TOP > > title - 本・コミック・雑誌の定額制サービスをまとめてみた

ITやモバイル機器、iPhone、手帳や本など。
MENU

本・コミック・雑誌の定額制サービスをまとめてみた

2016070300.png
情報管理LOGの@yoshinonです。
昨日は、Kindle Unlimitedが開始されるらしいということで、書籍系定額制サービスについて考えてみました。今回は、すでにある本やコミック、雑誌の定額制サービスをまとめてみました。


  
【 本・コミック・雑誌の定額制サービスをまとめてみた 】  

 1.本・コミック・雑誌の定額制サービス一覧と特徴

 2.情報管理LOGイチオシのサービスは?







checkmark.png 1.本・コミック・雑誌の定額制サービス一覧と特徴

先日は、Kindle Unlimitedについて書かせてていただきました。

Bookmarklet: instantly generate a Card for any web page. | Embedly

今回は、もうすでに国内でやっている書籍系定額サービスについて、まとめてみました。こんな感じになります。
もし、何か間違いや修正などございましたら、ご連絡ください。

サービス名月額対象補足対応
Yahoo!ブックストア月額432円2万冊ほぼオールジャンルWin、Mac、iPhone、iPad、Android
dマガジン月額400円130誌雑誌のみiPhone、iPad、Android
ブックパス月額562円22000冊ほぼオールジャンルiPhone、iPad、Android(auのみ)、Win
yomel.jp月額324円?多くはないiPhone、iPad、Android
月額780円3500冊コミックWin、iPad、Android
月額1480円13000冊コミックWin、iPad、Android
ひかりTVブック月額486円405誌雑誌Win、Mac、iPhone、iPad、Android
BOOK☆WALKER月額499円約300冊以上BL系Win、iPhone、iPad、Android
ビューン月額480円130誌以上雑誌、古いマンガiOS






checkmark.png 2.情報管理LOGイチオシのサービスは?

情報管理LOGとしては、Kindle Unlimitedがスタートするのを待ちたいところですが、あえて独断と偏見で挙げていきます。

1.雑誌系
雑誌系だったら、dマガジンとビューンの2つかな?と思っています。
あとは、自分がよく読む雑誌が揃っている方をセレクトするのが良いかと。
そちらも、品揃え的には、130誌と普通な感じがしますが、他のとことがムック本まで雑誌に無理矢理カウントしていたりするのに対して、誠実な感じのラインナップが揃っています。



2.コミック系
コミックシーモアかyahoo!ブックストアかブックパスという感じ。ラインナップ的に古い作品もちょいちょい入っているので、そういうのが好きならばOKかもしれません。
ちなみに、コミックシーモアは、「フル」と「ライト」の2種類のコースがあります。ライトプランには、BL、TL(ティーンズラブ)、大人コミックが入っていないという違いがあります。特にそっち系に興味がなければ、ライトで十分かな。
ブックパスが、新しい作品が多いような印象です。そして、品揃えも良い感じです。というわけで、コミックに関しては、ブックパスが少し抜きんでている感じです。



3.書籍系
書籍に関しては、yahoo!ブックストアかブックパスの2択ですね。
yahoo!ブックストアの方は、およそ6000冊の品揃えに対して、ブックパスの方は、ジャンル別の冊数が明記されていないので不明ですが、ブックパスの方が倍以上は多い感じです(一つ一つのジャンルに対して検索をかけていくとおよそ分かる)。
ブックパスはauとの親和性が高く、支払いなどはau walletなどが使えるので、auユーザーだったらオススメできますね。



4.総括
全体的なバランスの良さから見てみると、yahoo!ブックストアかブックパスが良いのではないかと思います。あとは、自分の好きなジャンルの作品が、多い方を選ぶべきかと。
yahoo!ブックストアは、月額432円と安いのも良いですね。
ブックパスは、月額562円と100円ほど高いのですが、コミック系が強いので、コミック多めで利用したい人は、こちらもありですね。







eyeglass2.png 情報管理LOGの眼
 Kindle Unlimitedはどうなるか?

Kindle Unlimitedは、月額は980円とやや高めの設定ではありますが、コンテンツ量に関しては、他のサービスを圧倒する5万5000冊となってくるようです。
上でも書きましたが、結局は自分がよく読むジャンルが揃っていなければ意味がないので、Kindle Unlimitedがどれぐらいの幅広さで来るかが、見物ですね。
私は、もうしばらく様子見しておこうと思っています。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://hokoxjouhou.blog105.fc2.com/tb.php/631-85a39fbc
該当の記事は見つかりませんでした。
SEO
loading
情報管理LOG