情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Chrome拡張機能のGoogle Keepから直接メモを作成してみる

2016年04月27日
Google 0
2016042700.png



情報管理LOGの@yoshinonです。
先日、Chrome拡張機能のSave to GoogleとGoogle Keepの比較記事を書きました。
皆さんも使ってみましたか?

さて今回は、Google KeepのChrome拡張機能から、ちょくせつメモ帳のようにメモを取ってみました。これが、Googleの本気を感じさせる強力なものだということが分かりました。


  
【 Chrome拡張機能のGoogle Keepから直接メモを作成してみる 】  

 1.Chrome拡張機能のGoogle Keepからメモを取る

 2.拡張機能のGoogle KeepとWeb版Google Keepの同期性能を検証する








先日、Chrome拡張機能で提供始まったGoogle KeepとSave to Googleについて比較レポートしてみました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly




拡張機能は、こちらからGETできます。

Google Keep Chrome 拡張機能 - Chrome ウェブストア
Google Keep Chrome 拡張機能 - Chrome ウェブストア





さて、そのChromeの拡張機能のGoogle Keepですが、実は拡張機能から直接メモをとることができます。

やり方としては、Google Keepの拡張機能のアイコンを右クリックして、「New blank note」をクリック。

2016042701.png




そうすると、入力画面になるので、そこから打ち込めばGoogle Keepにメモを取ることができるのです。しかも、Google Keepなので、あとから見直すのも、デバイスを選ばなくて良いので、いいですよね。

2016042702.png


2016042703.png






さて、このNew blank noteからのメモなのですが、「保存」する必要が一切ありません。なぜならば、打ち込んだ先から、どんどんクラウドに保存されていくからです。なので、打ち込み終了したら、サッと閉じて構わないのです。

では、どれほどの同期性能があるのでしょうか?
Google Keepのサイトを開いた状態で、先ほどの「New blank note」でメモを打ち込んでみました。動画にしたので、その同期性能の高さが、分かるかと思います。




どうでしょうか?
ほぼ、同時に保存されているぐらいの速度感ですよね。
これで、どこでもメモが実現できますね。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 デバイスを選ばずに編集&参照できるからいい

上でも少し書きましたが、Chromeを使っているときに、サッと思いついたことをメモするには、最適かもしれませんね。以前は、オンラインメモ帳サービスを使っていたことがあったのですが、いずれのサービスも閉鎖されたり、デバイスを選んだりと、どうも使い続けるにはいまいちでした。しかし、Google Keepは、Google様のサービスなので、少なくともデバイスの面で悩んだり、安定性の上で困ることはなさそうです。
あとは、Google Keepを末永く、提供してくれることを願うばかりですね。



関連記事

コメント0件

コメントはまだありません