情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

iOS版のChromeのデータセイバーがなくなりました。その理由とは?

2016年02月02日
Chrome関連 0
2016020200.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、iOS版のChromeをバージョンアップすると、データセイバーが使えなくなりました。
今回は、データセイバーがなくなってしまったことの影響となぜなくなったのかについてです。


  
【 iOS版のChromeのデータセイバーがなくなりました。その理由とは? 】  

 1.データセイバーとは何だったのか?

 2.Chromeの最新版からデータセイバーがなくなりました

 3.3.WKWebViewとは何か?








まず、基礎知識としてですが、いままでのiOSのChromeは、データセイバーという機能がついていました。
このデータセイバーという機能ですが、これはブラウザで読み込むデータをあらかじめGoogleのサーバで圧縮してからダウンロードし、ローカルで解凍してブラウザに表示するという仕組みでした。

これにより、最大約70%近くのデータを圧縮することができたのです(通常は、20%~30%ぐらい?)。
しかし、その恩恵と引き換えに、正常に通信されなかったり、表示されないという不具合も報告されていました。

Chrome のデータセーバーを使ってデータ使用量を減らす - Chrome ヘルプ
Chrome のデータセーバーを使ってデータ使用量を減らす - Chrome ヘルプ








モバイルユーザーとしては、やりとりするデータ量が少ない方が良いのが、速度的にも懐的にもありがたいはずです。

しかし、データセイバーがなくなったことで、間違いなくデータ量が増大することが予想されます。

実際にiPhoneのChromeを見てみると
「設定」→「帯域幅」

2016020201.png


「データセイバー」

2016020202.png


…使えなくなっていますね。






さて、先ほどの「データセイバー」の項目から詳細をタップすると、Chromeのヘルプに行きます。

2016020203.png



なるほど、”Apple社が提供する最新ウェブレンダリングエンジンWKWebViewが導入されたため”とありますね。

2016020204.png


ん?でも、WKWebViewって何?
というわけで、調べてみました。

どうやら、以下のような特徴があるようです。

・JavaScriptネイティブ
・JavaScriptが、高速化
・Safariのような閲覧履歴が使える
・プログレスの取得が簡単にできる(実装は、各Webで)
・タイトルやURLの取得が簡単にできる


などなど

詳細は、こちらの方が分かりやすいので、ご参照を。




ChromeのウェブレンダリングエンジンをWKWebViewに切り替えたことによって、今までChromeで独自に実装してきたデータセイバーが使えなくなったということだったのですね。






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 無くなるときは、ひっそりなのです

今回のデータセイバー廃止については、アップデートのリリースノートには載っていません。しかし、ヘルプにはきちんと載っています。

しかし、ユーザーサイドにとっては、割と影響が大きいはずです。
できたら、こういうユーザーサイドにとって影響の大きいアップデートに関しては、きちんと説明が欲しいですね。
特にモバイルユーザーでこの機能の恩恵にあずかっていた人は、打撃が大きいかもしれないですね。





関連記事

コメント0件

コメントはまだありません