TOP > 考察 > title - マンガは、電子書籍でOKかも?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

マンガは、電子書籍でOKかも?

2015091800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日の記事でhontoについての記事を書きました。実は、最近、マンガはほぼ電子書籍でしか買っていません。
というわけで、マンガは電子書籍でいいかも!?という記事です。


  
【 マンガは、電子書籍でOKかも? 】  

 1.最近は、電子書籍でOKな気がしてきた

 2.何冊でも持ち歩ける

 3.本棚を圧迫しない

 4.いつでも買える







checkmark.png1 .最近は、電子書籍でOKな気がしてきた

2015091801.jpg


以前は、やっぱりマンガとはいえ、手にとって読みたいと思っていた時期がありました。しかし、ここ最近では、全くそのようなこだわりは消えてしまい、マンガに関しては、電子書籍でもオッケーな感じになってきました。

実際、この半年以上、購入したマンガ本は全て電子書籍でした。

ちなみに、ここ最近買ったマンガは、こんな感じ。





以下は、私がマンガを電子書籍の方が良いと思うメリットを挙げていきたいと思います。






checkmark.png 2.何冊でも持ち歩ける

2015091802.png

一番始めに挙げられるメリットとしては、10冊だろうが、20冊だろうが、容量の許す限り入れることができます。
物理的な本だったら、絶対に無理な量を持ち歩くことができるのです。

本だったら、1、2冊あれば、十分な時間を使えますが、マンガの場合、1、2冊だったらすぐ読めてしまいますよね?
もしも、旅のお供にマンガも持っていきたいと思ったときは、電子書籍の方が圧倒的に有利なのです。







checkmark.png 3.本棚を圧迫しない

2015091803.jpg

我が家の本棚をのうち、1つ分の本棚をマンガで占められています。
そもそも、巻数が多い上に、刊行ペースが早いために、あっという間に本棚が埋まっていきます。ただでさえ、限られたスペースであるのに、それをマンガに占領されてしまうのもどうかと思っていました。

そう考えると、全く物理的なスペースを必要としない電子書籍は、スマートにマンガをしまっておく方法としては、かなり有効ですよね。

さらに、基本的には、何度もダウンロード可能なので、端末の容量を圧迫していると感じたら、削除してしまえば良いというのも良いです。







checkmark.png 4.いつでも買える

2015091804.jpg

上でも触れましたが、マンガは刊行ペースが早いので、どうしても巻数がかさみがちです。そのため、途中まで読んでいて、「続きが読みたい!」となったときに、いつでも購入できるというのは、心強いです。

売り切れもなく、並びもしないというのは、楽ちん極まりません。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 とはいえ、電子書籍はあなたの所有物ではありません

これは、あらゆるところで言及されているので、ご存じの方も多いとは思いますが、電子書籍は読むための権利を買っているだけで、そのデータを所有していることにはなっていません。

というわけで、膨大なコレクションを所有していても、母体となるサービスが倒れたり、あなた自身が(身に覚えもないのに)規約違反と言われて、急に読めなくなってしまうというリスクがないわけではありません。

しかし、今のところKindleや先日紹介したhontoなどは、安泰かな?と気楽に構えています。そういう意味でも、コレクション性の高いものは、電子書籍で買わないというのも、一つの見識かと思っています。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/386-68a8e899
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG