TOP > ソフト > title - Clibor設定のキモ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Clibor設定のキモ

2015051400.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
Cliborを使うと執筆が、劇的にラクになります。
ただし、そのまま使うよりも、カスタマイズした方が使い勝手は、ものすごく上がります。今回は、Cliborの設定のキモをまとめてみました。


  
【 Clibor設定のキモ 】          

 1.自動貼り付けを有効

 2.ツールチップ関係

 3.表示関係

 4.FIFO / LIFO関係

 5.配色







checkmark.png 1.自動貼り付けを有効

Cliborは、かなり柔軟なカスタマイズができるようになっています。
そのため、逆にカスタマイズに迷ってしまうこともあると思います。
そこで、順番に「ここは、キモだな」と思うところのみを、抽出して観ていきたいと思います。

こんなにも、カスタマイズ項目がある!

2015051402.png



まず、一番始めに設定して欲しいのは、「自動貼り付けを有効」です。
これは、Cliborで履歴を選び、Enterを押したときに、その場所に自動的に貼り付けるかということです。

2015051403.png

ついでに、「キャレット位置を取得~」にも、チェックを入れましょう。
このキャレット位置というのは、文字を打っているときに、どこにカーソルが来ているかということです。
挿入したいところに、挿入できるようになるので、必ずチェックです。





checkmark.png 2.ツールチップ関係


2015051404.png

ここは、好みが分かれるところかもしれませんが、クリップボードの履歴一覧だけでは、内容がつかめないときというのが、
けっこうあります。その時に、ツールチップが表示されていると、中身を確認しながらできるので良いのです。
というわけで、全てチェックを外します。






checkmark.png 3.表示関係

これは、Ctrlキーの2回押しで、Cliborを表示させるときの出現位置の設定です。
これは、最初は試行錯誤になるかと思います。

以下は、私が色々試してみて、今のところのベストと思われる設定です。

2015051405.png

挿入したい場所から、少し離れた場所に出現して欲しいので、あえてX方向に300pixlずらしています。
そうすると、これぐらい離れた位置関係で出現します。

2015051408.png




checkmark.png 4.FIFO / LIFO関係

前回の記事で説明したFIFOモードとLIFOモードの設定です。

Cliborを使ってみたら、異次元の使い心地だった - 情報管理LOG


2015051406.png

貼り付けるべきデータが無くなった段階で、モードを自動終了して欲しいので、一番上のチェックは外しましょう。
以下の2つは、好みの問題かな?






checkmark.png 5.配色

2015051409.png


Cliborを起動してみて、一番最初に気に入らなかったのが、配色でした。
あくまでもツールなので、個性的な色味はいらないという判断で、あえて無彩色で設定してみました。
というわけで、情報管理LOG的配色は、以下のような感じ。
色味がない方が、気が散らないし、作業に集中できて良い感じですよ。

2015051407.png




 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ツールだからこそこだわりたい

Cliborは、あくまでクリップボード管理ソフトです。
しかし、使い勝手を極めていくと、ツールとしての奥深さが見えてくるソフトでもあります。
自分の手になじむツールにしていくためには、自分なりのカスタマイズが欠かせません。
むしろ、日々使うツールだからこそ、徹底的に使い勝手にこだわった方が、結果的にはものすごい時間の短縮になるような気がします。

今回、取り上げたカスタマイズ項目ですが、ほんの一部分です。
まだまだ、やれる部分は十分にありますので、みなさんも自分のツールにしてみてください。





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/281-898fda34
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG