TOP > デジタル機器 > title - So-netの0SIMってIoTと、すごい親和性があるのでは?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

So-netの0SIMってIoTと、すごい親和性があるのでは?

2016013000.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
年末に販売された「デジモノステーション2月号」の付録としてついていたSo-netの0SIM(ゼロシム)が、超話題になり、町中の本屋さんからデジモノがなくなったというのは、記憶に新しいところです。
ヤフオクでは、ものすごい高騰していたりしました。
しかし、つい先日、So-netから0SIMが、とうとう販売されました。これ、もしかしたら、ものすごい可能性を秘めているのでは??



  
【 So-netの0SIMってIoTと、すごい親和性があるのでは? 】  

 1.So-netの0SIMって何?

 2.IoTとものすごく親和性が高いのでは?

 3.500Mbまでで考えられること







checkmark.png 1.So-netの0SIMって何?

年末の押し迫ったときに販売されたデジモノステーション2月号の付録にSo-netの0SIMというものが、付録として付いていました。


この0SIMというのは、月々500Mbまでならば、月額無料で利用できるSIMなのです。
そのため、買い占め&転売もものすごい勢いで行われ、小さな街の本屋さんすらすぐにデジモノの姿が消えてしまうという有様でした。さらに、その後、ヤフオクで高騰するという流れに…。

ところが、(予想されていたことですが)先日、So-netから正式に、この0SIMが発売されました。

0 SIM | So-net モバイルサービス
0 SIM | So-net モバイルサービス





この0SIMの特徴は、先ほど述べたように500Mbまでは、0円という圧倒的な安さにあります。さらに、500Mb以降は、100Mb毎に100円ずつ上がっていき、2Gb~5Gbまでは、1600円で定額になるようになっています。

2016013001.png



通信速度的には、LTE網を使うので、遅くはないです。

2016013002.png



音声通話やSMSが付いているタイプのものもあります。音声通話だと500Mbまでは700円です。

2016013003.png



ただし、開通するのに3000円かかります。
また、万が一、5Gbを越えてしまった場合は、チャージもできるようになっています。

2016013004.png



あと、基本的に1人1契約となっているので、複数運用したい場合は、家族名義でやるしかないですね。






checkmark.png 2.IoTとものすごく親和性が高いのでは?

さて、このSo-netの0SIMですが、私はこれは、IoT運用用のSIMとして、最適なのではないか?と思っています。

IoTって何?という人は、ここら辺を読んでみてください。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



センサーで受信したものを常時、ネットに流すという用途を考えたときに、なかなか今までは、良い方法がありませんでした。
Wi-Fi環境のあるところだったら、全然問題なくできても、Wi-Fiがないところで運用するとなると、一気に難しくなるのです。


0SIMと同じように、IoT向けのSIMとしては、SORACOM Airがありました。



SORACOM Air とは - 株式会社ソラコム
SORACOM Air とは - 株式会社ソラコム




これも、かなり格安運用できるのですが、0SIMの方が個人で使う分には、軍配が上がりますね。結局、1ヶ月あたりのデータ通信量が、500Mbに抑えることができる用途には、圧倒的に0SIMの方が良いということになりそうです。
ちなみに、SORACOM Airは、事務手数料が560円(税別)、1日あたり10円で、従量課金制です。

2016013005.png






checkmark.png 3.500Mbまでで考えられること

では、500Mb未満でできることを考えてみましょう。
まず、前提として、Wi-Fiが使えないところで使用するということで考えます。なぜなら、Wi-Fiがあれば、Wi-Fiで十分だからです。


1.観測データの送信
温度でも湿度でも、何でも良いのですが、基本的に数的なデータは、それほど容量を食いません。1ヶ月送信し続けても、500Mbまで達することはないです。
特に屋外でWi-Fiが使えなさそうな場所で威力を発揮しそうですよね。畑の管理とか、研究データをとったりとか。

ちなみに、SIM対応のRaspberry Piの拡張基盤を使うことで、ラズパイで0SIMの運用ができるようになります。
これね。



もしかしたら、この組み合わせでもできちゃうかもね!







2.画像の定期送信
100~200Kb程度の画像データならば、1日あたり80枚前後を送信し続けても、500Mbにはなりません。つまり、1時間あり3枚ぐらいという計算です。監視カメラとしては、かなりダメダメですが、定点観測として使用するならば、十分に利用価値はありそうですね。



3.iPad miniをポメラ風に使う
ここからは、私の趣味展開ですが、Cellularモデルに差して、テキスト送信用としてだけ使うという使い方。外付けキーボード+ATOK Padの組み合わせだったら、ポメラ並みに便利かも。
または、使わなくなったスマホに差して、デザリングでもいけるかも。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly



4.複数枚運用でデータ専用として使う
もしも、家族分として購入した場合、それを抜き差しして使うことになります。それによって、3枚分だったら1.5Gbまでできるようになります。これだったら、Twitterぐらいだったらいけるのでは?







eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 こういうSIMがどんどん出てきて良いと思う

0SIMは、デジモノの売り切れ続出からも分かるように、相当に注目度の高いものでした。MVNOで格安に通信を運用するというスタイルが、認知されてきましたが、さらにこういう変わり種SIMが、たくさん出てくることで、今まで単に携帯に入れるだけだったSIMの運用方法が、大きく変わる可能性が出てきましたね。

ぜひ、他のところもこういう意欲的なSIMを出してもらいたいものです。


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/494-17e8a050
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG