし、基本的にはほぼ受信箱のままに放置しています。
タスクの期日の指定さえきちんとできていれば、何の問題もなく「今日」「週」には勝手に分類されます。
あとは、受信箱の中にあるより分類した方が良いもののみ、タスクリストに移動しています。




checkmark.png 4.タスクの分け方はGTD的に

さて、タスクリストですが、私は以下のように分類しています。
見ていただいたら分かりますが、基本的な分類の仕方としては、期日によって分けるというスタイルをとっています。

期日によるタスクリストとしては、「来月やる」「来月より先」「いつかやる」です。
基本的な考え方は、GTDの考え方をベースにしています。
ちなみに「来月やる」と「来月より先」を分けているのは、最低でも一月分のタスクは見通しておきたいと、思っているからです。
それ以外に、人に振ったタスクの完了待ちの「待ち」、そして定期的に行うタスクの「定期」があります。

さらに、どうしても他のタスクリストに割り振ることが難しかった買い物リスト「買うモノ」と、ネットのどうしても読まなければならない文章を入れておく「あとで読む」があります。

この基本的には、時間軸で管理するスタイルをずっとやっていますが、大きく破綻したことは今までのところありません。
週に必ず1回は、レビューしてタスクの追加や変更なども行っています。
Wunderlistは、iPhoneを持ちながら、寝っ転がりながらでもできてしまうのがとてもいいです。



 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 マルチOS対応のタスク管理アプリは、ブルーオーシャンかもよ?

機能的にもっと優れているタスク管理アプリは、確かにあります。
しかし、総合的に優れているものは、案外少ないのです。特にマルチOS対応というのは、本当に少ない。
それと、見た目の良さや、触ったときの感触というのも、日々使うものだけに大事な要素です。そういう意味でも、Wunderlistは未だに満足しています。
さて、そう考えると、マルチOS対応のタスク管理アプリというのは、まだブルーオーシャンなのかも。



GTDって何?って人は、デビット・アレンの「はじめてのGTD ストレスフリーの整理術」を、それよりももう少し先のクラウド連携を探っているならば「クラウド時代のタスク管理の技術」あたりが、オススメです。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/187-0a53caa4
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG