TOP > 仕事ハック > title - 年始にやっておこう!1年分のスケジュールを一気にGoogleカレンダーに登録する方法

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

年始にやっておこう!1年分のスケジュールを一気にGoogleカレンダーに登録する方法

2016010200.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
あけましておめでとうございます。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

さて、年始と言えば、様々な1年の計を立てるわけですが、何をするにしても、まず1年間の仕事の軽重を把握しておくところからと思います。
というわけで、Googleカレンダーに一気に1年分のスケジュールを登録しておきませんか?


  
【 年始にやっておこう!1年分のスケジュールを一気にGoogleカレンダーに登録する方法 】  

 1.1年分のスケジュールを登録しておくと良いこと

 2.Googleカレンダーに一括登録する方法

 3.スクリプトを実行して一括登録する







checkmark.png 1.1年分のスケジュールを登録しておくと良いこと

2016010201.png

1年の計は元旦にありなどとよく言いますが、1年の最初の方にその年の様々な計画や目標を立てておくと良いのは間違いありません。
しかし、むやみやたらに目標を立てていっても、それは決して叶えられるものではありません。せっかく立てた目標なのですから、それを実行しないと意味がありません。

そこで、年間のスケジュールを見渡してみるというのが、一番効果的です。
1年間の自分のスケジュールを見渡してみると、仕事の軽重があるのがわかるはずです。もちろん、1年中忙しいという人もおられると思いますが、それでも必ず軽重はあるはずです。そこを見極めながら、どうやったら自分の計画や目標が、叶えられそうか考えていくのです。

私の周囲でも1年間分のスケジュールが分かっていないという人が散見されます。確かに1年分のスケジュールをポチポチと入力するのは、とても面倒ですよね?
というわけで、今回は、一気に一括でGoogleカレンダーにスケジュールを入力してみましょう!

1年の最初に頑張れば、あとはそれに付け足していくだけなので、ラクができますよ。






checkmark.png 2.Googleカレンダーに一括でスケジュールを登録する方法

Googleカレンダーに一括でスケジュールを登録するというのは、以前にも情報管理LOGで扱ってきていました。でも、けっこう重要なので、やや再掲に近いですが、載せていきますね。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

ちなみに、以下に掲載するスクリプトは、冬木照さんという方が作成されたものです。本当に、これすごいんだ!
こちらで、最新版など紹介されています。

冬木照GAS開発室 - Google+
冬木照GAS開発室 - Google+






さて、やり方ですが、以下の手順でやれば誰でも簡単にできますよ。



1.スプレッドシートのURLにアクセスする
↓これね。

https://drive.google.com/open?id=1YhLCA1D0tzc-90puX23d60kZSCuzzlz4PwFlpOpkgAE&authuser=0

※2015年05月29日リンク修正しました

2.「ファイル」→「コピーを作成」→自分用にコピーを作る
冬木照さんが作成したGoogleスプレッドシートにアクセスできるので、そこから「ファイル」→「コピーを作成」で自分のスプレッドシートにコピーします。

2015032102.png

2015032105.png



3.「ツール」→「スクリプトエディタ」
メニューの「ツール」→「スクリプトエディタ」から、スクリプトエディタを起動します。

2015032103.png


4.「実行」→「onOpen」
スクリプトエディタのメニューから「実行」→「onOpen」。

2015032104.png



5.承認画面が出たら「続行」
承認を求められますので、「続行」。

2015032106.png


カレンダーへのアクセスを求めてきますので、「承認する」。

2015032107.png


6.スプレッドシートに戻るとメニューに「自動処理」が増える
スプレッドシートに戻って、メニューの「自動処理」の中身を見ると、増えてます。

2015032108b.png






checkmark.png3.スクリプトを実行して一括登録する 

1.登録するカレンダーを設定する
まずは、登録するカレンダーを設定します。
登録するカレンダーは、別タブに表示されていますよ。

2015032109.png


2.スケジュールの入力
一括登録の実験ですので、適当な名前のスケジュールを5つほど。
スケジュール登録の際は、予定が終日であれば「終日」、そうでなければ「開始日時」・「終了日時」を入力します(両方入力すると、「終日」が優先されます)。
また、説明や場所などは、任意です。

2015032110c.png



3.自動実行でカレンダーに反映
それでは、いよいよGoogleカレンダーに反映させてみます。
「自動実行」→「作成」をクリック。すると、「スクリプトを実行しています」と出るので、しばらく待ちましょう。

2015032111.png


数秒したら、「処理状況」が、全て「完」になれば、終了です。

2015032112.png


では、確認してみます。
おおっ!きちんとGoogleカレンダーに反映されています。これは、すごい!

2015032113.png


2015032114.png


なお、大量に登録する時には、やや時間がかかります(手で入力するよりは、圧倒的に速くて一瞬に近いけど)。
また、大量すぎて、エラーが出る場合は、100件程度に小分けすると良いと思います。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 1年を見渡してみると見えてくること

実際に仕事が動き始めると、1~2週間単位でスケジュールを見ていくことが多いと思います。しかし、1年間をなめるように見ていく機会というのは、実は年間を通して、それほど多くはないのではないでしょうか?

1年のスケジュールを見渡してみると、「ここら辺に余裕がありそうだから、旅行してみようかな?」とか、「ここ忙しそうだから、早めに片付けておこう」などという
判断がしやすくなります。
GTD的にも巨視的にスケジュールを眺めていくことの効能が説かれていますが、近視眼的に見ているだけでは気づかないことが多いからなのかもしれないですね。

というわけで、上のGoogleカレンダーに一括して登録するスクリプトは、すごく有効なので、是非使ってみてください。
私は、数100件のスケジュールを一気に登録しています。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/469-7c50bf48
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG