TOP > Webサービス > title - Twitterが、140文字制限を緩和。どう変わったかを分かりやすく解説します

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

Twitterが、140文字制限を緩和。どう変わったかを分かりやすく解説します

2016052600.png


情報管理LOGの@yoshinonです。
以前から話題になっていたTwitterの140文字制限の撤廃の話に関して、一昨日、Twitter側から公式にアナウンスされました。撤廃というよりも、緩和に等しい内容でしたが、Twitterの使い方が変わるような内容も含まれていました。

今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs
今後の予定:140文字をより活用できるように | Twitter Blogs



これでは、ちょっと分かりづらいので、解説してみますね。



  
【 Twitterが、140文字制限を緩和。どう変わったかを分かりやすく解説します 】  

 1.返信ツィートの@IDが文字数カウントされなくなった

 2.添付ツィートも文字数カウントされない

 3.自分のツィートも引用できるように

 4.@IDによるリプライが公開に







checkmark.png 1.返信ツィートの@IDが文字数カウントされなくなった

返信ボタンによる返信の場合、このように@ユーザーIDが表示されていました。

2016052601.png


しかし、新バージョンでは、非表示になるようです。
そして、返信するときの自分のIDは、文字数カウントされません。長いIDだったときに、無駄に文字数が、減らされることにイラっとしなくてすみますね。





checkmark.png 2.添付ツィートも文字数カウントされない

この添付ツィートというのは、以下のものが対象となります。

 ・写真
 ・GIF画像
 ・動画
 ・投票
 ・引用ツィート

写真やGIF画像や動画は、今までは文字数カウントされていました。それが、カウントされないというのは、ありがたいですね。

2016052602.png

2016052603.png



また、引用ツィートですが、例えば以下のツィートだった場合、引用元のURLがアホみたいに長い場合、それだけで文字数カウントが減らされていました。しかし、この部分がカウントされなくなると、純粋にコメント部分に費やせる文字数が増えますね。短縮URLサービスが厳しくなるのかな?








checkmark.png 3.自分のツィートも引用できるように

自分の過去のツィートを引用できるようになるようです。
そのためのボタンの設置なども実施されるようです。

これによって、今まで自分の過去のツィートをもう一度引き出して、タイムラインに流すというときに、コピペして~ということをいちいちしなくてよくなるのです。

さらに、自分のツィートの引用の場合も、文字数カウントされない(2と同じ扱い)のです。





checkmark.png 4.@IDによるリプライが公開に

最後が、非常に分かりづらい改変ですよね。
コメント上で非常に悲鳴が上がっていたのが、この部分だと思います(他は、おおむね好意的にとらえられていた)。

まず、通常の返信ボタンによる@ユーザー名による返信は、従来通りの扱いになるようです。つまり、返信先のユーザーと自分と相手を両方フォローしている人のみの表示ですね。

2016052604.png




そして、このような場合での返信は、全フォロワーへの公開になるということのようです。

2016052605.png


で、ここが分かりづらいかと思うのですが、今までは@の前に「.」を入れることで、全フォロワーに表示できていたというくだりです。これは、別に「.」でなくても構わなくなんでもいいんですよね。要するに返信欄の一番最初に「@ユーザー名」以外の文字が入っていれば、それは自動的に全フォロワーに表示されるということだったのです(メンションと同じ扱い)。ただ単に目立たなくするために、「.」が多用されていたということに過ぎないのです。そもそもTwitter側からは、正式な機能としてはアナウンスされていないものだしね。

なので、リプライ全部が、フォロワーに表示されるということではないということです。

もしも、今まで通りに返信先と自分と相手を両方フォローしている人だけに表示させたければ、返信ボタンから返信すれば良いのです。だから、「相手にDMしかないのか!」とか騒がなくていいですよ。





 eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 悪い改変じゃない

一時期は、1万字まで拡充するとか言っていたTwitterですが、開けてみれば非常に順当な改変だったかと思います。

日本語版は、やや簡略化しすぎている記事なので、元記事を貼っておきますね。

Doing more with 140 characters | Twitter Blogs
Doing more with 140 characters | Twitter Blogs




@IDによるリプライが、全員に公開に!?と慌てている人が多く見られましたが、初心ユーザーから見れば、「.」をつければ~とかそういうマニアックなハックよりも、分かりやすく変更されたという印象を持つはずです。そして、そのような非公式ハックを使わずともよくなるというのは、さらなる一般化を図る上で欠かせないだろうなと思うのです。

少なくとも、リプライが見やすくなるというのは、グループでのトークが盛んになるきっかけになるのではないか?と私は思っています。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/596-4a6b6830
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG