情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Apple Watchでリストを作るならGoogle Keepが良いかも

2022年08月03日
Apple Watch 0
2022080300.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
Apple Watchを購入してからいよいよ2ヶ月目に突入します。最近は、だいぶ使い方が定まってきた感じがしますが、それでもまだまだ改善の余地ありだなと感じています。
さて、Apple Watchでリストを作成するときは、どのようにしていますか?実は、あまり良いリスト作成のアプリって無いのですよね。実は、Google Keepが隠れた使い勝手の良いリスト作成アプリとなるのですよ。そういうわけで、今回はApple WatchでGoogle Keepによるリスト作成について書いていきます。



  
【 Apple Watchでリストを作るならGoogle Keepが良いかも 】  

 1.Apple Watchに公式のメモツールがない問題

 2.リスト作成どうする?問題

 3.Google Keepでリスト作成する場合の注意点








Appleは、未だにApple Watchのための公式のメモツールを出してはいません。これは、謎オブ謎で、他の主な純正ツールは正式に対応しているのに(Siriショートカットすら)、たかがメモアプリぐらいリリースして欲しいと思うのは私だけでしょうか?
私は、iPad miniでクィックメモを多用しているので、いつでもどこでもサッと確認できるととても幸せになれそうなのですが、その夢はなかなか叶えられそうもありません。

そういうわけで、現在はDraftsをメインのメモアプリとして使っています。

Drafts
Drafts
開発元:Agile Tortoise
無料
posted withアプリーチ


Draftsは、現在、iPad miniで執筆するときも使用するなど大活躍中のテキストエディタです。
Apple Watchでは、キーボード入力というのは全く現実的ではないので、音声入力のみでやっています。

2022080301.png


Apple Watchでのメモは、本当に思いつきとか、頭に浮かんだタスクなど、今すぐメモしなくては消えてしまいそうなのを入れるようにしています。今までは、iPhoneを取り出して~、とかやっていたのですが、Apple Watchでのメモの速度感は、それを上回る速度感なので、取りこぼしがなくなく快適そのものです。





しかし、難点があって、リストの作成ができないのですよね。
買い物メモとかちょっとした手順のリストを、PCやiPhoneと同期ができてサクッと使えるアプリもないのですよ。

純正のリマインダーアプリでもリストは作成可能なんですよね。
でも、純正のリマインダーは、PCとは同期できません。個人的な好みとしては、どの端末やデバイスからも確認&入力できるのが望ましいのですよね。そうなると、一気に選択肢がなくなります。

純正のリマインダーアプリでリスト作成はできるけど、PCで扱いづらい。

2022080302.png





さて、Google Keepでリスト作成できるとiPhoneからでもPCからでもどこからでも確認&入力できて最高ですよね?

Google Keep - メモとリスト
Google Keep - メモとリスト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ



でも、Apple WatchのGoogle Keepでリスト作成する場合は、ちょっとしたTipsが必要です。
通常、Apple WatchのGoogle Keepでメモを作成する場合は、Google Keepを開いて長押しするとできます。

2022080303.png



でも、これはあくまでメモに過ぎません。リストではないのです。
では、どうすれば良いのかというと、事前に空のリストをPCなりiPhoneなりで作成しておくのです。

2022080304.png



そうすると、Apple WatchのGoogle Keepで見てみると…このようにチェックボックス付きのメモが出てきます。

2022080305.png



これで、入力してみましょう。「+リストアイテム」をタップして音声入力してみます。

2022080306.png



簡単にできました!それでは、さらに2つ目も。

2022080307.png



それも、簡単にリストとして入力することができました。

もちろん、即時、iPhoneやPCのGoogle Keepに同期されます。このあたりの動悸の速さはさすがですよね。

2022080308.png



ちなみに、iPhoneやPC上ではインデント機能が使えます。こんな感じで階層化するとことができるのです。

Image from Gyazo


このようにインデントを設定するとApple Watchでは、どのように見えるのでしょうか?確認すると…。ちゃんと、インデント機能が有効になっていますね。

2022080309.png



上位階層をチェックすると下の階層も同時にチェックされるようになっています。

2022080310.png



残念ながら、Apple Watch上からは、インデントの作成はできないようです。でも、PCやiPhoneで作成したリストと連携できるなら便利この上ないですよね?




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Dock入りです

Apple Watchでリスト作成できないかな?と思っていたので、Google Keepでリスト作成が可能だと分かり、今やDock入りを果たしました(Apple WatchのDockの入れ替わりは激しい)。これでメモ関係の死角は、だいぶなくなってきました。



ラクする情報整理術の見つけ方 ふかぼり仕事術
佐々木正悟(著), yoshinon@情報管理LOG(著)


600円




関連記事

コメント0件

コメントはまだありません