TOP > 仕事ハック > title - 大量のカラー印刷は、もはやネットで外注がいいんじゃない?

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

大量のカラー印刷は、もはやネットで外注がいいんじゃない?

2016030100.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
今回は、価格破壊の現場からです。
この分野の価格破壊っぷりは、本当にすさまじく、今までの価格はなんだったの?と言いたくなること必至です。


  
【 大量のカラー印刷は、もはやネットで外注でいいんじゃない? 】  

 1.チラシの印刷などをする場合のコスト

 2.東京カラー印刷の爆安っぷり

 3.発注の際の注意点

 4.東京23区ならば、3時間仕上げもあります







checkmark.png 1.チラシの印刷などをする場合のコスト

この数年間の中で、大量にチラシやカラー印刷をする機会がありました。最初は、いくつか印刷屋に問い合わせを行い、見積もりを出してもらったのですが、どうしても予算内に収まる形にはなりませんでした。

では、自分たちでカラーレーザーで印刷するとしたら…ということで、試算してみました。
参考にしたのは、こちらのサイトです。

比較2015' トナーが安いカラーレーザープリンタの性能とおすすめ(前編)【OKI・エプソン・キヤノン・ブラザー】:ランニングコストやトナー値段・品質面からのランキング:Windows 8.1&Mac 10.10 対応情報: 家電批評モノマニア
比較2015' トナーが安いカラーレーザープリンタの性能とおすすめ(前編)【OKI・エプソン・キヤノン・ブラザー】:ランニングコストやトナー値段・品質面からのランキング:Windows 8.1&Mac 10.10 対応情報: 家電批評モノマニア




おおよその価格帯としては、こんな感じでしょうか?

白黒1000部:1,700~2,300円台
カラー1000部:10,000~12,000円台


もちろん、これ以上印刷する場合は、これにトナー代なども入ってきます。また、これには、本体のコストは含まれていません。





checkmark.png 2.東京カラー印刷の爆安っぷり

そこで、国内最安を探してみようと、Google先生に聞いてみました。
Google先生曰く「東京カラー印刷が、安いですよ」とのことでしたので、そこにアクセスしてみることにしました。
ここですね。

プリント通販.あっ!東京カラー印刷
プリント通販.あっ!東京カラー印刷




さて、料金を見てみると、非常に明朗会計ですね。
しかも、すごく安い…というか、激安?

例えば、A4サイズの90kgのコート紙で、1000部印刷した場合、

片面モノクロ:1000部
およそ、2400円~2000円ぐらいですね。まぁ、カラーレーザーとそれほそ変わらない感じ?
※クリックしたら、大きく表示されます。
2016030101.png


片面カラー:1000部
およそ、2800円~2000円です。
※クリックしたら、大きく表示されます。
2016030102.png


しかも、送料無料って…。これ、どうやってペイしてるんだろ?しかも、白黒とカラーの値段ほぼ変わらん。
ただし、納期が、5日後とかなので、時間に余裕を持って発注すると、かなりお得になりそうですね。
※2016年3月1日時点での値段です。必ず事前にお確かめください。





checkmark.png 3.発注の際の注意点

とても激安であり得ない値段なのですが、いくつか注意点もあります。

1.入校方法
A:PDF入校
まず、本当に激安ですません対場合は、PDF入校がオススメです。これは、信じられないぐらいに安いです。ただし、注意点があります(2に書いておきますね。)。

B:その他の入稿
こちらに対応形式を載せておきます。
詳細は、こちらで必ず確認してください。
2016030103.png




2.PDF入校の場合の注意点
PDF入稿は、非常に楽な反面、校正などは入らず、一発印刷となります。そのため、もしも校正作業が必要な場合は、事前に完璧に仕上げておいて、おかなくてはいけません。もしも、それは避けたいという場合は、他の入稿形式を選ぶしかありません。あと、フォントは、PDFに埋め込まなくてはいけません。東京カラー印刷では、CUBE PDFというソフトを推奨していますが、フォント埋め込みができるソフトだったら、なんとかなると思います。


3.その他入稿の際の注意点
こういう場合の入稿方法としては、常識なのかも知れませんが、一応書いておきますね。まず、トンボが必要になります。Office入稿だったら(これやったことないので分かりません)、必要ないのかも知れませんが、他の入稿形式では、必要になります。

トンボって何?
という方は、こんなマークを見たことないですかね?


これが、トンボになります。
2016030104.png

これによって、印刷範囲を確定させることができるのです。PDF作成する場合は、一回り大きめの用紙を設定しておき、そこにトンボを入れなくてはいけません。たいていのOfficeソフトで設定できるのではないかと思うのですが、どうでしょう?




checkmark.png 4.東京23区ならば、3時間仕上げもあります

納期に余裕がある場合ならば、それでもいいけど、急いでいるんだ!
という時は、PDF限定で3時間仕上げというものもあります。ただし、これは東京23区のみの対応となっているようです。

また、やはりというか、かなり割高になります。

・片面モノクロ1000部:13000円ぐらい
・片面カラー 1000部:17000円ぐらい


1000部ぐらいだったら、自社でとなるでしょうが、10000部など大量な感じになったら、逆にアリではないですかね?





eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 小さな印刷屋さんは大変かもしれない

この東京カラー印刷を利用するようになって、すでに5年ぐらい経つのですが、本当に安い上に、仕上がりも全然問題ないんですよね。色々な人に見せると「えっ、そんな値段で、このクオリティ??」とよく驚かれます。

でも、すごく心配になるんですよね。
よくある町の印刷屋さんのような小さな印刷屋さんは、大丈夫かな?と。

今では、時間的に余裕がある場合は、ほんのちょっとしたカラー印刷ですら、こちらの東京カラー印刷に依頼するぐらいになりました。この業界については、詳しくはありませんが、業態の激変が起こっているのかも知れないですね。

個人的には、格安のカラーレーザーを付属のトナーを使い切ったら、使い捨て(終わったらヤフオクに出品)というのもありかと。
これは、NECのカラーレーザーで、10,380円(安っ!)。

これは、沖電気ので30,965円。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/520-8bc2bf04
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG