TOP > iPhone > title - Googleフォトは、標準写真アプリから置き換え可能か?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Googleフォトは、標準写真アプリから置き換え可能か?

2015070600.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
先月、GoogleからリリースされたGoogleフォト使っていますか?
なんといっても、1600万画素まで、無料で無制限にバックアップできるという太っ腹な対応に世界中が驚きました。
さて、そんなGoogleフォトのアプリですが、なかなか優秀なアプリなのです。
今回は、そのGoogleフォトのアプリは、標準の写真アプリと置き換えができるか?ということについてです。

  
【 Googleフォトは、標準写真アプリから置き換え可能か? 】  

 1.Googleフォトは、例外的に写真を消せる!

 2.標準の写真アプリとの比較

 3.置き換えは可能か?







checkmark.png 1.Googleフォトは、例外的に写真を消せる

先月、リリースされたGoogleフォトのアプリに世界中が驚きました。
そこで、使ってみたユーザーから、続々とレポートが寄せられました。
その中で一番興味深かったのは、これです。

知らないとマズい、「Googleフォト」で写真を削除すると同期している端末上からも消える事実とその対策 | アプリオ
知らないとマズい、「Googleフォト」で写真を削除すると同期している端末上からも消える事実とその対策 | アプリオ





なんと、Googleフォトの写真を消すと、カメラロールの写真も消えてしまうというのです。
そんな、バカな!?
今まで、ほとんどのアプリでは、カメラロールにアクセスすることはできても、カメラロールの写真を削除するような権限を持たせるようなことはしませんでした。

写真をGoogleフォトと同期させることによって、サーバー上で削除したらローカル(つまりカメラロール)も削除を同期するという、ある意味すごい荒技で解決しているようです。
Googleの技術力もすごいし、それを許したAppleも大したものです。








checkmark.png 2.標準の写真アプリとの比較

では、実際に標準の写真アプリと比較してみましょう。
標準アプリの機能解説は、あまりいらないと思いますが、比較として要点だけ押さえておきます。

1.起動
起動は、実際にコンマ単位まで計ったりしていないのですが、体感的に標準アプリの方が速いように感じます。Googleフォトは、若干(ほんの気持ち程度ですが)待たされる感じはあります。

2.閲覧
標準アプリは横4列に対して、Googleフォトは横3列で、少しだけ大きく表示されます。ただし、ピンチイン&ピンチアウトでスムーズにサムネイルを切り替えることができます。あと、大きな違いは、標準アプリは、上に向かって古くなるのに対して、Googleフォトは、下に向かって古くなるように並んでいます。

2015070601.png



コレクションでは、日別、月別?(明確に月ごとでもない)、年別に分けて表示できます。一方、Googleフォトでは、上のメニューから、大サイズ、日別、月別、年別(これが標準アプリの月別と同じような感じ?)で表示できます。

2015070602.png

2015070603.png



3.アルバム
標準アプリでは、アプリと関連づけされたアルバムが自動生成されたりしています。
それに対して、Googleフォトは、「コレクション」という中の一つとして、アルバムが存在します。
どちらも、新規アルバムは、自由に作成可能です。
アルバムの一覧性という観点で見ると、Googleフォトはカバーが大きく表示されるので、一覧性に欠けます。自分的には、標準の方がアルバムを見つけやすいかも。その代わり、Googleフォトは検索機能が強いので、アルバムを大量に作っても、何とかなりそうではあります。好みの分かれるところですね。

2015070604.png



4.編集機能
写真を簡易的に編集する機能についてです。
基本的にできることは、おおむね似ています。大きく違うところは、色調補正です。
標準アプリは、細かなパラメーターで微調整できるのに対して、Googleフォトは、サムネイルを見ながら分かりやすく補正するできることに主眼を置いているように見えます。また、Googleフォト内部で補正する以上を求めるときは、同じGoogle謹製のSnapseedでやってねという感じです。こういう割り切りは、ありですよね。

標準アプリGoogleフォト
・自動補正・自動補正
・トリミング・トリミング
・角度調整・角度調整
・フィルタ・フィルタ
・色調補正(ライト、カラー、白黒、赤目補正)・色調補正(明るさ、カラー、ポップ、周辺減色)


2015070605.png



4.バックアップ
この点に関しては、すでに勝敗は決しています。
標準アプリが、iCloudのみで容量も微妙であるのに対して、Googleフォトは、(1600万画素までなら)容量無制限と打ち出してきています。同期の速度も、どちらも同じくらいかと。

また、他のデバイスからの参照は、標準アプリは、iCloud経由で写真をまるごと同期してくれます。しかし、Googleフォトは、サムネイルは同期しますが、実際の写真はその都度ダウンロードしているように見えます。ここらへん、誰か検証してくれないかなぁ?


5.共有
様々なアプリへ写真を受け渡すことができるか?という点ですが、これはほぼ変わりません。
たぶん、iOSの機能を使っているからだと思われます。ただし、決定的に違うのは、標準アプリは、「壁紙に設定」という項目があるのに対して、Googleフォトにはありません。また、Googleフォトは、「リンクをクリップボードにコピー」という項目があります。

ちなみに、Googleフォトで「リンクをクリップボードにコピー」を選ぶと、GoogleフォトのURLがコピーされます。

2015070607.png




checkmark.png 3.置き換えは可能か?

さて、本論の標準アプリからの置き換えは可能か?という問題ですが、私は十分に置き換え可能だと思います。
というか、私は置き換えました。

ほぼ毎日起動するうえ、様々なシーンでPCとの連携などを前提として考えると、もはや標準アプリである必要がなくなってしまいました。Googleの各種サービスとの連携の良さも決め手です。もしも、私がMacだったら、違ったかもしれませんが、PCやChromebookだったら、切り替えても良いかもしれませんね。

2015070608.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 標準アプリの出番が少なくなってきたかも

最近、iPhoneの標準アプリを起動することが、すごく少なくなってきました。
連絡先にしても、今回の写真にしても、リマインダーにしても、それを上回るアプリの出現で、必要性が低下してくるのです。
今では、Appleというフォルダを作成して、もともと入っていた純正アプリを、そこに移動しているぐらいです。

Apple MUSICの出現で純正の音楽アプリが使いにくくなったと方々で言われています。
Appleが、ダメというのではなく、使い勝手の良い方にどんどん乗り換えていく方が、結果的にはハッピーな結果になるような気がしています。

音楽アプリに関しては、現在静観中ですけどね。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/331-d8fcfa0c
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG