TOP > ソフト > title - 新しいPC環境に2度切り替えて、最終的に残った入れるべき厳選フリーソフト

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

新しいPC環境に2度切り替えて、最終的に残った入れるべき厳選フリーソフト

2015100800.jpg


情報管理LOGの@yoshinonです。
今年に入り色々あって、仕事で使っているPCが2度にわたって切り替えるということがありました。その度に、ゼロから元の環境に近くするために、ソフトを入れ直したり、設定をし直したりしました。
そこで、今まではPCの肥やしだったソフトなどは、ほぼ無くなり、「本当にこれだけは!」というソフトだけが残りました。今回は、そんな「これだけは、いれないと!」という厳選のフリーソフトを載せておきます。

  
【 新しいPC環境に2度切り替えて、最終的に残った入れるべき厳選フリーソフト 】  

 1.Chrome
 2.Lhaplus
 3.Dropbox
 4.Evernote
 5.紙copi
 6.MDIE
 7.Orchis
 8.Clibor
 9.fenrir
 10.Picasa
 11.VIX
 12.ATOK sync







checkmark.png 1.Chrome

2015100801.png

まずは、フリーソフトを導入するにしても、ブラウザがなくては始まりません。IEを使うのは、どうしても嫌なので、すぐにChromeを入れてしまいます。
Chromeは、Googleアカウントでログインすると、自分の環境がすぐに再現されるので、それだけでもかなりの安心感があります。元の環境で使っていた、ブックマーク(ブックマークレットを含む)、拡張機能、保存していたパスワード、ブラウザの背景画像などが、ログインするだけで復帰するのは、ありがたいですね。
逆に考えると、これがなくなると、死ねます。

設定でGoogleアカウントにログインすると、全て復活!
2015100813.png


Chrome ブラウザ
Chrome ブラウザ









checkmark.png 2.Lhaplus

2015100802.png

圧縮・解凍をするためのアーカイバソフトです。
まあ、定番といえば、定番ですね。ひねりがないですが、それで十分というかこれでも高機能ぐらいに感じています。フリーソフトをダウンロードして、解凍するためには、かなり早めにダウンロードします。

Lhaplus - 窓の杜ライブラリ
Lhaplus - 窓の杜ライブラリ









checkmark.png 3.Dropbox

2015100803.png

以前の記事でも触れましたが、様々なアプリやソフトのデータの中継基地化しています。
これも、ないと本当に困る。
でも、別にDropboxでなくてもいいかな?と思いつつ、抜群の安定感と他のクラウドサービスと比較して、セキュリティ的にもちょうどいいかなと思って使っています。

Dropbox
Dropbox




【関連記事】
Dropboxからの画像一括ダウンロードは、Folder Plusがいい感じ
IFTTTでスクリーンショットをDropBoxに送ったら捗った





checkmark.png 4.Evernote

2015100804.png

日々のTweetやGoogle+の投稿などのネット上の活動から、請求書や領収書のたぐい、ライフログの蓄積やアイデアの元など、実にありとあらゆるものを「これでもか!」と詰め込んでいるのが、Evernoteです。
これもなくなったら、余裕で死ねます。

大切な仕事のためのワークスペース | Evernote
大切な仕事のためのワークスペース | Evernote

※ここから登録すると、お互いにプレミアムプラン1ヶ月が付いてきます。お得!

【関連記事】
次に読む本は、Evernoteから
Evernoteのプレミアムプランの無制限が10Gになったけど、魅力と要望を語る
Evernoteのノートの共有を停止する方法について(iPhone版)【修正記事】
Evernoteのノートが、共有になっていないか確認しよう!(今すぐに!)
本の目次をEvernoteに保存しておくといいよ
Google+の投稿を自動的にEvernoteに投稿する方法
fenrirでEvernoteを検索する(2015年版)
Evernoteから添付ファイルを一瞬で一括して抜き出す方法
EvernoteとPicasaの組み合わせがとても良い
Evernoteのベーシックプランでも、メールでノートを作成するワザ
Facebookの投稿をEvernoteにストックする方法
Evernoteの目次ノートをショートカットに入れればいいんじゃない?
気になるモノはメディアマーカーでEvernoteにストックしておく
Wunderlistの完了タスクをEvernoteにアーカイブする
Evernoteという存在が盤石でなくなる日





checkmark.png 5.紙copi

2015100805.png

前も書きましたが、自分が2015年になっても、まさか紙copiを使い続けているとは、思ってもみませんでした。しかし、これに代わるテキストエディタが見つからないのです。
保存の必要が無く(入力と同時に保存される)、高速に動作し、フォルダ分けができる、というソフトってあるようで、ないんですよね。
現在では、Dropbox経由で同期しているので、バックアップも最強に強まっています。
世代管理もできるしね。

WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」
WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」




【関連記事】
紙copiの一歩上を行く使い方(ショートカット編)
EvernoteのWebクリッパーで取り込まれないサイトを取り込む方法
Textforceと紙copiの連携でどこでも執筆
Dropbox + 紙copiで最強メモバックアップ





checkmark.png 6.MDIE

2015100806.png

もっと便利なファイラがあるじゃないか!と言われるかもしれないですが、自分的には手になじんでしまったから…という理由で使い続けています。
とはいえ、タブで管理できたり、お気に入りで管理できたり、サクサクと動作したりと、特に困ってもいないので、これでいっかと思っています。
MDIE(タブ型ファイラー)
MDIE(タブ型ファイラー)








checkmark.png 7.Orchis

2015100807.png

ファイラを立ち上げたり、Windowsのスリープなどを実行したり、スクリーンセーバーを立ち上げたりと、かゆいところに手が届く感じのランチャーです。
マウスボタンのスクロールボタンクリックで立ち上がるように設定しています。

小物創作所
小物創作所









checkmark.png 8.Clibor

2015100808.png

昨年暮れぐらいから使い始めて、「なんでもっと早くから使っていなかったんだ…orz」と激しく後悔したソフトです。これは、クリップボード管理ソフトっていうのかな?
コピペが、すさまじく捗ります。
もはや、これ以前には戻れません。

amuns:code
amuns:code




【関連記事】
Clibor設定のキモ
Cliborを使ってみたら、異次元の使い心地だった





checkmark.png 9.fenrir

2015100809.png

テキストベースのランチャーです。
使えば使うほどに賢くなり、設定を極めれば極めるほど、究極に使い勝手が増すというソフトです。例えば、「ex」と打つと、エクセルが立ち上がったりします。
サジェスト機能で、打った端から候補を出してくれるので、「確かこんなファイル名だったかなぁ」というような感じでも、確実に出してくれます。
使わない日はないです。

B@r09u3 Style Op.2
B@r09u3 Style Op.2




【関連記事】
fenrirでEvernoteを検索する(2015年版)
fenrirを超速化する
fenrirのスキャンを高速化する!
fenrirで各ドライブを表示する方法
fenrirで高速快適ランチャ生活(後編)
fenrirで高速快適ランチャ生活(前編)





checkmark.png 10.Picasa

2015100810.png

Google謹製の画像閲覧ソフトです。高速なスキャンと表示、そしてGoogleフォトとの連携が特徴です。
しかし、私が、一番このソフトで使用しているのは、Picasaイメージビューアです。
これは、Picasaと関連づけられたファイルをダブルクリックすると、立ち上がる簡易ビューアなのですが、軽い上に「ふわっ」と画像が立ち上がってくる感じがかっこいいのです。
Evernoteの画像もPicasaイメージビューアで見られるようにしています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

【関連記事】
EvernoteとPicasaの組み合わせがとても良い
名刺の管理はPicasaが良い





checkmark.png 11.VIX

2015100811.png

これも、十分にいい感じに枯れたフリーソフトですね。
画像閲覧ソフトとして、一世を風靡しました。しかし、私は2015年も後半になっても使い続けますよ。
ものすごく閲覧速度が速いのはもちろんのこと、リネームやリサイズ、簡易的に明るさやコントラストをいじるぐらいなら、これで十分なのです。

ViX - 窓の杜ライブラリ
ViX - 窓の杜ライブラリ








checkmark.png 12.ATOK Sync

2015100812.png

最後は、ATOKのおまけソフト的位置づけなのですが、これがないと大変というソフトです。
ATOK自体は、もちろん優良なわけですが、このATOK Syncは、ATOKユーザー特典として無料でダウンロードできます。

私が、なぜATOKを使い続けるのかというと、このATOK Syncがあるからという面も強いです。これは、ユーザー辞書やお気に入り文章などを、常に同期してくれるというソフトです。ATOKの細かな設定なども、同期してくれるので、新しいコンピュータでしばらく文字打ちの修行が繰り返されるということが、皆無になりました。
まさに、その日のうちにいつもの文字打ち心地が、完全復活するのです。

ATOK Sync|さらに使いこなす|ATOK.com
ATOK Sync|さらに使いこなす|ATOK.com







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 ゼロからの構築がすごいラクになりました

10年ぐらい前だと、ゼロから新しいコンピュータを構築し直さないといけないとなると、1週間ぐらいかけて、ゆっくりやるしかないな、と思っていたものでした。しかし、今回、1年間のうちに2回もやる機会に恵まれて(?)、実際に取り組んでみると、1日ぐらいでほぼ元通りになりました。

この数年でクラウドサービスが、すごい勢いで発展してきていて、意識せずともその恩恵が大きくなってきていると痛切に感じました。

もはや端末に依存する度合いが、どんどん下がっていくと、端末が本当の意味で「端末」化する日も近いのかな?と思わされました。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/399-1fcab387
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG