TOP > iPhone > title - CopyCenter2をさらに便利に使うワザ

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

CopyCenter2をさらに便利に使うワザ

2015051700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
前回は、iPhoneでクリップボードを劇的に便利にするCopyCenter2の紹介をしました。

CopyCenter2でiPhoneでのコピペを劇的にラクにする - 情報管理LOG


今回は、このCopyCenter2をさらに便利に使う技を紹介いたします。



  
【 CopyCenter2をさらに便利に使うワザ 】  

 1.分割と分解

 2.データ抽出とは

 3.フィルタ機能

 4.カスタムキーボード上でもできる!

 5.ウィジェットからアプリを起動する







checkmark.png 1.分割と分解

CopyCenter2上で蓄積されているクリップボードの一覧を長押しすると、メニュー
が出てきます。

2015051701.png



その中にある「分割」「分解」という項目があります。

2015051704.png




この違いは、ちょっと分かりづらいのですが、一つずつ解説していきます。

元の文章は、上の文章をコピーしたもので

CopyCenter2上で蓄積されているクリップボードの一覧を長押しすると、メニュー
が出てきます。


という文字列になります。

まず、「分割」ですが、以下のデータを長押しして、分割してみるとこのようになリます。
iPhoneが、認識する単語毎に全て切り分けられます。
※重複する内容は、自動的にカットされる。

2015051702.png



つぎに、「分解」ですが、こんな感じになります。
意味毎に分かれていますね。これは、かなり極端な例になっていますが、押さえとしてはこんな感じです。

2015051703.png







checkmark.png 2.データ抽出とは

これは、CopyCenter2の機能としても、かなり面白い機能だと思います。
このデータ抽出とは、コピーしたデータの中にURL電話番号メールアドレスがあれば、それを長押ししたデータの中から抽出してくれるというものです。

これによって、HTMLの中からURLだけ抜き出したり、コピーした一覧の中から電話番号のみを抽出したりできるようになるのです。

では、例としてURLを抜き出してみたいと思います。
URL込みのテキストデータをコピーします。

CopyCenter2を起動して、クリップボードの中身が反映されているのを確認したら、その項目を長押しします。

ちなみに、長押しして出てくるメニューは、このように選べます。

2015051705.png



出てくるメニューの中から、「抽出」を選択します。

2015051706.png




すると、すぐのURLが抜き出されたものが、一覧として出てきます。

2015051707.png



この状態では、使い勝手が悪いので、空いているフォルダに移動させます。

2015051710.png




この状態で、その移動先のフォルダを見てみると、先ほど抽出あせたURLがクリップボード一覧にあるのが分かります。

2015051708.png




利用方法ととしては、その一覧をタップすると出てくるメニューが、抽出されたデータによって項目が変わってくるので、例えばURLだったら、そこからSafariを開いたり、電話番号だったら、そこから電話をかけることが可能になるのです。

2015051709.png







checkmark.png 3.フィルタ機能

CopyCenter2には、様々な便利機能があるのですが、その中でもユニークで使えるのが、フィルタ機能です。

これの設定は、メイン画面の設定からできます。

2015051711.png



フィルタ管理をタップすると

2015051712.png



フィルタ設定に行きます。
このフィルタ設定では、以下の項目のオン・オフを設定できます。
ここで、オンに設定すると、コピーされた段階で自動的に変換されるのです。

2015051713.png

「不要な空白文字を削除」は、スペースが入っている場合、それを自動的に削除します。
「不要な改行を削除」は、基本的に全ての改行を削除して、全てを1文にしてしまいます。
「全角英数→半角英数」は、そのままで半角の英数に自動的に変換してくれます。
「半角カナ→全角カナ」は、半角のカナ文字を全角に自動的に変換してくれます。

私は、普段はオフにしていますが、人からもらった文章の整形などに使っています。
意外と全角・半角変換って面倒なんですよね。
だから、これを自動的にやってくれるのは、本当にありがたい。







checkmark.png 4.カスタムキーボード上でもできる!

最後は、前回も触れたカスタムキーボード上でのテクニックです。

CopyCenter2でiPhoneでのコピペを劇的にラクにする - 情報管理LOG


使いたいアプリ上でキーボードをCopyCenter2に切り替えます。

2015051714.png




そうすると、CopyCenter2で蓄積されているクリップボードの一覧が出てきます。

2015051715.png




なんと、この文字列上でも長押しすると、分割してくれるのです。
つまり、文章を書きながら、ある程度した段階で、どんどんCopyCenter2に放り込んで、あとはカスタムキーボード上で必要な部分を貼り付けていくというのも可能になります。素晴らしい。

2015051716.png




私が、よく使うワザは、メールなどであとでリスト化したい文面をコピーして、カスタムキーボード上で分割→飛鳥名所のみをリスト化ということで使っています。
それを、Wunderlistなどにメールで渡すと、タスクが追加されるし、楽ちんです。

2015051717.png






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 小技だけど、非常に使える!

今回紹介したCopyCenter2のワザは、やや小技ですが、使える範囲が広く、日常使いできるものかと思います。
特に「分割・分解」と「抽出」は、今までなぜ無かったんだ!
と思える、非常にすぐれたツールになっています。

単なるクリップボード管理アプリにとどまらず、それを基軸に新たな展開を見せるCopyCenter2は、今後も要注目ですね。


コピペするなら CopyCenter2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ






関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/284-f221d7a0
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG