TOP > デジタル機器 > title - iOSのBluetooth外付けキーボードでATOKを使って入力する方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

iOSのBluetooth外付けキーボードでATOKを使って入力する方法

2015111000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日の記事でiOSの外付けキーボードでは、iOSの標準のキーボードしか使えず、ATOKは使えないということを書きました。しかし、現在のところ一つだけ方法があります(2015.11.5現在)。
今回は、その唯一の方法についてです。

  
【 iOSのBluetooth外付けキーボードでATOKで入力する方法 】  

 1.救世主はATOK Pad

 2.ATOK PadでATOKを使うための設定

 3.キーボードは、慣れが必要かも

 4.ショートカットが使えるよ!







checkmark.png 1.救世主はATOK Pad

昨日の記事でバッファーのBluetooth外付けキーボードを買ったという記事を書きました

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

買ったのは、このiバッファローのキーボード。
信じられないほど軽い&薄いキーボードで、持ち運ぶのに全く苦労しません。

その記事の中で、残念ながら、外付けキーボードの場合は、iOSの標準のIMEしか使えないということを書きました。
やはり、標準のキーボードの変換は、おバカなかので、どうしても修正が多くなってきます。本来だったら、外付けキーボードであっても、サードパーティー製のIMEを解禁してくれれば、それで万事オッケーなのですが、現実はそうではありません。

しかし、最近ずっと放置していたATOK Padがあったことを思い出しました。
そういえば、あれは単体でATOKが使えたじゃない!






checkmark.png 2.ATOK PadでATOKを使うための設定

さっそく使ってみようとしたのですが、ATOK Padで文字を打つことができません。
実は、ちょっとした設定が必要なのです。

control + Spaceキー

で、キーボードを選択するのですが、英語(US)を選択しなくてはいけません。

しかし、それでも反応しないときもあります。その場合は、以下の手順でやってみてください。
まず、「設定」→「一般」→「キーボード」→「キーボード」で現在使えるキーボード一覧が出てきます。そこで、右上の「編集」をタップして、英語キーボードを一番上に持って行きます。

2015111001.png



その上で、他のアプリ上で、control + Spaceキーで英語キーボードを選択して、おきます。
そうすると、AtokPad上でも打つことができるようになります。

2015111002.png





checkmark.png 3.キーボードは、慣れが必要かも

私は、iPhoneやiPad関係の記事を書くことが多いのですが、普段の仕事はWindowsのPCがメインです。そのため、キーボードの配列など、少し慣れが必要なところがあります。

例えば、「Command」とか「Option」というキーは、Windowsにはありませんよね?最初は、それが何に対応するのかを検証しながらやることになります。その代わり、ESCキーやファンクションキー、そしてバックスペースキーが見あたらないので、どうすりゃいいんだ??となりました。

2015111003.png


けれども、人間の順応性の高さには驚かされるのですが、半日ほど格闘したら、ほぼPCレベルで打てるようになってしまいました。




checkmark.png 4.ショートカットキーが使えるよ!

ソフトウェアキーボードの場合は、基本的にショートカットが使えません。または、使えるショートカットがかなり制限されています。そもそも、iOSのキーボードには、Controlキーもありませんよね?

しかし、物理キーボードには、ControlキーもCommandやOptionキー(Windowsにはないけど)などがあります。それらを組み合わせて、カット&ペーストはもちろんのこと、アプリの切り替えなど多彩なキーアクションも使えるのです。

また、ATOK Padには、アプリ固有のショートカットキーアクションも用意されています。打っている文字列の末尾に移動とか、文章の先頭に移動とかはお手の物です。要するに普通の末尾のワープロソフトでできるようなキーアクションができるようになるということなのです。

option + W でショートカットキーの一覧が表示されます。

2015111005.png





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
見直したぞATOK Pad

今回紹介したATOK Padは、ずっとiPhoneやiPadに入れたままにしてあったアプリでした。Evernoteと連携するので、ここぞというときには使っていましたが、二軍的な位置づけではあったのは確かです。

しかし、ここにきて、外付けキーボード登場とともに一気にメジャーデビューとなりました。というわけで、この記事は、ATOK Padで打っています。

元はといえば、AppleがサードパーティーのIMEの締め出しをしているのが、悪いんですけどね。けれども、ATOK Padの使い勝手の良さを再確認しているところです。

関連記事

2 Comments

ボン太 says..."ATOKについて"
こちら、上記内容でトライをしましたが、
ATOKを指定して、入力してもローマ(英語)しか打てません。

何か、作業の足りないところがありますでしょうか?

ずっとAOTKを外付けで使用できず困っております。
ご指南を宜しくお願いいたします。鎌倉
2015.12.26 14:42 | URL | #- [edit]
yoshinon says..."Re: ATOKについて"
コメント、ありがとうございます。
ATOKを指定する方法では、日本語入力できないようです。
あくまで、英語(US)を指定しなくてはいけないです。そもそも、ATOK Pad自体が、ATOKを内蔵しているので、そのような仕様になっているみたいですね。
2015.12.31 10:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/424-64e86f5c
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG