情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

GIGAスクールのiPadは学習に使えるか?

2021年03月04日
考察 0
2021030400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
我が子のところにもGIGAスクールの端末が届きました。iPadです。
こんな風に日本中の小中学生一人一人に届いているのかと思うと、胸が熱くなりますね。
さて、そんなiPadですが、果たして学習に使えるのか?
という根本的な部分に突っ込んでいきたいと思います。


  
【 GIGAスクールのiPadは学習に使えるか? 】  

 1.GIGAスクールってどうなの?

 2.配布されたiPadは?

 3.iPadは、学習に使えるか?








GIGAスクール構想というのは、ニュースでも色々取り上げられていたので、さすがにこれについてたくさん説明する必要が無いとは思っていますが、ちょっとだけ概要を。

ザックリ書くとこんな感じ。

 1.1人1台学習者用端末の整備
 2.校内LAN(通信環境)の整備
 3.クラウド・バイ・デフォルト
 4.ICT支援員などの人員整備
 5.デジタル教科書などの整備


どんなことを目指しているのかというと、こういう感じ。


引用:「1人1台端末・高速通信環境」がもたらす学びの変容イメージ- 文部科学省

GIGAスクール構想とは何なのか?


非常に良い取り組みなんですが…様々な問題を内包しています。




さらに、持ち帰り関係でも喧々諤々しているようです。

GIGAスクール端末の持ち帰り、文科省がQ&A作成へ | 教育業界ニュース「ReseEd(リシード)」


持ち帰らせないと意味ないよなと思いつつ、先生方の苦労も忍ばれるなぁと思ったり。
こういう使われ方をされるのは、警戒感を持つのも分からなくはないのだよな。




しかし、もはや子どものスマホ所持率が年々増加していることを考えたら、恐れているだけでは前に進めないですよね。上の動画もたぶん、勝手に持ち込んだ端末で撮影している?








子どもの学校から配布された端末は、こんな感じですね。まさに、このまんまかな?

2021030401.png
参照:GIGAスクールiPad基本パッケージ

どうやら、こういうのがパッケージ化されているようですね。

軽く触っての感触を挙げるとこんな感じです。

・MDMによってかなり設定関係が触れなくなっている
→アイコンの位置さえ変更できない
→アプリは、自由にダウンロードできない
・ネットは、ちゃんとフィルタリングされていている
・キーボードは、そこそこ使える
・カメラとかは、ちゃんと使える
・Wi-Fiは、自由に接続できる
・アプリは、最低限レベルしか入っていない


個人的な感想としては、

学校で配布されるものとしてはこんなものでは?

ですね。
上でも触れていますが、基本的に持ち帰りはさせない方向のようです。その点は、なんだかなぁと思いましたね。これ、持ち帰って使わないと意味ないと思うのですよね。このあたり、文部科学省が言わないと前に進まない感じがしますね。





さて、やっと本論です。
iPadは、学習に使えるか?ですが、

学校または教員のやる気次第

かと思いました。
確かに制限が多く、私たちのイメージするiPadとはかなり様相が違うものですが、それでも誰かと共用で使うのとは次元の違う使い方ができそうな気がします。

問題を恐れまくり、極力使わせないみたいな運用をしたり
上の例でも出しましたが、学習というのをものすごく狭い範囲で捉えたり


しなければ、使えるようになるだろうなと思います。

包丁は、人を刺すかもしれないから、子どもには使わせない。
みたいに考えて、腰が引けてしまっては、それは教育っていいませんよね?
むしろ、

こんな美味しい料理ができるんだぞ!
身近な果物や野菜を簡単にあなたでも加工できるんだぞ

って教えて欲しいですよね。
そのために、

どう使うべきなのか
どうやると良くないのか


を教えてもらえると良いなと。

最初から、自由に使わせるなんてとんでもない!何をしでかすか分からんしとやっていては、未来は作れないと思うのですよね。

と、最近Twitterで発信している先生方と交流したり、ツィートを眺めて思ったのでした(Twitterで発信している先生方は、ものすごくやる気がある人が多い印象)。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 だってツールだもの

どんなツールだって、使いようですよね?殊更に「怖いもの、危ないもの」と煽る必要は無いし、遠ざける必要も無いと感じるのですよね。むしろ、そのツールをいかに使いこなしていくのか?が大事だと思うのですよ。使用時間と使いこなしは、比例していくと思うので(特に最初の頃は)。
そういうわけで、全国の先生方期待しています!頑張ってください!


学校アップデート: 情報化に対応した整備のための手引き
堀田 龍也(著), 為田 裕行(著), 稲垣 忠(著), 佐藤 靖泰(著), 安藤 明伸(著)

5つ星のうち4.2
1496円


デジタル・シティズンシップ: コンピュータ1人1台時代の善き使い手をめざす学び
坂本 旬(著), 芳賀 高洋(著), 豊福 晋平(著), 今度 珠美(著), 林 一真(著)

5つ星のうち4.6
1496円


関連記事

コメント0件

コメントはまだありません