TOP > ソフト > title - Kindle for PCの辞書機能を使ってみる

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Kindle for PCの辞書機能を使ってみる

2015062500.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、Kindle for PCの紹介をしましたが、今回はその中の機能の一つである辞書機能を使ってみます。


  
【 Kindle for PCの辞書機能を使ってみる 】  

 1.モバイル版と同じように辞書機能がある

 2.辞書機能を導入する方法

 3.辞書機能を使ってみる







checkmark.png 1.モバイル版と同じように辞書機能がある

2015062501.png


Kindle for PCは、それほど多機能なソフトではありません。
しかし、これだけはピックアップしておきたい機能があります。
それが、辞書機能です。
文字を範囲選択をしたら、メニューが出てくるので、その中の「その他」から辞書引きができます。


2015062502.png







checkmark.png 2.辞書機能を導入する方法

Kindle for PCをダウンロードしてインストールしただけでは、辞書機能は使えません。
実際に使う段階になったときに、初めて辞書をダウンロードするよう促されます。

OKを押すと、辞書がダウンロードされていきます。
これは、ちょっと時間がかかります。

2015062503.png






checkmark.png 3.辞書機能を使ってみる

では、準備が整ったら、使ってみましょう。
辞書を引きたい語句を選び、先ほどと同じように、「その他」から辞書を選ぶと、その語句の意味が表示されます。

2015062504.png



右下の方にある「全文表示」をクリックすると、このようにその語句だけではなく語句の前後の言葉の意味も含めて、表示されます。何気に便利!

2015062505.png



日本語を選択した場合は、自動的に大辞泉がセレクトされてくるのですが、それ以外の辞書を選ぶこともできるのです。
辞書の右上にある、設定アイコンをクリックします。

2015062506.png



そうすると、ダウンロード可能な辞書一覧が出てきます。
まぁ、自分が使う分には、英和辞典くらいかなぁ。Oxford dictionaryもあるので、使う人は使えると思います。

2015062507.png


ちなみに、導入したい辞書をクリックすると、このようにさらにダウンロードされてきます。

2015062508.png







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 やっぱりシェア機能がないのがつらい

まず、昨日の記事の訂正というか、お詫びです。
Kindle for PCは、今年の1月にすでに公式に発表されていたものでした
私が、単に知らなかっただけでした。お恥ずかしい…。
というわけで、すみませんでした。

一応、関連リンクも張っておきます。

Amazon、「Kindle for PC」公開 Windows向け閲覧アプリ 和書も対応 - ITmedia ニュース
Amazon、「Kindle for PC」公開 Windows向け閲覧アプリ 和書も対応 - ITmedia ニュース




さて、Kindle for PCには、半年経った今でもシェア機能は搭載されていません。
実にもったいない限りです。
iOS版のKindleには、TwitterやFacebookにシェアする機能があるだけに、すごく残念です。
自分的には、気になった一文などを、非公開アカウントのTwitterにつぶやき、それをEvernoteに集約するようにしているので、それができるようになると、もっと良いのにと思わざるを得ません。
今後のアップデートに期待ですね。

んーこうなると、新しいKindleが欲しくなってきます。








関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/322-a38dae9b
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG