TOP > Webサービス > title - Webサービスへはどんどん登録しよう

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Webサービスへはどんどん登録しよう

2009011301

例えば、はてなブックマークのホットエントリなどを見ているだけでも、ほぼ毎日といって良いぐらいに、新しいWebサービスが出てきています。実際は、毎日無数のWebサービスが誕生しているといっても言い過ぎではないくらいに、たくさんのWebサービスがあふれてきています。
これだけたくさんのWebサービスがあふれてくると、どのWebサービスに登録すべきかと迷ってしまいますよね?
これに対するシンプルな回答は、
とにかくどんどん登録しよう
です。


【どんどん登録すべき3つの理由】
 1.使ってみないと分からないことが多い
 2.あとで検索しても見つからないことがある
 3.登録しても大きな損害は起こらない



1.使ってみないと分からないことが多い
当たり前と言えば当たり前ですが、実際に登録して使ってみないと見えてこないことは多いです。前評判は高いのに、実際使ってみるとすごく使いづらかったり、評判ほどではないことは多いものです。逆に全く無名でも自分にとって無くてはならないツールになる可能性があります。ネット上の評判と自分にとっての必要感は、必ずしも一致しないということです。ただ、経験則としては、ネット上の評判が良いWebサービスは、たいてい良かったりします。

2.あとで検索しても見つからないことがある
見かけたときは、「こんなサービス使わないだろう」と思っていても、あとで必要になることは意外とあったりします。そして、その時には、検索しても見つからないことが多いのです。特に海外のサービスは、見つけづらいですね。しかし、登録しておけば、メールにも登録情報は残るし、ID Managerのようなツールに記憶させておけば、IDやパスワードの管理にも困ることはありません。Firefoxに記憶させておいてもいいでしょう。

3.登録しても大きな損害は起こらない
ここが、大きなポイントですが、個人情報をたくさん入力させるようなサービスでない限り、基本的に大きな損害は起こりえません。
もしも、問題が起こる可能性があるならば、スパムメールが大量に送られてくるぐらいでしょうか?しかし、たとえ大量のスパムメールが送られてきても、ThunderbirdGmailならば、自動的にスパムメールを排除してくれるので、問題はありません。あとは、ウィルスや詐欺の被害が考えられますが、最近のセキュリティーソフトは、ほぼ対応済みなので、気にする必要もないかと思います。もしも、個人情報をたくさん必要とするようなサービスであるならば、登録するとき慎重になった方がよいでしょう。


最近のWebサービスの特徴としては、個人情報をあまり必要せず、メールアドレスとパスワードのみで登録が完了するものが大半を占めます。そのようなサービスであるならば、登録するのにも時間はかかりません。迷うぐらいならば、すぐに登録してしまってから様子を見てもよいかもしれませんね。


■最近読んでいる本




生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)


福岡 伸一

講談社



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/33-b13c7192
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG