TOP > Evernote > title - 気になるモノはメディアマーカーでEvernoteにストックしておく

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

気になるモノはメディアマーカーでEvernoteにストックしておく

2015022701aa.png


皆さんは、今欲しいモノがありますか?
今回は、欲しいモノがあったときに、冷静になりつつ、きちんと忘れないでおくためにEvernoteにストックしておくための方法です。


  
【気になるモノはメディアマーカーでEvernoteにストックしておく】  
 1.メディアマーカー(Media Marker)って何?
 2.メディアマーカーは、モノもスクラップできる
 3.Evernoteにストックしておく方法







checkmark.png 1.メディアマーカー(Media Marker)って何?

メディアマーカー(Media Marker)というのは、情報メディアの記録・管理・共有ができるサービスです。
私は、主に気になる本や読みたい本の管理などに使っています。
後ほど触れますが、Evernoteにもストックしておけるので、本屋とか図書館に行ったときに、「読みたかった本は…」とEvernoteを見て、次々に読むようにしています。

メディアマーカー
メディアマーカー




過去記事にも書いていますので、そちらも参照していただければありがたいです。

【関連記事】
本の管理はメディアマーカー(MediaMarker)に任せた!

図書館日和は本好きにはたまらない




checkmark.png 2.メディアマーカーは、モノもスクラップできる

さて、このメディアマーカーですが、実は本だけではなく、欲しいモノの管理にも向いているのです。
ウェブ上で「これいいなぁ」と思ったり、街で「これ、欲しいな」と物欲が刺激されることがありますよね。
しかし、すぐにはポチらずに、メディアマーカーに登録するようにしています。
そうすることで、衝動買いから、距離を置けるようにしているのです。

では、メディアマーカーへの登録の仕方についてです。

まずは、Amazonで気になるモノを検索します。
私は、最近ネットで見つけたマイクロソフトの「Universal Mobile Keyboard」が気になって仕方がない。



では、それをAmazonで検索します。
見つかったら、メディアマーカーのブックマークレットで登録をします。
メディアマーカーのブックマークレットは、こちらで入手できます。

メディアマーカー - メディア登録方法


2015022701.png



そうすると、「登録してMyバインダーを表示」というボタンをクリック。
※ログインしていない場合は、ここでログインを促されます。

2015022702.png



はい!登録されました。とても、簡単ですね。

2015022703.png





checkmark.png 3.Evernoteにストックしておく方法

Evernoteへのストックは、とても簡単で、しかも自動でされるので、ぜひ設定しておいたほうが良い機能だと思います。

「設定」→サイドバーの「Evernote投稿」から設定できます。

Evernoteへの投稿用メルアドを入力します。
自分の投稿用メルアドが分からないという人は、

PCのEvernoteだったら、「ツール」→「アカウント情報」
iPhone版のEvernoteだったら、「設定(歯車マーク)」→「全般」→「Evernoteメールアドレス」
で確認できます。

○○○@m.evernote.com
というメルアドです。
これを登録し、「Myバインダーに登録されたとき」にチェックを入れます。

2015022704.png



そのように設定しておくと、このようにEvernoteに登録したモノが、Evernoteにも自動的に登録されます。
ちなみに、リンクがAmazonに張られているので、EvernoteからすぐにAmazonに行けます。

2015022705.png


その後、メディアマーカーに登録されたノートで、「0226モノ」というタグの付いたものを、「モノメモ」というノートブックに移動します。
その下の「購入関連」というのは、実際に購入した物の取り引きデータを入れています。
Amazonの明細書や領収書などを入れておいています。

2015022706.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 自分の欲望から距離を置くためのEvernote

Amazonのウィッシュリストを使えばいいじゃないという向きもあるかと思いますが、あくまで自分の欲しいモノを管理したいので、あえてEvernoteで管理するようにしています。

さて、Evernoteで欲しいモノを管理することによって生まれるメリットというものがあります。

それは、自分の欲望から距離を置けるからです。

Evernoteに記録しておけば、失われることがないので、まずはそれだけで少し安心してしまいます。
さらに、「これで、いつでも買える」と思えることで、「今、買わなくては!」という状態から解放されるのです。
これで、衝動買いを免れることができます。

さらに、いざ買う段階になったときに、ストックしておいた情報を取り出し、比較検討するのです。
とはいえ、自分の物欲に逆らえない時もあるんですけどね(^^;)



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/217-5f27708b
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG