TOP > iPhone > title - AssistiveTouchに加えると便利になるアクション

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

AssistiveTouchに加えると便利になるアクション

2016011000.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
AssistiveTouch使っていますか?
私は、AssistiveTouchを単なるホームボタンの代わりに表示するやつとは、思っていません。むしろ、積極的にAssistiveTouchを推進していきたいと考えています。
今回は、AssistiveTouchにこんなアクションを加えると、iPhoneやiPadが、すげー楽になるよ!ということについてです。


  
【 AssistiveTouchに加えると便利になるアクション 】  

 1.AssistiveTouchってそもそも何?

 2.AssistiveTouchのカスタマイズ

 3.追加すべきアクション








checkmark.png 1.AssistiveTouchってそもそも何?

AssistiveTouchというのは、ホームボタンが効かなくなったときのために、ホームボタンを使わなくてもiOSを扱えるようにするための機能です。
分からない人にとっては、「全く意味が分からないよ!」と、なりそうなので以下の画像を見てください。
これが、AssistiveTouchです。
この薄暗い二重丸みたいなやつね。

2015110302.png


これ自体は、画面上の端の方だったら、どこにでも配置することが出来ます。

2015110303.png


そして、タップすると…



このように、いくつかの機能が使えるのです。
例えば、「ホームボタン」だったら、ホームボタンをクリックしたときと同じ反応をiOSがしてくれるのです。

AssistiveTouchの出し方は、

設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouch

で、オンにすると現れます。

2015110305.png


2015110306.png






checkmark.png 2.AssistiveTouchのカスタマイズ

嬉しいことに、iOS9からAssistiveTouchが、柔軟にカスタマイズできるようになりました。これに関しては、以前も書きました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

もう一度、簡単に見ていくと、先ほどのAssistiveTouchのところで

「最上位レベルのメニューをカスタマイズ」からカスタマイズできます。

2015110307.png






checkmark.png 3.追加すべきアクション

さて、最後に情報管理LOGおすすめのアクションを載せておきます。
上でも載せましたが、AssistiveTouchの配置をこのように設定しています。
このL字の部分が、指が届きやすい部分になります。なので、本当によく使う機能を、この部分に割り振ると良いです。

2016011002.png


まず、下段から。

2016011003.png


左側は、「コントロールセンター」です。私は、頻繁にWi-Fiのオンオフを切り替えるので、一日に何度も使っています。

下段の真ん中は、「ホーム」を割り振っています。この位置にしたのは、ホームボタンの位置と揃えたかったからです。
右手にiPhoneを持ったときに、ホームボタンって押しにくくないですか?でも、AssistiveTouchだとまさに親指の位置に、このホームが来るんですよね。

下段右側は、「マルチタスク」にしてあります。
タスクの切り替えに物理ボタンを使わずに済むと、本当に楽ですよ。いや、本当に!

2016011006.png




真ん中の段は、中央には配置できないので、左右のみになります。

2016011004.png


左側は、指が届きづらいので、使う頻度があまりないものを入れています。この「カスタム」というのは、画面上で行うことができるピンチやタップなどのジェスチャーを入れることができます。
私は、3つしか入れていません。いまいち、使いこなせていません。

右側は、逆に指にジャストフィットな位置にあるので、「画面をロック」を入れています。これによって、電源ボタンで画面のオンオフすることが激減しました。AssistiveTouchを知らない人が見て、一番驚かれるのが、これですね。大した機能じゃないんですけどね。



上段は、この3つです。

2016011005.png


まずは左から。「トリプルクリック」です。
先日もこの件について書きましたが、これで最低輝度よりもさらに一段階暗くする設定にしています。
Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

真ん中は、「スクリーンショット」を入れています。
これは、ブログを書く際に割と多用しています。いちいち、電源ボタン+ホームボタンの同時押しとかしなくて良いので、スクリーンショットを撮るのも楽になりました。

最後の右側は、「通知センター」を入れています。
通知センターって、上から指を伸ばして、下に下げなくてはいかないので、手のポジション的に厳しいんですよね。でも、AssistiveTouchを使うと無理なく使えます。






eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 AssistiveTouchを推進しています

最初の頃のAssistiveTouchは、ホームボタンが調子悪いときの代替手段的な位置づけだったと思っていました。しかし、今ではすっかり、ホームボタンを凌駕する存在になっています。
今までも何度かiPhoneからホームボタンが廃止されるのでは?という憶測がたてられることも多かったのですが、このAssistiveTouchの進化具合を見ていると、Androidとは違った形で進化していくのかな?と思わないでもないです。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/476-56bb4f49
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG