TOP > デジタル機器 > title - Olympus PEN Lite E-PL6でFlash Airの接続できない問題を解決する

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Olympus PEN Lite E-PL6でFlash Airの接続できない問題を解決する

2016011700.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、Olympus PEN Lite E-PL6を購入しました。
少し重いコンデジ並みの重さでありながら、ミラーレス一眼ということで画質はバッチリです。持ち歩きカメラとして、これから活躍しそうです。
さて、このE-PL6ですが、Wi-Fiを内蔵していないので、FlashAirというWi-Fi内蔵のSDカードを使うことにしました。しかし、なぜかWi-Fi接続できないという現象に悩まされることに…。
今回は、PEN Lite E-PL6ユーザーでFlashAirをこれから使う人という、とてもニッチな感じの記事ですが、これで解決しましょう!


  
【 Olympus PEN Lite E-PL6でFlash Airの接続できない問題を解決する 】  

 1.Olympus PEN Lite E-PL6を買った!

 2.FlashAirが使えない?

 3.PEN Lite E-PL6のファームウェアをアップデートする

 4.iPhoneから接続してみる







checkmark.png 1.Olympus PEN Lite E-PL6を買った!

先日、Olympus PEN Lite E-PL6をAmazonさんで買いました。
ほぼ3万円ぐらいという安値だったので、思い切りました。


これが、Olympus PEN Lite E-PL6!
ほんの少しのぞく赤色がかっこいい!
黒にして正解でした。

2016011701.jpg

2016011702.jpg


後ろの液晶は、動くので高い位置からの撮影や自撮り(しないけど)にも便利ですね。

2016011703.jpg





checkmark.png 2.FlashAirが使えない?

さて、そんな大満足のE-PL6ですが、残念なことに、最近のコンデジだと当たり前のように使えるWi-Fi機能を備えていないのです。


仕方ないので、Eye-Fiにするか、FlashAirにするか少し迷いました。しかし、全ての写真を自動的に転送して欲しいわけではなく、欲しい写真だけをセレクトして保存したいので、FlashAirにすることに(若干安いし)。

最後まで迷ったEye-Fi mobi。


そして、結果的にこちらにしたFlashAir。




さて、届いたFlashAirをさっそくE-PL6に入れてみました。
私が注文したFlashAirは、並行輸入品ということで、中国からのモノでした。やや不安な気持ちになる…。

2016011704.jpg



説明書も中国語(裏面は、英語)。

2016011705.jpg


様々なサイトで使い方を確認して、いざ起動!!
通常だと、カメラの電源を入れたらFlashAirが起動し、iPhoneでWi-Fiをつかむことができるはずです。
しかし、何度やってもiPhoneでFlashAirのWi-Fiをつかむことができません。
何か手順が間違ったか?と何度もヘルプなども読み直しました。も、もしかして、噂に聞く初期不良ってやつか?とも疑ってみました。





checkmark.png 3.PEN Lite E-PL6のファームウェアをアップデートする

FlashAirのバージョンアップが必要だという情報などもありましたが、どうもそれも違う様子です。

FlashAirのヘルプを見てみたら、こんな記述が!!!

~ FlashAiir SD-WEシリーズを E-PL5,E-PM2,E-PL6にご使用のお客様へ ~
ワイヤレスデータ転送機能をカメラのメニュー操作で制御する際は、最新のカメラ・ファームウェアへのアップデートの必要があります。 (2015/6/11 現在)
詳しくは、http://www.olympus.co.jp/jp/support/cs/dslr/fw/index.html#penをご確認ください。
上記のURLが停止したり、予告なく変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。



な、なんだってーー!

仕方が無いので、E-PL6のファームウェアをアップデートすることに。
というか、最近のカメラは、こうやってアップデートできることに驚かされます。

アップデートのデータは、こちらから。

フォーサーズシステム ファームウェアアップデート | オリンパス
フォーサーズシステム ファームウェアアップデート | オリンパス




そして、アップデートの仕方は、こちらを参考にしました。

[002179]カメラのファームウェアをアップデートする方法を教えてください。 (オリンパスデジタルカメラアップデーター使用) | オリンパス
[002179]カメラのファームウェアをアップデートする方法を教えてください。 (オリンパスデジタルカメラアップデーター使用) | オリンパス





上記のサイトからアップデートデータをダウンロードします。

2016011706.png


すぐにPCにインストールしましょう。
「日本語」を選択。

2016011707.png


迷わず「次へ」。

2016011708.png


これも迷わず「はい」。

2016011709.png


この段階でE-PL6をUSBでPCに接続します。バッテリが満タンだったら問題ないです。

2016011710.png


PCに接続すると、このような画面がE-PL6に出るので、「ストレージ」を選択してOK。

2016011711.png


買ったばかりの状態だと、この2つがアップデートデータとして提供されています(2016.1.15段階)。
カメラのボディと、なんとレンズも!
「アップデートを実行」をクリック。

2016011712.png



「同意する」をクリック。

2016011713.png


そうすると、すぐにファームウェアのアップデートが始まります。

2016011714.png


こんな感じの状態でしばらく待ちます。

2016011716.jpg


しばらくすると、E-PL6の画面に大きく「OK」と表示されたら、ファームウェアのアップデートは完了です。
もしも、レンズのファームウェアのアップデートを行うならば、「続けてアップデートを行う」で上と同様の手順でやってみましょう。

2016011717.png

2016011718.png






checkmark.png 4.iPhoneから接続してみる

E-PL6から接続するときには、普通のFlashAirの接続方法とは、少し違います。

通常のカメラだと、カメラの電源を入れた段階で、すぐにFlashAirが起動し、iPhoneのWi-Fi設定でつなぐことができるようです。
しかし、E-PL6の場合、メニューボタンからメニューを呼び出し、再生メニュー(上から3番目)を表示します。
その中にある「スマートフォン接続」をクリック。

2016011719.png


「プライベート接続」と「ワンタイム接続」という項目が2つあります。通常の接続の場合は、「プライベート接続」でOKです。「ワンタイム接続」は、第三者に接続させるときに使う設定です。

2016011720.png


「接続を開始します」と出るので、OKのボタンを押してください。



通常のiPhoneのWi-Fi接続で接続します。
「flashair_0000000」というSSIDで出てくるので、それをタップしたらつながります(このSSIDは、変更可能です)。

2016011721.png


あとは、FlashAirのアプリか、Olympusのアプリか、どちらか好きな方でiPhoneに転送してみてください。
こちらが、FlashAirのアプリ。

2016011722.png


FlashAir
カテゴリ: 写真/ビデオ





そして、こちらがオリンパスのアプリ。

2016011722.png


OLYMPUS Image Share
カテゴリ: 写真/ビデオ






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 使えるようになるとすごく便利!

FlashAirが使えるようになるまで、約1日ほど悩みましたが、それ以降はすこぶる快適に使えています。FlashAirもオリンパスも、もう少しユーザーサイドに立ってくれると、すごくありがたいのにな…。と今回は、しみじみ思いました。

撮った写真をその場でiPhoneやiPad miniで表示できるというのは、なかなか便利ですね。
その場でシェアもできるし、Googleフォトにバックアップもできるしね。





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/481-176e113c
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG