情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

働く力をパワーアップするために日常を断捨離したらスーパーサイヤ人になった話

2023年12月29日
仕事ハック 0
2023122900.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
皆さんお久しぶりです。X(Twitter)では時々つぶやいていたのですが、ブログ自体は7ヶ月ぶりの更新です。情報管理LOG自体は、辞めるつもりはありませんので、気長にぼちぼちやっていきます。皆様も気長にお付き合いください。

さて、この半年以上何をしていたの?という話ですが、3月末の記事でも書きましたが今年キャリアチャレンジというかマネージャー職にチェンジしました。全く違った仕事に転職したのか?と思うぐらいには変化しました。仕事量に関しては、今までとは比較にならないぐらいの仕事量となりました。さて、そんな状況をどのように乗り切ったのかということについて書いていきます。結果としては、初年度としては十分な成果を出せたのではないかと思います。ではどうやって、それが達成できたのか?について書いていきます。


  
【 働く力をパワーアップするために日常を断捨離したらスーパーサイヤ人になった話 】  

 1.マネージャー職へ

 2.日常の断捨離?

 3.仕事に全フリするとどうなるのか?








上でも書きましたが、今年の4月からマネージャー職に転向しました。相当忙しくなるだろうなと覚悟はしていたのですが、想像以上でしたね。終わらないテトリスをずっとやり続けるみたいな感じです。
あらかじめそうなることは、予想がついていたので驚き自体はありませんでしたが、
大量のタスク+慣れない新しい仕事
というダブルで乗り越えるためには、覚悟と工夫が必要だろうと思いました。

そこから4月から12月まで半年以上を一気に駆け抜けたわけですが、想定以上に成果を上げることができました。自分でも思っていた以上に様々なことにチャレンジできたので自分自身には及第点を付けられるかな?と考えています。

さて、そんな状況をどのように乗り越えたか?です。
私自身の能力自体は爆上がりするわけではないので、それを解決するためには「時間」「脳のMP」に余裕を持たせる必要があります。そこをどのように確保したのかについて次に書きます。





まあ、タイトルバレしているわけですが、「時間」と「脳のMP」を開放するためには、限りある24時間という時間を断捨離する必要があります。その説明をする前に「時間」は分かるかと思いますが、「脳のMP」とは何かです。このMPというのは、RPGとかで使われる用語で、マジックポイントと呼ばれるものです。過去記事で説明しているので、詳細を知りたい人は以下の記事から。

習慣化には二段階ある - ライフハック
習慣化には二段階ある - ライフハック




脳のMPについて、ざっくり簡単に説明すると、

 ・脳には毎日MPが補充されており、だいたい朝起きたときは満タンな状態
  (寝ると回復する)
 ・1日のMPは、有限
 ・脳は、「MPを消費したくない」という衝動がある
 ・集中力を必要とするものほどMPを消費する
 ・とはいえ、日常の様々なことがらにもわずかながらMPを消費し続ける
 ・MPの残量によって、できることが変わってくる
 ・どんな大量のMPを消費することであっても、必ず予備のMPは確保しようとする


という感じでしょうか。
もう少し分かりやすいポストがあるので、それも引用。



放っておくと脳のメモリを常に占拠するヤツを徹底的に追い出していくことで、目の前の仕事に全力で打ち込むことができると考えたのです。

以下に「時間」と「脳のMP」を断捨離したことをまとめます。

・ブログを書くのを休止する
・マンガや読書を一時的に読むのを辞める
・料理や掃除の時間を自動化or短縮化する
・X(Twitter)やSNSなどもなるべくやらない
・日常的に気が散るモノを一切置かない
・iPhoneやiPadのアプリで使うものを制限する
・通知関係も極限まで減らす


ブログや読書、SNSなどは、何もしていないときでも考えたり、気になったりするので思い切って日常からオフにしてみました(Xは、朝に少しやるけどBufferでその日の1日分やってしまう)。確かに「次の更新のネタどうするかな?」とか「文章の構成どうするかな?」など常に自分の脳のMPを消費していました。

料理や掃除の自動化や短縮化に関しては、また別記事で取り上げますが、便利な時代だなと思いますね。やろうと思えば、どこまでも自動化or短縮化を図れます。

そして、「日常的に気が散るモノを一切置かない」は、レシート1枚とかチラシ1枚でもあれば、無意識でも気になり脳のMPを消費するので、そういうのが目に触れないようにしました。レシートは、その場でiPhoneで家計簿に入力して、即捨てています。チラシは、ボックスに放り込んで終わり。ちなみに、家計簿は未だにこれを使っています。便利!

Googleフォームとスプレッドシートで家計簿つけよう!(フォーマットダウンロードできます) - Webサービス
Googleフォームとスプレッドシートで家計簿つけよう!(フォーマットダウンロードできます) - Webサービス





ちなみに、日常のちょっとした「選択」なども少しずつ脳のMPを消費します。スティーブ・ジョブスは、服を考える選択も避けるために、毎日同じファッション(例の黒いタートルとかね)にしていたというのも非常にうなずけます。そういうわけで、そういう選択が起こらないようにしていました。

・下着類(靴下も)は、全て同じもので揃える
・シャツや背広は、ハンガーに曜日毎にローテーション(手前から取ればOK)
・家電類の操作は、ほぼアレクサで操作


みたいな感じですかね。
靴下は、ぜひオススメしたいのですが、全て同じものにすると2つセットでしまう必要が無く、適当に2つ取り出せばちゃんとペアになるので、ファッションにそこまでこだわりがなければ、オススメライフハックですよ。

「家電類の操作~」は、いちいち照明のリモコンやら色々操作せずとも、一言で全て連動するようにしているので、例えば「アレクサおやすみなさい」と言えば、リビングと寝室の照明が常夜灯になり、余計な家電群の電源が全て落ちるみたいな感じです。





さて、こんな感じで日常から仕事以外のほとんどを排除するとどうなるのかというと、こうなります。

Image from Gyazo
Image from Gyazo


今までの自分は何だったんだろう?ぐらいには、軽くなります。
頭の中からほとんどの雑事が消え失せて、集中力で言うなら数倍になった感覚になります。それに加えて、GTDを実践しているので、今やるべき目の前のことにずっと集中していられるようになりました。

そんなの人間の生活じゃないよ!

というツッコミは、大いに受け入れます。
私も激しく同意です。

じゃあ、全く自分の生活にゆとりはないかと言えば、4~5月の頃は全く余裕はありませんでしたが、徐々にゆとりは生まれてきています。サウナに行ったり、時間を決めて読書やマンガを読んだり、映画を観たり、お酒を飲んだりと意外に充実した日常を送っています。たぶん、こういう生活は何年もするものではないと考えています。しかし、初期段階では自分自身にブーストをかけるために200%頑張る必要な時期があるのだと思います。それが、まさに今なんですよね。




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 日常の断捨離は効き目がある

今までやっていた生活スタイルをガラリと変えるというのは、勇気がいるものです。しかし、意外と日常の断捨離って、自分を軽くする効果があると実感しました。そして、逆に日常の中で本当に大切な時間というのが、クッキリするようにもなりました。私の中では、家族と過ごす時間であったり、ゆっくりと考え事をする時間であったりです。もしも、脳がとっちらかってしまうみたいな人は、一度思い切って日常の断捨離をしてみるのも良いかもしれませんね。
GTDの実践などについて気になる人は、拙著を読んでみてください。




全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン(著), 田口 元(その他)

5つ星のうち4.0
1380円


関連記事

コメント0件

コメントはまだありません