TOP > 考察 > title - スマホが、ノートPCやデスクトップPCになる日

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

スマホが、ノートPCやデスクトップPCになる日

2015081300.jpg



情報管理LOGの@yoshinonです。
たぶん、それほど遠くない未来に実現されるであろうことの一つに、パーソナルなコンピューティングが大きく変わると思っています。
今回は、情報管理LOGが考える近未来のコンピューティングのお話です。


  
【 スマホが、ノートPCやデスクトップPCになる日 】  

 1.パーソナルコンピュータは、場所に付属する?

 2.モバイルが変えたもの

 3.小型化がもたらしたもの

 4.スマートフォンが、CPUになる日







checkmark.png 1.パーソナルコンピュータは、場所に付属する?

まずは、パソコンのおさらいから。
昔、パソコンは、気軽に持ち運びできるような大きさではなく、デスクトップが主流でした。
というか、デスクが、パソコンなんていう機種もありましたよね。

こんなのとか

2015081301.jpg


こんなの。

2015081302.jpg

※画像参照:土浦一高 旧本館 資料室:アナログコンピュータ,シャープMZ-80,PC9801,謄写版,エレクトーン - Imagine with 加藤和彦


ノートパソコンが、出始めの頃も、非常に重く気軽に持ち運ぶというよりは、「持ち運ぶことができる」といった感じでした。
なので、ノートパソコンといえども、ほぼ机の上に鎮座しているスタイルが一般的であったと思います。

このように基本的には、パーソナルコンピュータは、その「場所」に付属してあるものでした。









checkmark.png 2.モバイルが変えたもの

2015081303.jpg



しかし、CPUの高速化と低電力化、そして小型化により、コンピュータが持ち運ぶことができるようになると、活躍の機会が劇的に増え始めました。

初期のLibrettoなどは、その筆頭格でしたね?
※知らない人も増えてきたんだろうなぁ。
2015081304.jpg



そして、モバイルコンピューティングの最たるものが、スマートフォンではないでしょうか?

まさに、常に持ち運ぶことで、場所に依存しない使い方が可能になってきました。
例えば、Googleマップのナビ機能などは、移動することが前提の機能ですよね。写真や動画を撮るというのも、移動することが前提です。

また、ネットの発達とともに、クラウドコンピューティングという考え方も出てきました。これによって、端末自体のCPUパワーに依存しないでも、良くなりつつあるというのが、現在の状況ですね。








checkmark.png 3.小型化がもたらしたもの

そして、スマートフォンだけではなく、PCそのものも劇的に小型化されてきました。
ラズベリーのようなものから、スティック型PCと呼ばれるものまで出てきて、今までだったら、想定していなかったところでも使う場面が出てきましたよね。




スティック型PCってこんなの。



例えば、スティック型PCだったら、テレビの裏側につけて、動画専用で使うとか。








checkmark.png 4.スマートフォンが、CPUになる日




さて、やっと本論です。
これから、さらにスマートフォンのCPUの処理速度が上がっていった場合、それはPCと何が違うのか
ということになってきます。
現実に、現在のスマートフォンですら、ちょっと前のPCよりも高性能です。

こうなると、CPUと端末は、一セットという考え方から脱却しても良いのかもしれません。

スマートフォン自体を持ち運ぶCPUとして考えると、それと何を組み合わせて使っても良いと思いませんか?

つまり、スマートフォン自体を、PCのCPUとして機能させるのです。そうすることで、PCは、あくまでキーボードとディスプレイのついた入れ物であり、スマートフォンをつなぐことで、使用することができる端末に過ぎなくなるのです。
データは、クラウドかスマートフォン自体のメモリを利用すると。

これによって、PCはマウスやキーボード、ディスプレイさえあれば、どこでも使える超汎用的なものになるはずです。
世界中どこでも、自分のPC環境が使えるし、取り外せばスマートフォンになる。
スマートフォン自体が、個人の認証機器として機能するという感じですかね?





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 案外、Windows Phoneに期待してます

今回は、つらつらと自分の妄想を書きましたが、案外、こういう形になっていくんじゃないかな?と思っています。
そして、それへの一番道のりが近いのは、AndroidでもiOSでもなく、案外、Windowsではないかと考えています。

なぜなら、PCのOSでは、曲がりなりにもメジャーOSとして、未だに君臨しているというアドバンテージがあります。
さらには、最近のMicrosoftが、目指しているOne OSの世界観が、実にこの方向を目指しているような気がするのです。
ぜひとも、Microsoftには、がんばってもらいたいものです。







関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/357-7ad13e18
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG