情報管理LOG
yoshinon

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。

Googleマップで経路の共有が可能に

2016年04月28日
Google 0
2016042800.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
先日のGoogleマップのアプリのアップデートで、「経路の共有」という機能が追加されました。というわけで、さっそくやってみました。


  
【 Googleマップで経路の共有が可能に 】  

 1.今回のGoogleマップのアップデート内容

 2.経路の共有をやってみる

 3.送られた方は、こう見える








今回のGoogleマップのアップデート内容は、このようなものでした。

 ・[本日の移動所要時間] 拡張機能を使って、自宅や職場までの交通状況を簡単に確認できるようになりました(事前に自宅や職場の情報を保存しておく必要があります)。

 ・簡単に他のユーザーと経路を共有できるようになりました。
 
・ナビで夜間モードと距離単位の設定ができるようになりました。

 ・バグを修正しました。



一番上の拡張機能を使って~というのは、非常に分かりづらい表現ですが、ウィジェットを使ってということです。まぁ、あんまり使う場面ないかな?という個人的な換装です。
それよりも、自分が注目したのは、経路の共有です。これ、かなりいいんじゃない?







というわけで、すぐさま「経路の共有」をやってみました。

1.出発地点の検索
まず、出発地点を検索します。
もしも、出発地点が現在地の場合は、4番からスタートしてください。

2016042801.png



2.下の経路をタップ
下の「経路」という文字か、アイコンをタップ。

2016042802.png



3.出発地と目的地を入れ替える

2016042803.png



4.目的地を検索
向かいたい場所を検索します。このときに地名からでも、地図からでも検索できます。

2016042804.png



5.右上の三点アイコンから「ルートの共有」をタップ
2016042805.png




6.好きな方法で共有する
メールでもなんでも、お好きな方法で共有してください。

2016042806.png






さて、私はこれをメールで自分のGmailに送ってみました。

2016042807.png



そうすると、このような感じで送られてきます。

2016042808.png



URLをクリックすると…
おぉ、Googleマップ上にきちんと経路が入った状態で、表示されますね。すげー。

2016042809.png






 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 場所のポイントを教えるのではなく、行き方を教える

自分自身、かなりの方向音痴なので人に場所を教えたり、教えられたりというのが、すごく苦手です。そのため、ピンポイントで場所を示されても分からないときというのがあるんですよね。
「あの裏路地のそこを右!」とか言われても、分からないわけです。

そこで、今回の経路の共有があると、すごく助かります。
そこにどうやって行ったのかが分かると、安心できますね。


関連記事

コメント0件

コメントはまだありません