TOP > デジタル機器 > title - MaBeeeという電池型IoTが、未来を運んできた!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

MaBeeeという電池型IoTが、未来を運んできた!

2015112200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、IoTが本当に身近なものになる可能性を秘めた、電池アダプターの紹介です。今までのIoT製品とは、ひと味もふた味も違いますよ。


  
【 MaBeeeという電池型IoTが、未来を運んできた! 】  

 1.まずはここから、IoTって何?

 2.MaBeeeってどんな製品?

 3.MaBeeeでできること

 4.おもちゃの制御だけじゃ終わらないよ?これ







checkmark.png 1.まずはここから、IoTって何?

2015112201.png


IoTというのは、Internet of Thingsの略で、モノのインターネット化と呼ばれる技術全般を指す言葉です。

家電を始めとして、様々なモノをインターネットに接続することで、今まで考えられなかったような使い方が実現できるとされています。
モノのインターネット - Wikipedia
モノのインターネット - Wikipedia



よく例えとして使われるのが、冷蔵庫です。
買ったものを入れておくと、賞味期限が近づくと、スマホに通知する。無くなったら、買い物リストに自動的に追加されるなど。

他には、家に近づいたら、自動的にエアコンが入って、家に入ることには適温に調整されているとか、電気を点灯してくれているとか。スマホでカギを管理するとか。
こんなのもそうですね。

実は、これすごく欲しい。

このように、IoTは少しずつ浸透し始めてきている段階です。
でも、いまいち、身近なモノになりきれていないというのが、率直なところです。





checkmark.png 2.MaBeeeってどんな製品?

さて、今回紹介するMaBeeeという製品は、そんなIoTが、一気に日常系になるという一品です。しかも、あとで触れますが、非常に応用範囲が広がりそうな製品なのです。

MaBeee(マビー)  |  電池にだって革命を – スマホで操作できる無線乾電池ケース
MaBeee(マビー)  |  電池にだって革命を – スマホで操作できる無線乾電池ケース




これ自体は、まだ販売されておらず、クラウドファンディングで実用化を目指している段階です。しかし、技術的には、確立されているようで、すでにクラウドファンディングサイトでは、目標金額の700%以上(!)集まっています。
第1回目の出荷予定が、来年の4月なので、今からこれに乗っかるというのもありですね。3000円程度だし。

2015112202.png


振って、喋って、傾けて!スマホで玩具も工作も動かせる電池型IoT「MaBeee」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)
振って、喋って、傾けて!スマホで玩具も工作も動かせる電池型IoT「MaBeee」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)




さて、このMaBeeeですが、電池のアダプタで、単4電池を入れると単3電池になるというものです。もちろん、これだけだったら、100均でも売っています。これのすごいところは、電池の出力をスマホで制御できるようになるという部分です。オンオフだけではなく、出力の幅を持たせることができるのです。

2015112203.jpg


おっと、これは思いもよらぬ部分から攻めてきた感がありますね。でも、ちょっと考えただけでも夢が広がると思いませんか?






checkmark.png 3.MaBeeeでできること

公式サイトやクラウドファンディングサイトで、応用例について載せてあります。

例えば、プラレールなどに入れれば、出発やカーブでの速度低下、そして駅で停まるなど、スマホで制御できます。

2015112204.jpg


ミニ四駆を一斉に走らせるとか。

2015112205.jpg


個人的に一番いいなと思ったのは、これですね。
子どもの歯磨きを頑張らせるのに、良いかなと思いました。

2015112206.jpg


さらに、特定のツイートに反応させることができたり、音声制御ができたり、電池側から情報を取得できるようです。

2015112207.png





checkmark.png 4.おもちゃの制御だけじゃ終わらないよ?これ

サイトでは、主におもちゃの制御関係の例が挙げられていましたが、むしろそれ以外への応用がすごいのではないか?と思いました。

特にTwitterのAPIに対応しているので、外出先からの制御が可能になることを意味します。今までIoT機器というのは、どうしても高額になりがちでしたが、このMaBeeeを間に挟むことで、間接的に様々な機器をコントロールすることができるのではないかと思います。
例えば、赤外線センサーの機器に組み込んで。外出先からツイートすると、赤外線に反応させることができる機器を動かすことができますよね?

また、MaBeeeからの情報を受け取ることができるということを利用して、簡易的な防犯システムを組むことも、難しくなさそうです。

MaBeeeをインターネットに接続可能なスイッチであると見なすことで、さらに夢が広がりそうですよね?







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 これは応援したいプロダクトです

今までIoTのイメージは、機器の機能に依存するような製品が多かったように感じます。しかし、MaBeeeは、電池という、機能ではなく機能を制御する製品であるという点が、非常に応用範囲が広く、未来を感じさせてくれます。

こういう、機能を簡単に制御できる製品が、出てくるとIoT周りも活性化してくるのだろうなと思っています。

ちなみに、私が注目しているIoT機器です。




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/436-6132f5f2
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG