TOP > Google > title - 年度初めの今だから!Googleカレンダーにスケジュールを一括登録しておこう!

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

年度初めの今だから!Googleカレンダーにスケジュールを一括登録しておこう!

2016040700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
情報管理LOGでは、Googleカレンダーにスケジュールを一括登録することを大プッシュしています。そこで、何度か取り上げましたが、Googleカレンダーに超簡単にスケジュールを一括登録する方法をご紹介いたします。


  
【 年度初めの今だから!Googleカレンダーにスケジュールを一括登録しておこう! 】  

 1.Googleカレンダーはスケジュールを一括登録ができるのです

 2.Googleスプレッドシートで一括登録が一番簡単です

 3.Googleスプレッドシートが嫌な人は、エクセルでもできるよ







checkmark.png 1.Googleカレンダーはスケジュールを一括登録ができるのです

みなさんGoogleカレンダー使っていますか?
この時期は、年度初めということで、とてもお忙しいかと思います。
でも、忙しいからこそ、1年間分のスケジュールで分かっている部分だけでも、全て登録しておきたいものです。そうすることで、1年間分の見通しが立ってきますよ。
また、会社によっては、Googleカレンダーをチームで共有している場合もあるかもしれません。そういう場合、ちまちま年間スケジュールを打ち込むなんて辛いですよね?

というわけで、そういう人たちには、Googleカレンダーのスケジュールを一括登録をお勧めしています。そう、Googleカレンダーは、一括入力に対応しているのです。

情報管理LOGでは、過去にも何度か取り上げていましたが、エクセルでGoogleカレンダーにスケジュールを一括登録方へのアクセスが多く、肝心のGoogleスプレッドシートからの一括入力の方が、知られていない感じなので、再度みなさんにお知らせします。






checkmark.png 2.Googleスプレッドシートで一括登録が一番簡単です

まず最初は、情報管理LOG的に超オススメのGoogleスプレッドシートによるGoogleカレンダーへの一括登録についてです。

Yuhei FUJITA(旧:冬木照)さんが、作成してくれたスクリプトを使います。
過去記事でも何度か紹介させてもらっています。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

これが、本当に超絶素晴らしくて、私は仕事上のスケジュールは、これで一括登録しています。

現在、こちらのGoogleスプレッドシートのスクリプトは、何種類かバージョンが存在します。また、改変版も出てきていますので、それも含めて以下に紹介します。
なお、Google+で「冬木照GAS開発室」というコミュニティーも開設されていますので、質問などはそちらにお願いいたします。

<現在、存在するバージョン>

・Yuhei FUJITA氏作:スケジュール登録 ver.1.2.2
これが、一番最新バージョンになります。
ここからダウンロードできます。
ゲストの招待など、かなり高機能になっています。

https://drive.google.com/open?id=1es687YVnTIvmcBj2gpLWu5RV8Sd9jHzvd2kg48npF6Y&authuser=0


・サイのひとさいとう氏改変版:スケジュール登録ver.1.0.1
同じくGoogle+の方。Yuhei FUJITA氏のスケジュール登録のスクリプトをカスタマイズして自分なりに使いやすくしたバージョンだそうです。
こちらは、スケジュールを登録できればOKという方向け。

https://goo.gl/QeD0M6



どちらも、使えますので、お好きな方でどうぞ!
それでは、GoogleスプレッドシートでGoogleカレンダーにスケジュールを一括登録する方法の手順です。


1.自分のGoogleドライブにコピーする
上記のファイルにアクセスし、自分のGoogleドライブにコピーします。以下に手順を書いておきますが、「使い方」のタブを見れば、ほぼ解決かも。

2015032102.png

2015032105.png




2.スクリプトエディタを起動
「ツール」→「スクリプトエディタ」

2015032103.png



3.「実行」→「onOpen」

2015032104.png



4.承認して続行!

2015032106.png



5.「自動処理」→「カレンダー一覧取得」
これで、自分のGoogleカレンダーからカレンダー名の一覧が取得されます。
「カレンダー一覧」のタブで確認できますよ。

2015032108b.png



6.「スケジュール」のタブでスケジュール入力する
実は、一番この部分が大変だと思いますが、自分で管理しているスケジュールのエクセルデータがあれば、そこからコピペできます。本当にGoogleスプレッドシートすごいわ。

最低限入力すべき項目は、

・カレンダー
・スケジュール名
・日付形式→※終日か、日時指定するか決める

 →終日の場合:2016/04/01のように記述します。
 →日時指定の場合:開始日時と終了日時を2015/04/09 22:28:00のように記述します。

以上です。
特に終日の場合だと入力項目も少なくて、楽々ですね。




7.「自動処理」→「作成」
最後の仕上げは、「自動処理」から「作成」をクリックします。そうすると、スプレッドシートで処理が始まります。登録件数が多い場合は、時間がかかります(それでも数分?)。

2015032111.png



これで、終了です。
今年は、300件ほど一括入力しました







checkmark.png 3.Googleスプレッドシートが嫌な人は、エクセルでもできるよ

どうしても、Googleスプレッドシートが嫌いとか、宗教上の理由で無理とかいう場合は、仕方が無いので、エクセルからGoogleカレンダーにインポートできます。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly


ここから、まずフォーマットをダウンロードしていただいて、必要項目を入力してください。

Googlecalendar_Format.csv


そして、CSVにするのですが、文字コードがUTF-8にしないと文字化けするので、要注意です。メモ帳で開いて、保存し直しましょう。

2015031904.png


あとは、Googleカレンダーの設定からカレンダーのインポートで先ほどのCSVを参照すれば、OKです。詳細は、上の記事を参照してみてください。







 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 手で1件1件打つなんてナンセンス!

スケジュールを大量に登録しなくちゃいけないのに、手で1件ずつ打ち込むなんて、本当にナンセンスです。しかも、エクセルなどのデータになっているならば、なおさらです。

コンピュータは、本当は楽をするためのものだと私は思っているので、ぜひお試しください。本当にあっけなくて、あっという間に終わってしまいますよ。
「あの苦労はなんだったんだ…orz」となること請け合いです。


余談:Amazonさんが、無料配達をやめてしまうそうで、マジでプライムにするか迷い中。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/553-fc008df4
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG