TOP > Evernote > title - 明日でサポート終了するEvernoteのSkichとClearlyの代わりはこれです!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

明日でサポート終了するEvernoteのSkichとClearlyの代わりはこれです!

2016012100.png

情報管理LOGの@yoshinonです。
昨年(2015年)の12月18日にEvernoteのSkitch、Clearly、Evernote for Pebbleの一部を除きサポートを終了するというアナウンスがありました。
実は、明日(2016年1月22日)が、そのサポート期限になっています。そこで、情報管理LOGが、Skitch、Clearlyの代替機能となるであろうものをセレクトしてみました。PC版、アプリ版両方セレクトしてみました。


  
【 明日でサポート終了するEvernoteのSkichとClearlyの代わりはこれです! 】  

 1.Evernoteのサポートが終了します

 2.Skichの代わりになるもの

 3.Clearlyの代わりになるもの







checkmark.png 1.Evernoteのサポートが終了します

昨年の終わり頃にEvernoteから、急きょSkitch、Clearly、Evernote for Pebbleの3つのサービスについて、サポートを終了するというアナウンスが出されました。

お知らせ: Clearly、Evernote for Pebble、Skitch の一部バージョンのサポート終了について - Evernote日本語版ブログ
お知らせ: Clearly、Evernote for Pebble、Skitch の一部バージョンのサポート終了について - Evernote日本語版ブログ



特にSkitchとClearlyは、単独機能としても優れていたので、愛用していた人もかなりいたのではないでしょうか?

Skichについては、iOS, Android, Windows & Touchと、ほぼ壊滅(Mac版のみ継続)。
そして、Clearlyは、Chrome拡張なので、終了となります。
もちろん、サポートが切れる「だけ」なので、現在インストールしてある人は、継続して使うことはできます。しかし、サポートがないというのは、あまり気持ちの良いものではないです(セキュリティ的にもね)。

そこで、以下に代替機能になりそうなものをピックアップしてみました。





checkmark.png 2.Skichの代わりになるもの

<iOS>
まずは、大本命のMarkeeです。
Skichよりも高機能で注釈だけではなく、ぼかしやスポットライト機能なども使えるすごいやつです。

ほぼSkich?という感じですね。画像としては、こんな感じになります。

2016012101.png


Markee
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化






次にオススメするのは、Phontoです。
こちらは、どちらかといえば、写真文字入れアプリといった感じですが、これがなかなかどうして、高機能なのです。フォントもかなり充実しているので、これだけで、アイキャッチとかできそうですね。

イメージとしては、こんな感じです。

2016012102.png

Phonto 写真文字入れ
カテゴリ: 写真/ビデオ, エンターテインメント





実は、文字入れだけだったら、山ほどアプリがあるのですが、どれもギャルギャルしく、使う気になれないんですよね…。

あとは、単機能アプリとしては、モザイクをかけるのに特化したアプリです。

モザイク ぼかし & モザイク加工アプリ [無料版]
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化



こんな感じですね。

2016012103.png





<Windows>
Windowsの場合だと、Screenpressoほぼ一択ではないかと思っています。
もちろん、文字入れや、画像編集ソフトだったら、山ほどあることは分かっていますが、Skichの持ち味である、サクッと文字入れや矢印を入れて、保存するというスタイルとは、ちょっと違うなぁと思わざるを得ません。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

Screenpressoだと、こういうのや

2015060410.png


こういうのが、サクッとできてしまいます。

2015060411.png


はっきり言って、自分的にはPCに関しては、Skich越えだと思っているので、最近はSkichを使っていませんでした。


もう一つ、Evernoteの内蔵のSkich的な機能を使うというのも選択肢としてはアリです。ただし、一度、Evernoteに入れなくてはいけないというのが、何とも…。
ただ、Skichとほぼ同じ機能が、そのまま入っていると考えて良いです。

2016012104.png

2016012105.png





checkmark.png 3.Clearlyの代わりになるもの

さて、一番の困りものが、Clearlyです。
実は、もっとも代替を探すのが、難しいのです。
Evernote Web Clipperが、その代替になるとEvernote側では説明していますが、ちょっと違うんだよな…。

Evernote Web Clipper - Chrome ウェブストア
Evernote Web Clipper - Chrome ウェブストア



Clearlyは、「読むこと」をメインとして捉えていて、Evernoteへのクリッピングは、おまけであるのに対して、Evernote Web Clipperは、あくまでEvernoteにクリッピングすることが主体なのです。

背景や文字の大きさを自由に変えることができるのが、良かったのです。

2016012106.png


現状、代替になるのは、前述のEvernote Web Clipperか、あえてのPocketとしておきます。

Pocket
Pocket: マイリスト




Pocketとしたのは、iOSのPocketからEvernoteなどのWebサービスやアプリに共有するのが、簡単だからなのです。

2016012107.png


また、Web版では、Clearlyと同じように文字サイズや背景などが選べるというのもよいですね。

2016012108.png





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 正直、かなりがっかりです

Evernoteの花形アプリであったSkichとChrome拡張のClearlyのサポートを切るという判断には、正直かなりがっかりしました。
特にClearlyは、Pocketに入れるまでもないけど、文字を読みやすくしたいというときに、かなり高頻度で使っていたので残念です。

Evernoteは、昨年くらいから、かなり迷走状態に入っているのですが、選択と集中ということで、Evernote本体に注力しようという戦略のようです。ぜひとも、Evernoteには、これからユーザーの快適さを第一に考えた、ソフト開発に頑張って欲しいですね。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/484-8a32c64d
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG